内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 19:1‐38

19  さて,かみ使い夕方までソドム着いが,ロトソドム座しいるところあっ+。ふたり見かけると,ロト立ち上がっこれ迎え,地伏せかがめ+  そうこう言った。「さあ,どうか,我たち,僕どうぞお寄りなっされ,足洗っいらしください+。それから,早く起き旅路続けゆかれるよう是非なさっください+」。すると彼ら言った,「いや,公共広場泊まることます+」。  しかししきり促しため+,その人々ところ寄り,その入った。それで[ロト]は彼らため設け+,無酵母パン焼き+,彼ら食べはじめた。  彼らならないうちに,その都市たち,すなわちソドムたちその取り囲ん+。少年から年寄りまで,民すべてこぞって*[やった]のある+  そしてロト向かっ呼ばわり,こう言いつづけた。「今夜お前ところたちどこいるか。我々そのたち交わり持てるよう我々ところ出しくれ+」。  ついにロト彼らところ入口ところ行っが,自分後ろその閉じた。  そうこう言った。「わたし兄弟たち,どうか悪いことないください+  お願いです。いまわたしは,男交わり持っことない+ます。どうかそれあなた方ところ出さください。そしてそのふたりに,あなた方良い思うこと行なっください+。ただこのたちだけないください+。せっかくわたし屋根もとですから+」。  すると彼ら言った,「向こう引き下がれ!」 そうさらにこう言った。「この独り者外国+住むためここやっくせに,なんと裁き人なろいる+。さあ,あのたちよりお前ひどい遭わろう」。そして彼らこの人,つまりロト激しく押し迫り+,戸押し破ろ近づい+ 10  そのため,か人々伸ばしロト自分たちところへ,家引き入れ,その閉じた。 11  一方は,家入口ところたちを,その最もなるから最もなるまで+打っ盲目ならせ+。そのため彼ら入口見つけよう疲れ果てしまうあっ+ 12  そのその人々ロト言った,「あなたほかだれここますか。婿息子娘,そして市内いるあなた属するこの場所から連れ出しなさい+ 13  わたしたちこの場所滅び至らよういるです。彼らつい叫びエホバ大きくなっからです+。そのためエホバこの都市*滅び至らようわたしたち遣わさです+」。 14  それロト行って,自分めとることなっ*婿たち語りかけ,しきりこう言った。「立って,この場所からなさい。エホバこの都市滅び至らようおられるから+」。しかし,その婿たちに,彼冗談言っいるよう見え+ 15  だが夜明けなると,み使いたちロトせき立てるようなって,こう言った。「立って,あなたここいるあなた連れなさい+! この都市とがゆえにあなたぬぐい去らいけない+」。 16  彼手間どっ+いると,その人々対するエホバ同情ゆえに+そのまたそのつかみ,彼連れ出し立た+ 17  そして彼ら外れ連れ出すや,そのひとり*こう言うあった。「自分ため逃げよ+。後ろ振り返っいけない+。この地域*どこ立ち止まっならない+。ぬぐい去られることないよう,あなた山地逃れよ+!」 18  そのときロトその人々言った,「エホバ*,どうかそのようなく! 19  お願いです。いまこのあなた恵みため+,あなたご自分ある親切*+広げおられ,わたし生き長らえさせるため+それ働かくださっですが,しかしこの山地まで逃れることできず,災い間近迫っわたし死んしまうしれないです+ 20  お願いです。いま,この都市そこ逃げ行く近いところあります。それ小さなことです+。どうかそこ逃れさせください ― それ小さなことないでしょか。そうすれば,わたし生き長らえることでしょ+」。 21  すると言った,「では,そのことついわたし確かあなた配慮示し+,あなた話し都市覆さないことする+ 22  急いそこ逃れなさい! あなたそこ着くまでわたしなしないからある+」。そのようわけその都市ゾアル*呼ん+ 23  ロトゾアル着いとき,日すでにその+ 24  そのときエホバは,硫黄エホバもとすなわちからソドムゴモラ降らせられ+ 25  こうこれら都市を,すなわちその地域全域それら都市すべて住民またその植物覆しゆか+ 26  だが,[ロト]の後ろ振り返る*ようなり,そのためなっ+ 27  さて,アブラハム自分さきエホバ立っ場所朝早く出かけ行っ+ 28  そしてソドムゴモラ,またその地域すべて土地見下ろし様子た。すると,そこは,かまどから出る濃いようから立ち上っいるあっ+ 29  こうて,その地域都市滅び至らとき,アブラハムこと思い留めて,ロトそば住ん都市覆しさいその覆しからロトられるようされある+ 30  後ロトゾアルから上っ行っ山地住むようなっが,その一緒あっ+。彼ゾアル住むこと恐れ持つようなっある+。そして彼,つまりその洞くつ住むようなった。 31  そののち長女言った,「わたしたち年老いおり,この土地全地習わしどおりわたしたち関係持つませ+ 32  さあ,父ぶどう飲ませ+一緒て,父よっ子孫保つようましょ+」。 33  こうその夜,彼女たちしきりぶどう飲ませ+。それから長女入っ行っが,彼は[娘]がいついつ起き*知らなかった。 34  そして,次こと,長女言った,「ご覧なさい,わたし昨夜ました。今夜またぶどう飲ませましょう。それからあなた入っ行って,一緒なさい。わたしたちよっ子孫保ちましょう」。 35  こうそのまた彼女たちぶどう飲ませた。それから起き行っが,彼は[娘]がいついつ起き知らなかった。 36  そしてロトたちそのよっ妊娠+ 37  やがて長女なり,そのモアブ*+呼んだ。これモアブあり,今日至っいる+ 38  下また産んで,そのベンアミ*呼んだ。これアンモンあり+,今日至っいる。

脚注

または,「民すべてあらゆるから」。
「この都市」。字義,「それ」,女性形。「都市」(女性)を指す。
または,「めとろた」。
「彼ら」,七十訳,シリ訳,ウル訳
または,「盆地」。13:10,「地域」の脚注参照。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
または,「ご自分忠節」。ヘ語,ハスデカー。
「小さいこと」の意。
「妻自分後ろ見る」,シリ訳,ウル訳。
「いつ起きか」。このよう訳さいる表現は,マソ本で,ソフェリムよっ特殊符号付けられおり,「いつ知らなかっが,いつ起き知った」と読むヘブライ読み方注意促しいる。付録2イ参照。
「父から」の意。ヘ語,モーアーヴ。七十訳は,「『わたしから』と言って」を付け加えいる。
「わたし子」の意。つまり,ソドムよう異国なく,自分親族よる子。ヘ語,ベンアンミー。