内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 14:1-24

14  さて,シナル+の王*アムラフェル,エラサルの王アルヨク,エラム+の王ケドルラオメル+,ゴイム*+の王ティドアルの時代のこと*であるが,  これらの者たちがソドム+の王ベラ,およびゴモラ+の王ビルシャ,アドマ+の王シヌアブ,ツェボイイム+の王シェムエベル,そしてベラ(すなわちゾアル+)の王と戦いをした。  これらはみな同盟して+“シディムの低地平原*+”すなわち“塩の海+”に進んだ。  十二年のあいだ彼らはケドルラオメルに仕えたが,十三年目になって反逆したのである。  それで,十四年目にケドルラオメル,そしてそれにくみした王たちがやって来て,アシュテロト・カルナイム+でレファイム人を,ハムでズジム人を,シャベ・キルヤタイムでエミム人+を撃ち破り,  またホリ人+をそのセイル山+で[破って],荒野のところのエル・パラン+にまで下った。  次いで彼らは向きを転じてエン・ミシュパトすなわちカデシュ+に至り,アマレク人+の野全体を[制し],さらにハザゾン・タマル+に住んでいたアモリ人+を撃ち破った。  ここにおいてソドムの王,それにゴモラの王,アドマの王,ツェボイイムの王,ベラ(すなわちゾアル)の王は進軍し,“シディムの低地平原+”で彼らに対して戦闘隊列を敷いた。  すなわち,エラムの王ケドルラオメル,ゴイムの王ティドアル,シナルの王アムラフェル,エラサルの王アルヨクに対し+,四人の王が五人に対してである。 10  ところで,“シディムの低地平原+”は歴青+の坑また坑であった。そして,ソドムとゴモラ+の王たちは逃げて行ってそこに落ち込み,残った者たちも山地+に逃げた。 11  それで,勝利者たちは*ソドムとゴモラのすべての貨財およびそのすべての食物を奪って,去って行った+ 12  彼らはまた,アブラムの兄弟の子ロトとその貨財をも奪って進んで行った。彼はそのときソドムに住んでいたのである+ 13  その後,ひとりの逃れた者がやって来て,ヘブライ人*+アブラムに告げた。彼はそのとき,エシュコルの兄弟またアネルの兄弟である+,アモリ人マムレ+の大木林に幕屋を張っていた。彼らはアブラムの同盟者*であった。 14  こうしてアブラムは,自分の兄弟がとりこにされたことを聞いた+。そこで彼は,訓練された者,その家で生まれた三百十八人の奴隷*+を呼び集め+,ダン+までその跡を追った。 15  そして彼は,すなわち彼とその奴隷たちは,夜に軍勢を分けて+彼らを攻め,こうして彼らを撃ち破って,ダマスカスの北*のホバまで追って行った。 16  そうして彼はすべての貨財を取り戻し+,さらに自分の兄弟ロトとその貨財,また女たちと人々をも取り戻した+ 17  そのときソドムの王は,ケドルラオメルとそれにくみした王たちを撃ち破って戻って来た彼を,“シャベの低地平原*”つまり王の低地平原+まで迎えに出た。 18  また,サレムの王+メルキゼデク+はパンとぶどう酒を携えて来た+。彼は至高の神*祭司*+であった。 19  そして彼は[アブラム]を祝福してこう言った。 「アブラムが祝福されるように+ 至高の神,天地を作り出された方*+によって。 20  至高の神がほめたたえられるように+ あなたを虐げた者をあなたの手に渡されたその方+が」。 それに対しアブラム*はすべての物の十分の一*を彼に与えた+ 21  その後ソドムの王はアブラムにこう言った。「これらの魂*+はわたしに下さい。貨財はあなたが取ってください」。 22  それに対しアブラムはソドムの王に言った,「至高の神エホバ,天地を作り出された方に向かってはっきり[誓いの]手を挙げますが+ 23  縫い糸からサンダルの締めひもに至るまで,そうです,わたしは,およそあなたのものからは何一つ受け取りません+。『わたしがアブラムを富ませたのだ』とあなたが言わないためです。 24  わたしには何も要りません+。ただし,若者たちがすでに食べたもの,そしてわたしと一緒に行った人々,つまりアネル,エシュコル,マムレ+の受け分は別です。彼らには彼らの受け分を取らせてください+」。

脚注

「王」。ヘ語,メレク; この称号最初来る箇所。定冠詞付いないが,固有名詞属格伴う。
「諸国民」,七十訳,ウル訳。
「さて……の時代こと」。ヘ語,ワイヒー ビーメー。このマソ本6来る; この箇所,およびルツ 1:1,エス 1:1,イザ 7:1,エレ 1:3,そして,他挿入いるが,サム二 21:1。このは,祝福もっ終わる,試練時期つい用いられいる。
または,「“野谷”」。
字義,「それで,彼らは」,すなわち,その勝利たちは。
ヘブライ」。ヘ語,ハーイヴリー; この最初来る箇所; 次39:14,17
「の同盟者」。字義,「の契約所有者(主人)たち」。ヘ語,バアレー ヴェリート。
字義,「その生ま三百十八人」。これら奴隷たち子供で,買い取らたちない。
字義,「左」,すなわち,東向い場合の。
または,「“平地(平原)の谷”」。このサレムすなわちエルサレム近かった。
「至高の」。ヘ語,レエール エルヨーン。ここヘブライエローヒームなく,エール; 定冠詞付いないが,「至高の」を意味する形容詞エルヨーンエール続いいる。
「の祭司」。ヘ語,コーヘーン; この最初来る箇所。
「至高神,天地作り出さ方」。七十訳,ウル訳,「天地創造至高神」; しかし,22ウル訳は,「作り出さ方」を「(の)所有者」と読んいる。
字義,「彼」。
または,「什一」。什一もしくは十分こと初めて言及いる箇所。
」,マソ本(ヘ語,ハンネフェシュ,単数形。しかし,集合用いられいる),シリ訳,ウル訳; 七十訳,「人々」。