内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 18:1‐33

18  後エホバマムレ大木+現われ+。それは,昼暑いころ+,彼天幕入口座っことあった。  彼上げ見る+,自分から少し離れところ立っいるあった。それ見かけると,彼そのたち迎えるため天幕入口から走り出て,地かがめ+  そうこう言った。「エホバ*よ,もし今,私あなた恵みおりましたら,どうかこのところ素通りなさらないください+  どうか少し取っ来させ,ぜひ皆さまお洗わせください+。そのあとおなりください+  そして,私少しパン持っ来させ,ご自分たちさわやかなさっください+。そのでしたら,進ん行か結構です。そのためこちら進んところおいでなっですから」。するとその人々言った,「よろしい。あなた言っとおりなさい」。  それアブラハム急い天幕へ,サラところ行って,こう言った。「急いで,上等麦粉セア*取り,練り粉作っ丸い菓子こしらえなさい+」。  次いアブラハム群れところ走っ行き,柔らかく良い若牛取っ従者渡し,急いその調理取りかかっ+  それから,バター乳,それ自分調え若牛取り,そのたち置い+。そして自分は,そのたち食べいる間,そのかたわら立っ+  そののち彼らは[アブラハム]に*言った,「あなたサラどこいる+」。それ言った,「ここ,天幕おります+」。 10  するとこう続けた。「来年この時期*わたし必ずあなたところ帰っ来る。そして,見よ,あなたサラできる+」。さて,サラ天幕入口ところ聴いた。それその後ろあった。 11  そして,アブラハムサラ年老いおり,高齢あっ+。サラ月経*もうなくなっ+ 12  そのためサラ自分うち笑いだし+こう言った。「すっかり衰えわたし果たして楽しみあるでしょか。それに,わたし*年老います+」。 13  そのときエホバアブラハム言わた,「サラ笑って,『わたし年老いしまっ果たしてほんとう産めるだろか』と言っどうして+ 14  エホバとっあまり異例なしないあろ+。定め時,来年この時期に,わたしあなたところ帰る。そして,サラできるあろう」。 15  しかしサラ否定つつ言った,「わたし笑ったりません」。彼女恐れある。それでも言った,「いや,あなた確か笑っ+」。 16  後に,その人々そこから立ち上がっソドム見下ろし+。アブラハムそのたち送っ行くため一緒歩い+ 17  するとエホバ*こう言わた。「わたし自分行なうアブラハムから覆い隠そいるだろ+ 18  いや,アブラハム必ず大いなる強大国民なり,地すべてよっ自ら祝福することなる+ 19  わたし親しく知っも,彼自分たち命じエホバ守らせ,こう公正行なわせるためあり+,エホバアブラハムつい語っ事柄必ず来たらせるためあっ+」。 20  そこでエホバこう言わた。「ソドムゴモラつい苦情叫び+,それまさに大きく,彼ら罪,それまこと重い+ 21  わたしは,それついわたし達し叫びとおり彼ら行動いるどう見るため下っ行こ決めいる。もしそうないなら,それ知ることできよう+」。 22  ここその人々そこから向き転じソドム進ん行った。しかしエホバ+ほうなおもアブラハム立っおら*+ 23  それアブラハム近づいこう言った。「あなたほんとう義人邪悪ぬぐい去られるです+ 24  もしその都市義人五十いるたら。それでもあなたその人々ぬぐい去り,そのいる五十義人ためその場所容赦することされないです+ 25  そのよう行動れ,義人邪悪至らて,義人邪悪同じ起きるようされるなどいうは,あなたつい考えられないことです+。そのようことあなたつい考えられませ+。全地裁く正しいこと行なわれるありませ+」。 26  するとエホバ言わた,「ソドムに,その都市五十義人見いだすなら,そのたちゆえにわたしその場所全体容赦よう+」。 27  しかしアブラハムそれ答えなおも言った,「お願いです。いまあえてエホバ*申し上げおります。塵すぎないこのです+ 28  もしその五十義人足りないすれば。そのために,あなたその都市全体滅び至らられるでしょか」。するとこ言わた。「そこ四十五見いだせば,わたしそれ滅び至らない+」。 29  しかしもう一度,さらに語りかけこう言った。「もしそこ四十見いだされるたら」。それ対しこう言わた。「その四十ゆえにわたしそうない」。 30  しかし続け言った,「どうかエホバ*お怒りなら+,私さらに話さくださいますよう+。もしそこ三十見いだされるたら」。それ対しこう言わた。「そこ三十見いだせば,わたしそうない」。 31  しかし続け言った,「お願いです。いまあえてエホバ*申し上げるです+,もしそこ二十見いだされるたら」。それ対しこう言わた。「その二十ゆえに,それ滅び至らない+」。 32  最後言った,「どうかエホバ*お怒りならない+,いま一度だけお話しくださいますよう+。もしそこ見いだされるたら」。それ対しこう言わた。「そのゆえに,それ滅び至らせることない+」。 33  こうアブラハム話し終えるエホバ+進ん行かれ,アブラハム自分帰った。

脚注

ユダヤソフェリムYHWHアドーナーイ変え134箇所うち最初例。このよう置き換えは,神み名対する誤っ崇敬から生じた。付録1ロ参照。
1セア7.33相当た。
「[アブラハム]に」(字義,「彼に」)。マソ本この表現ソフェリムよっ特殊符号付けられいるが,翻訳変更加える必要ない。付録2イ参照。
または,「春この時期に」。シリ訳,「来年,この時期に」; ウル訳,「この[同じ]時期に,生命あって」。ロマ 4:17‐20比較。
字義,「女たち道」。今日至るまで月経期間表わす普通ヘブライ表現。
字義,「そして,わたしも」。ヘ語,ワドーニー(waʼ·dho·ni')。サラ自分を「わたし主」と呼んこと関しほめられいる。ペテ一 3:6参照。
「するとエホバは」。ヘ語,ワイホーワー
ソフェリムよる18修正箇所うち最初例; 創世記この1か所だけ。マソ本,「しかしアブラハムほうなおもエホバ立った」。付録2ロ参照。
3脚注参照。
3脚注参照。
3脚注参照。
3脚注参照。