内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

創世記 17:1‐27

17  アブラム​は​九十九​歳​に​なっ​た​が,その​とき​エホバ​は​アブラム​に​現われ​て,こう​言わ​れ​た+。「わたし​は​全能​の​神​*で​ある+。わたし​の​前​を​歩ん​で​とが​の​ない​者​で​ある​こと​を​示し​なさい+  そして​わたし​は,わたし​と​あなた​と​の​間​に​自分​の​契約​を​設け​て+,あなた​を​非常​に​多く​殖え​させる+」。  それ​を​聞い​て​アブラム​は​ひれ伏し​た+神​*は​彼​と​語り​つづけ​て​こう​言わ​れ​た。  「わたし​は,見よ,わたし​の​契約​は​あなた​に​対する​もの​で​あり+,あなた​は​必ず​国々​の​民​の​父​と​なる+  そして,あなた​の​名​は​もはや​アブラム​*と​は​呼ば​れ​ない。あなた​の​名​は​アブラハム​*と​し​なけれ​ば​なら​ない。わたし​は​あなた​を​国々​の​民​の​父​と​する​から​で​ある。  そして,わたし​は​あなた​が​非常​に​多く​子​を​生む​よう​に​し,あなた​を​幾つ​も​の​国民​と​ならせる。王​たち​が​あなた​から​出る​で​あろ​う+  「そして​わたし​は,わたし​と​あなた​および​あなた​の​後​の​代々​に​わたる​あなた​の​胤​と​の​契約​を,定め​の​ない​時​に​至る​契約​と​し​て​+履行​し+,わたし​が​あなた​と​あなた​の​後​の​胤​に​対し​て​神​で​ある​こと​*を​示す+  そして​わたし​は,あなた​と​あなた​の​後​の​胤​に,あなた​が​外国​人​と​し​て​住ん​で​いる​土地​を+,すなわち​カナン​の​全土​を​定め​の​ない​時​に​至る​所有​と​し​て​与える。わたし​が​彼ら​に​対し​て​神​で​ある​こと​を​示す​の​で​ある+」。  そして​神​は​アブラハム​に​さらに​こう​言わ​れ​た。「あなた​と​し​て​も​わたし​の​契約​を​守る​よう​に。あなた​も​後​に​来る​代々​に​わたる​あなた​の​胤​も+ 10  これ​は​あなた方​の​守る,わたし​と​あなた方,さらに​あなた​の​後​の​胤​と​の​間​の​わたし​の​契約​で​ある+。すなわち,あなた方​の​うち​の​男子​は​みな​割礼​を​受け​なけれ​ば​なら​ない+ 11  実​に,あなた方​は​自分​の​包皮​の​肉​に​割礼​を​受け​なけれ​ば​なら​ない。それ​が​わたし​と​あなた方​と​の​間​の​契約​の​しるし​と​なる​の​で​ある+ 12  そして,あなた方​の​うち​の​男子​は​みな​生後​八​日​目​に​割礼​を​受け​なけれ​ば​なら​ない+。代々​に​わたり,家​に​生ま​れ​た​者​*も,あなた​の​胤​の​もの​で​は​ない​異国​人​から​金​*で​買い取ら​れ​た​者​も。 13  すべて​あなた​の​家​に​生ま​れ​た​者,すべて​あなた​の​金​で​買い取ら​れ​た​者​は​必ず​割礼​を​受け​なけれ​ば​なら​ない+。あなた方​の​肉​の​身​に​おける​わたし​の[この]契約​は,定め​の​ない​時​に​至る​契約​と​なる​の​で​ある+ 14  そして,自分​の​包皮​の​肉​に​割礼​を​受け​ない​無​割礼​の​男子,その​よう​な​魂​は​民​の​中​から​断た​れ​ね​ば​なら​ない+。その​者​は​わたし​の​契約​を​破っ​た​の​で​ある」。 15  神​は​アブラハム​に​なおも​こう​言わ​れ​た。「あなた​の​妻​サライ​に​つい​て​は,あなた​は​その​名​を​サライ​*と​呼ん​で​は​なら​ない。サラ​*が​その​名​と​なる​の​で​ある+ 16  そして​わたし​は​彼女​を​祝福​し,また​彼女​に​よっ​て​あなた​に​男​の​子​を​与える+。わたし​は​彼女​を​祝福​し,彼女​は​幾つ​も​の​国民​と​なる+。もろもろ​の​民​の​王​たち​が​彼女​から​出る​で​あろ​う+」。 17  これ​を​聞い​て​アブラハム​は​うつ伏し,笑い​ながら​その​心​の​中​で​こう​言っ​た+。「百​歳​の​人​に​子供​が​生ま​れる​だろ​う​か。それ​に​サラ​が,そう,九十​歳​に​も​なる​女​が​子​を​産む​だろ​う​か+」。 18  その​後​アブラハム​は[まこと​の]神​*に​言っ​た,「ただ,イシュマエル​が​み前​に​生き長らえれ​ば​よい​の​です​が+」。 19  これ​に​対し​て​神​は​言わ​れ​た,「あなた​の​妻​サラ​は​本当​に​あなた​に​男​の​子​を​産む。あなた​は​その​名​を​イサク​*と​呼ば​ね​ば​なら​ない+。そして​わたし​は​彼​に​対し​て​わたし​の​契約​を​立て,彼​の​後​の​胤​の​ため​に​定め​の​ない​時​に​至る​契約​と​する+ 20  しかし​イシュマエル​に​関し​て​も,あなた[の​願い]を​聞き入れ​た。見よ,わたし​は​彼​を​祝福​し​て​子​を​多く​生ま​せ,非常​に​多く​殖え​させる+。彼​は​必ず​十二​人​の​長​*を​生み出し,わたし​は​彼​を​大いなる​国民​に​ならせる+ 21  だが,わたし​の​契約​は,来年​この​定め​の​時期​に​サラ​が​あなた​に​産む​+イサク​に​対し​て​立てる​で​あろ​う+」。 22  ここ​で​神​は​彼​と​話し​終え,アブラハム​の​もと​から​上っ​て​行か​れ​た+ 23  そこで​アブラハム​は,その​子​イシュマエル,その​家​に​生ま​れ​た​すべて​の​者,また​自分​の​金​で​買い取っ​た​すべて​の​者,すなわち​アブラハム​の​家​の​者​の​うち​その​すべて​の​男子​を​集め,まさに​その​日,神​が​語ら​れ​た​とおり​彼ら​の​包皮​の​肉​に​割礼​を​施し​て​いっ​た+ 24  そして,その​包皮​の​肉​に​割礼​を​受け​た​とき,アブラハム​は​九十九​歳​で​あっ​た+ 25  また,その​子​イシュマエル​は,その​包皮​の​肉​に​割礼​を​受け​た​とき​十三​歳​で​あっ​た+ 26  まさに​その​日,アブラハム​は​割礼​を​受け​た。その​子​イシュマエル​も​で​ある+ 27  また,彼​の​家​の​すべて​の​男​は,その​家​に​生ま​れ​た​者​も​異国​人​から​金​で​買い取ら​れ​た​者​も,彼​と​共​に​割礼​を​受け​た+

脚注

「全能​の​神」。ヘ語,エール シャッダイ。
ヘ語,エローヒーム,複数​形。定冠詞​は​付い​て​い​ない。
「高揚​の​父」の​意。ヘ語,アヴラーム。
「多数​の​もの​の​父」の​意。ヘ語,アヴラーハーム。
「わたし​が……神​で​ある​こと」。字義,「神​と​し​て」。ヘ語,レーローヒーム(lEʼ·lo·him'),複数​形。定冠詞​は​付い​て​い​ない。
「家​に​生ま​れ​た​者」。または,「奴隷​の​子」。
字義,「銀」。ヘ語,ケセフ。
「争い​を​好む」の​意。ヘ語,サーラーイ。
「王妃」の​意。ヘ語,サーラー。
付録1ヘ参照。
「笑い」の​意。ヘ語,イツハーク; 音​が​意味​を​暗示​する​擬音​語​の​一例。
「長」。または,「ナーシー」。ヘ語,ネスィーイム; ウル訳,「君侯; 指導​者」; 七十訳,「国民」。