内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 13:1‐18

13  それからアブラムエジプトネゲブ+上った。彼そのまた持つすべてもの,そしてロト一緒あった。  そしてアブラム家畜群れ多量擁し+  そして宿営移動つつネゲブベテルへ,つまり天幕初めあっベテルアイ中間場所+  当初そこ造っ祭壇場所ある+。そうアブラムそこおいエホバ呼び求め*+  さて,アブラム進んロト天幕所有た。  それで,その彼らすべて一緒住ませる十分なかった。彼ら貨財多くなって,みんな住むことできなかっある+  そして,アブラム畜類飼うロト畜類飼う言い争い生じた。当時カナンペリジその住ん+  そのためアブラムロト+言った,「どうか,わたしあなた間,またわたし牧夫あなた牧夫言い争いなど続かないようください。わたしたち兄弟どうしですから+  この全土あなた用い*ありませか。どうかわたし別れください。あなた行くあれば,わたし行きます。あなた行くあれば,わたし行きます+」。 10  それロト上げて“ヨルダン地域*+”全体が,エホバソドムゴモラ滅び至らせるあっためその全域よく潤っおり,ゾアル*+至るまでエホバ*+よう,エジプトようあった。 11  そこでロト自分ために“ヨルダン地域”全体選び,こうロト自分宿営東方移した。それ彼ら互い別れた。 12  アブラムカナン住んが,ロトその地域都市そば住ん+。やがてソドム近く天幕張った。 13  ところで,ソドム人々悪く,エホバ対しはなはだ罪人あっ+ 14  そして,ロト別れに,エホバアブラムこう言わた。「どうか,目上げて,あなたいる場所から,北,南*,東,西*見るよう+ 15  あなたいるすべて土地,わたしそれあなたあなた定めない至るまで与えるからある+ 16  そしてわたしあなた塵粒ようする。それで,もし塵粒数えられるあれば,あなたまた数えられることなろ+ 17  立って,そのを,その長さいっぱい行き巡りなさい。あなたそれ与えるからある+」。 18  それアブラム引き続き天幕生活*。後ヘブロン+あるマムレ+大木そこ住んだ。そしてそこエホバため祭壇築い+

脚注

または,「名宣明た(宣べ伝えた)」。
字義,「全土あなたある」。
「地域」。または,「盆地」。ヘ語,キッカル。ヨルダン渓谷下流,エリコ周辺ほぼ円形地域。
「ツォアン」,シリ訳。
「園」。七十訳,シリ訳,ウル訳,「楽園<パラダイス>」。
字義,「ネゲブ方」。
「西方」。字義,「[地中]海方」。
または,「アブラムは[各地に]天幕張った」。