内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

創世記 18:1‐33

18  後​に​エホバ​は​マムレ​の​大木​林​で​+彼​に​現われ​た+。それ​は,昼​の​暑い​ころ+,彼​が​天幕​の​入口​に​座っ​て​い​た​時​の​こと​で​あっ​た。  彼​が​目​を​上げ​て​見る​と+,自分​から​少し​離れ​た​ところ​に​三​人​の​人​が​立っ​て​いる​の​で​あっ​た。それ​を​見かける​と,彼​は​その​人​たち​を​迎える​ため​天幕​の​入口​から​走り出​て,地​に​身​を​かがめ​た+  そう​し​て​こう​言っ​た。「エホバ​*よ,もし​今,私​が​あなた​の​目​に​恵み​を​得​て​おり​まし​たら,どうか​この​僕​の​ところ​を​素通り​なさら​ない​で​ください+  どうか​少し​の​水​を​取っ​て​来させ,ぜひ​皆さま​の​足​を​お洗わせ​ください+。その​あと​木​の​下​に​横​に​おなり​ください+  そして,私​に​少し​の​パン​を​持っ​て​来させ,ご自分​たち​の​心​を​さわやか​に​なさっ​て​ください+。その​後​でし​たら,進ん​で​行か​れ​て​結構​です。その​ため​に​こちら​の​道​を​進ん​で​僕​の​ところ​に​おいで​に​なっ​た​の​ですから」。すると​その​人々​は​言っ​た,「よろしい。あなた​の​言っ​た​とおり​に​し​なさい」。  それ​で​アブラハム​は​急い​で​天幕​へ,サラ​の​ところ​へ​行っ​て,こう​言っ​た。「急い​で,上等​の​麦粉​三​セア​*を​取り,練り粉​を​作っ​て​丸い​菓子​を​こしらえ​なさい+」。  次い​で​アブラハム​は​群れ​の​ところ​に​走っ​て​行き,柔らかく​て​良い​若牛​を​取っ​て​従者​に​渡し,急い​で​その​調理​に​取りかかっ​た+  それ​から,バター​と​乳,それ​に​自分​が​調え​た​若牛​を​取り,その​人​たち​の​前​に​置い​た+。そして​自分​は,その​人​たち​が​食べ​て​いる​間,その​かたわら​の​木​の​下​に​立っ​て​い​た+  その​のち​彼ら​は[アブラハム]に​*言っ​た,「あなた​の​妻​サラ​は​どこ​に​いる​の​か+」。それ​で​彼​は​言っ​た,「ここ,天幕​の​中​に​おり​ます+」。 10  すると​彼​は​こう​続け​た。「来年​この​時期​に​*わたし​は​必ず​あなた​の​ところ​に​帰っ​て​来る。そして,見よ,あなた​の​妻​サラ​に​男​の​子​が​できる+」。さて,サラ​は​天幕​の​入口​の​ところ​で​聴い​て​い​た。それ​は​その​人​の​後ろ​で​あっ​た。 11  そして,アブラハム​と​サラ​は​年老い​て​おり,高齢​で​あっ​た+。サラ​は​月経​*が​もう​なくなっ​て​い​た+ 12  その​ため​サラ​は​自分​の​うち​で​笑いだし​て​+こう​言っ​た。「すっかり​衰え​た​後​の​わたし​に​果たして​楽しみ​が​ある​でしょ​う​か。それ​に,わたし​の​主​も​*年老い​て​い​ます​の​に+」。 13  その​とき​エホバ​は​アブラハム​に​言わ​れ​た,「サラ​が​笑っ​て,『わたし​は​年老い​て​しまっ​た​の​に​果たして​ほんとう​に​子​を​産める​だろ​う​か』と​言っ​た​の​は​どうして​か+ 14  エホバ​に​とっ​て​あまり​に​異例​で​なし​得​ない​事​が​あろ​う​か+。定め​の​時,来年​この​時期​に,わたし​は​あなた​の​ところ​に​帰る。そして,サラ​に​男​の​子​が​できる​で​あろ​う」。 15  しかし​サラ​は​否定​し​つつ​言っ​た,「わたし​は​笑っ​たり​は​し​ませ​ん」。彼女​は​恐れ​た​の​で​ある。それでも​彼​は​言っ​た,「いや,あなた​は​確か​に​笑っ​た+」。 16  後​に,その​人々​は​そこ​から​立ち上がっ​て​ソドム​の​方​を​見下ろし​た+。アブラハム​は​その​人​たち​を​送っ​て​行く​ため​一緒​に​歩い​て​い​た+ 17  すると​エホバ​は​*こう​言わ​れ​た。「わたし​は​自分​の​行なう​事​を​アブラハム​から​覆い隠そ​う​と​し​て​いる​だろ​う​か+ 18  いや,アブラハム​は​必ず​大いなる​強大​な​国民​と​なり,地​の​すべて​の​国​の​民​は​彼​に​よっ​て​自ら​を​祝福​する​こと​に​なる​の​だ+ 19  わたし​が​彼​を​親しく​知っ​た​の​も,彼​が​自分​の​後​の​子​ら​と​家​の​者​たち​と​に​命じ​て​エホバ​の​道​を​守ら​せ,こう​し​て​義​と​公正​を​行なわ​せる​ため​で​あり+,エホバ​が​アブラハム​に​つい​て​語っ​た​事柄​を​必ず​彼​の​上​に​来たら​せる​ため​で​あっ​た​の​だ+」。 20  そこで​エホバ​は​こう​言わ​れ​た。「ソドム​と​ゴモラ​に​つい​て​の​苦情​の​叫び+,それ​は​まさに​大きく,彼ら​の​罪,それ​は​まこと​に​重い+ 21  わたし​は,それ​に​つい​て​わたし​に​達し​た​叫び​の​とおり​に​彼ら​が​行動​し​て​いる​の​か​どう​か​を​見る​ため​に​下っ​て​行こ​う​と​決め​て​いる。もし​そう​で​ない​の​なら,それ​も​知る​こと​が​でき​よう+」。 22  ここ​で​その​人々​は​そこ​から​向き​を​転じ​て​ソドム​の​方​へ​進ん​で​行っ​た。しかし​エホバ​+の​ほう​は​なおも​アブラハム​の​前​に​立っ​て​おら​れ​た*+ 23  それ​で​アブラハム​は​近づい​て​こう​言っ​た。「あなた​は​ほんとう​に​義人​を​邪悪​な​者​と​共​に​ぬぐい去ら​れる​の​です​か+ 24  もし​その​都市​の​中​に​義人​が​五十​人​いる​と​し​たら。それでも​あなた​は​その​人々​を​ぬぐい去り,その​内​に​いる​五十​人​の​義人​の​ため​に​その​場所​を​容赦​する​こと​は​され​ない​の​です​か+ 25  その​よう​に​行動​さ​れ,義人​を​邪悪​な​者​と​共​に​死​に​至ら​せ​て,義人​に​も​邪悪​な​者​と​同じ​事​が​起きる​よう​に​される​など​と​いう​の​は,あなた​に​つい​て​は​考え​られ​ない​こと​です+。その​よう​な​こと​は​あなた​に​つい​て​は​考え​られ​ませ​ん+。全地​を​裁く​方​は​正しい​こと​を​行なわ​れる​の​で​は​あり​ませ​ん​か+」。 26  すると​エホバ​は​言わ​れ​た,「ソドム​に,その​都市​の​中​に​五十​人​の​義人​を​見いだす​なら,その​者​たち​の​ゆえに​わたし​は​その​場所​全体​を​容赦​し​よう+」。 27  しかし​アブラハム​は​それ​に​答え​て​なおも​言っ​た,「お願い​です。いま​は​あえて​エホバ​*に​申し上げ​て​おり​ます。塵​と​灰​に​すぎ​ない​この​私​です​が+ 28  もし​その​五十​人​の​義人​が​五​人​足り​ない​と​すれ​ば。その​五​人​の​ため​に,あなた​は​その​都市​全体​を​滅び​に​至ら​せ​られる​の​でしょ​う​か」。する​とこ​う​言わ​れ​た。「そこ​に​四十五​人​を​見いだせ​ば,わたし​は​それ​を​滅び​に​至ら​せ​は​し​ない+」。 29  しかし​彼​は​もう​一度,さらに​語りかけ​て​こう​言っ​た。「もし​そこ​に​四十​人​が​見いださ​れる​と​し​たら」。それ​に​対し​て​こう​言わ​れ​た。「その​四十​人​の​ゆえに​わたし​は​そう​は​し​ない」。 30  しかし​彼​は​続け​て​言っ​た,「どうか​エホバ​*が​お怒り​に​なら​ず​に+,私​に​さらに​話さ​せ​て​ください​ます​よう​に+。もし​そこ​に​三十​人​が​見いださ​れる​と​し​たら」。それ​に​対し​て​こう​言わ​れ​た。「そこ​に​三十​人​を​見いだせ​ば,わたし​は​そう​は​し​ない」。 31  しかし​彼​は​続け​て​言っ​た,「お願い​です。いま​あえて​エホバ​*に​申し上げる​の​です​が+,もし​そこ​に​二十​人​が​見いださ​れる​と​し​たら」。それ​に​対し​て​こう​言わ​れ​た。「その​二十​人​の​ゆえに,それ​を​滅び​に​至ら​せ​は​し​ない+」。 32  最後​に​彼​は​言っ​た,「どうか​エホバ​*が​お怒り​に​なら​ない​で+,いま​一度​だけ​お話し​さ​せ​て​ください​ます​よう​に+。もし​そこ​に​十​人​が​見いださ​れる​と​し​たら」。それ​に​対し​て​こう​言わ​れ​た。「その​十​人​の​ゆえに,それ​を​滅び​に​至ら​せる​こと​は​し​ない+」。 33  こう​し​て​アブラハム​に​話し​終える​と​エホバ​+は​進ん​で​行か​れ,アブラハム​は​自分​の​所​に​帰っ​た。

脚注

ユダヤ​人​の​ソフェリム​が​YHWH​を​アドーナーイ​に​変え​た​134​箇所​の​うち​の​最初​の​例。この​よう​な​置き換え​は,神​の​み名​に​対する​誤っ​た​崇敬​の​念​から​生じ​た。付録1ロ参照。
1​セア​は​7.33​㍑​に​相当​し​た。
「[アブラハム]に」(字義,「彼​に」)。マソ本​の​中​で​この​表現​に​は​ソフェリム​に​よっ​て​特殊​符号​が​付け​られ​て​いる​が,翻訳​の​際​に​変更​を​加える​必要​は​ない。付録2イ参照。
または,「春​の​この​時期​に」。シリ訳,「来年,この​時期​に」; ウル訳,「この[同じ]時期​に,生命​が​共​に​あっ​て」。ロマ 4:17‐20と​比較。
字義,「女​たち​の​道」。今日​に​至る​まで​月経​の​期間​を​表わす​普通​の​ヘブライ​語​の​表現。
字義,「そして,わたし​の​主​も」。ヘ語,ワドーニー(waʼ·dho·ni')。サラ​は​自分​の​夫​を「わたし​の​主」と​呼ん​だ​こと​に​関し​て​ほめ​られ​て​いる。ペテ​一 3:6参照。
「すると​エホバ​は」。ヘ語,ワイホーワー
ソフェリム​に​よる​18​の​修正​箇所​の​うち​の​最初​の​例; 創世記​で​は​この​1​か所​だけ。マソ本,「しかし​アブラハム​の​ほう​は​なおも​エホバ​の​前​に​立っ​て​い​た」。付録2ロ参照。
3​節の​脚注​参照。
3​節の​脚注​参照。
3​節の​脚注​参照。
3​節の​脚注​参照。