内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 14:1‐24

14  さて,シナル+*アムラフェル,エラサルアルヨク,エラム+ケドルラオメル+,ゴイム*+ティドアル時代こと*あるが,  これらたちソドム+ベラ,およびゴモラ+ビルシャ,アドマ+シヌアブ,ツェボイイム+シェムエベル,そしてベラ(すなわちゾアル+)の戦いた。  これらみな同盟+“シディム低地平原*+”すなわち“塩+”に進んだ。  十二あいだ彼らケドルラオメル仕えが,十三なっ反逆ある。  それで,十四ケドルラオメル,そしてそれくみしたちやって,アシュテロトカルナイム+レファイムを,ハムズジムを,シャベキルヤタイムエミム+撃ち破り,  またホリ+そのセイル+で[破って],荒野ところエルパラン+まで下った。  次い彼ら向き転じエンミシュパトすなわちカデシュ+至り,アマレク+全体を[制し],さらにハザゾンタマル+住んアモリ+撃ち破った。  ここおいソドム王,それゴモラ王,アドマ王,ツェボイイム王,ベラ(すなわちゾアル)の進軍し,“シディム低地平原+”で彼ら対し戦闘隊列敷いた。  すなわち,エラムケドルラオメル,ゴイムティドアル,シナルアムラフェル,エラサルアルヨク対し+,四対しある。 10  ところで,“シディム低地平原+”は歴青+またあった。そして,ソドムゴモラ+たち逃げ行っそこ落ち込み,残ったち山地+逃げた。 11  それで,勝利たち*ソドムゴモラすべて貨財およびそのすべて食物奪って,去っ行っ+ 12  彼らまた,アブラム兄弟ロトその貨財奪っ進ん行った。彼そのときソドム住んある+ 13  その後,ひとり逃れやって,ヘブライ*+アブラム告げた。彼そのとき,エシュコル兄弟またアネル兄弟ある+,アモリマムレ+大木幕屋張った。彼らアブラム同盟*あった。 14  こうアブラムは,自分兄弟とりこされこと聞い+。そこでは,訓練者,その生ま三百十八奴隷*+呼び集め+,ダン+までその追った。 15  そしては,すなわちその奴隷たちは,夜軍勢分け+彼ら攻め,こう彼ら撃ち破って,ダマスカス*ホバまで追っ行った。 16  そうすべて貨財取り戻し+,さらに自分兄弟ロトその貨財,またたち人々取り戻し+ 17  そのときソドムは,ケドルラオメルそれくみしたち撃ち破っ戻っを,“シャベ低地平原*”つまり低地平原+まで迎えた。 18  また,サレム+メルキゼデク+パンぶどう携え+。彼至高*祭司*+あった。 19  そしては[アブラム]を祝福こう言った。 「アブラム祝福れるよう+至高,天地作り出さ*+よって。 20  至高ほめたたえられるよう+あなた虐げあなた渡さその+が」。 それ対しアブラム*すべて十分*与え+ 21  そのソドムアブラムこう言った。「これら*+わたし下さい。貨財あなた取っください」。 22  それ対しアブラムソドム言った,「至高エホバ,天地作り出さ向かっはっきり[誓いの]手挙げます+ 23  縫い糸からサンダル締めひも至るまで,そうです,わたしは,およそあなたものから何一つ受け取りませ+。『わたしアブラム富まだ』とあなた言わないためです。 24  わたし要りませ+。ただし,若者たちすでに食べもの,そしてわたし一緒行っ人々,つまりアネル,エシュコル,マムレ+受け分です。彼ら彼ら受け分取らください+」。

脚注

「王」。ヘ語,メレク; この称号最初来る箇所。定冠詞付いないが,固有名詞属格伴う。
「諸国民」,七十訳,ウル訳。
「さて……の時代こと」。ヘ語,ワイヒー ビーメー。このマソ本6来る; この箇所,およびルツ 1:1,エス 1:1,イザ 7:1,エレ 1:3,そして,他挿入いるが,サム二 21:1。このは,祝福もっ終わる,試練時期つい用いられいる。
または,「“野谷”」。
字義,「それで,彼らは」,すなわち,その勝利たちは。
ヘブライ」。ヘ語,ハーイヴリー; この最初来る箇所; 次39:14,17
「の同盟者」。字義,「の契約所有者(主人)たち」。ヘ語,バアレー ヴェリート。
字義,「その生ま三百十八人」。これら奴隷たち子供で,買い取らたちない。
字義,「左」,すなわち,東向い場合の。
または,「“平地(平原)の谷”」。このサレムすなわちエルサレム近かった。
「至高の」。ヘ語,レエール エルヨーン。ここヘブライエローヒームなく,エール; 定冠詞付いないが,「至高の」を意味する形容詞エルヨーンエール続いいる。
「の祭司」。ヘ語,コーヘーン; この最初来る箇所。
「至高神,天地作り出さ方」。七十訳,ウル訳,「天地創造至高神」; しかし,22ウル訳は,「作り出さ方」を「(の)所有者」と読んいる。
字義,「彼」。
または,「什一」。什一もしくは十分こと初めて言及いる箇所。
」,マソ本(ヘ語,ハンネフェシュ,単数形。しかし,集合用いられいる),シリ訳,ウル訳; 七十訳,「人々」。