内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 15:1‐21

15  これら後,エホバ言葉アブラム臨ん+こう言った。「アブラムよ,恐れいけない+。わたしあなたある+。あなた報い非常大きなものなる*+」。  それ対しアブラム言った,「主権なるエホバ*よ,わたしお与えくださるでしょか。わたし子供ないままおり,わたし所有することなるダマスカスエリエゼル+です」。  加えアブラムこう言った。「ご覧ください,あなた+授けくださいませでした。ご覧ください,わたし+相続わたし継ごます」。  しかし,見よ,彼対するエホバ言葉こうあった。「その相続あなた継ぐなく,あなた自身*から出る相続あなた継ぐあろ+」。  次いで[]は連れ行っこう言わた。「どうか,天見上げて,数えることできるものなら,星数えみるよう+」。そして,さらにこう言わた。「あなたそのようなるあろ+」。  そこでエホバ信仰置い*+。そして[]は対しそれみなさ+  それからさらにこう言わた。「わたしエホバあり,このあなた与え所有せるためあなたカルデアウルから導き出しある+」。  それ対し言った,「主権なるエホバ*,わたしこれ所有するようなることを,何よっ知ることできるでしょ+」。  すると,こう言わた。「わたし*ために,三雌牛と,三雌やぎと,三雄羊,それやまばと若いいえばと+取りなさい」。 10  それそのすべて自分もと取り寄せ,それら二つ切り裂いて,それぞれ部分他方向き合うよう置いた。しかし切り裂かなかっ+ 11  すると猛きん死がい降り来るため+,アブラムそれら追い払うあった。 12  しばらくて,日沈もするころ,深い眠りアブラム襲っ+。そして,見よ,怖ろしいほど濃い*襲った。 13  そして[]はアブラムこう言いはじめられた。「あなたこのことはっきり知っおくよい。すなわち,あなた自分たちない土地外人居留なっ+,[その民]に仕えならず,その[民]は必ず四百あいだ彼ら苦しめるあろ+ 14  しかし,彼ら仕える国民わたし裁く+。その後,彼ら多く貨財携えそこ出る+ 15  あなた自身は,平安うち父祖もと行く。あなた良い達し葬られるあろ+ 16  しかし彼らここ戻っ来る+。アモリとがまだ満ちないからある+」。 17  今や沈んゆき,濃密やった。すると,見よ,煙る燃えるたいまつあって,それら切らもの通っ+ 18  その日,エホバアブラム契約結ん*+,こう言わた。「あなたわたしこの与える+。エジプトから,か大川,ユーフラテス+まで, 19  すなわち,ケニ+,ケニズ人,カドモニ人, 20  ヒッタイト+,ペリジ+,レファイム+ 21  アモリ人,カナン人,ギルガシ人,エブス+[の地]を」。

脚注

「わたしあなた保護者,あなたまこと大きな報いある」,ウル訳。
「主権なるエホバ」。ヘ語,アドーナーイ エフウィ。この場合ように,神み名アドーナーイいう称号続く場合は,YHWH母音符号打ち方変わること注目。この箇所BHKは,エフワーなくエフウィ読み,ギンスは,エホーワーなくエホーウィ読んいる。付録1ホ参照。
「内」。字義,「内臓」。
「信仰置いた」。信仰働かせることつい初めて言及いる箇所。ロマ 4:11は,アブラハムを,「無割礼状態信仰持つすべて父」といるから,このこと適切ある。
ヘ語,エフウィ; 七十訳パピ写,オクシ,IV,656当初,マソ本この四文字語<テトラグラマトン>の来る箇所文字空欄設けた。「オクシリンコスパピリ」,第4部,BPグレンフェルおよびASハント編(ロンドン,1904年),30,33ページ参照。
「わたし」,マソ本,七十訳,ウル訳; シリ訳,「あなた自身」。
「怖ろしいほど濃い闇」。字義,「怖ろしさ,大いなる闇」。
「結んで」。字義,「切って」。七十訳,「締結て」。