内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 16:1‐16

16  さて,アブラムサライひとり子供産んなかっ+。しかし彼女エジプトはしためて,そのハガルいっ+  それサライアブラムこう言った。「お願いあります。エホバわたし子供産むこととどめられまし+。どうか,わたしはしため関係お持ちください。わたし彼女よっ子供られるしれませ+」。それアブラムサライ聴き入れ+  そこで,アブラムサライ自分エジプトはしためハガル連れ行き,アブラムカナン住ん終わりことあっが,これ自分アブラム与え+  こうハガル関係持ち,彼女妊娠た。自分妊娠こと気づくと,そのとき彼女自分主人侮るようなっ+  そこでサライアブラム言った,「わたしなさ暴虐あなた負っくださいますように。わたし自分はしためあなたゆだねましが,彼女自分妊娠こと気づき,わたしその侮られるようなりました。エホバわたしあなた*裁かますよう+」。  それアブラムサライ言っ+,「見なさい。あなたはしためあなた任さいる。あなた良い思うことそれ行なうよい+」。そこでサライ彼女辱める*ようなり,そのため彼女そのもとから逃げ行っ+  後エホバみ使い*+が,荒野泉,シュル+至るあるところ彼女見つけた。  そしてこう言いはじめた。「サライはしためハガル,あなたいったいどこからか。どこ行こするか」。これ対し彼女言った,「わたし主人サライところから逃げ行くです」。  するとエホバみ使いなおも言った,「あなた主人もと帰って,その低くなさい+」。 10  それからエホバみ使い彼女こう言った。「わたしあなた大いに殖やす+。それ多く数えきれないまでなろ+」。 11  エホバみ使いさらに言った,「いまあなた妊娠いる。あなた産むが,そのイシュマエル*呼ばならない+。エホバあなた苦悩聞かからある+ 12  その人,それしまうま*ようなる。そのすべて向かい,すべて向かう+。彼そのすべて兄弟たち幕屋張る+」。 13  そこで彼女は,エホバつまり自分語りかけおらを,「あなたご覧なる*です*+」と呼ぶようなった。彼女は,「わたしくださるを,わたしここ実際**でしょか」と言っある。 14  それゆえにその井戸ベエルラハイロイ*呼ば*+。いまそれカデシュベレドある。 15  後ハガルアブラム産み,アブラムハガル産ん自分イシュマエル呼ん+ 16  そして,ハガルアブラムイシュマエル産んとき,アブラム八十六あった。

脚注

「とあなた」。このよう訳さいる表現は,マソ本で,ソフェリム(書士たち)によっ特殊符号付けられおり,「とあなた」という読み方疑わしく,「と彼女」と読むべきあるされいる。付録2イ参照。
または,「苦しめる」。
「エホバみ使い」。ヘ語,マルアク エフワー; この表現最初来る箇所。
「神聞いくださる」の意。
または,「オナガー」(野生ロバ種)。ヨブ 39:5参照。
ヘ語,エール。
または,「わたしくださるです」; または,「ご自身お見せなる(現われくださる)神です」。
または,「ここまた」。
「方を[字義,方後ろを]……見た」。この訳し方ついは,JTS,第50巻,1949年,179ページ参照。
「わたしくださる生ける井戸」の意。
「それゆえに彼女その井戸を……と呼んだ」,シリ訳。