内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 12:1‐20

12  それからエホバアブラムこうた。「あなた出,あなた親族*離れて,わたし示す行きなさい+  そうすれわたしは,あなたからいなる国民作り,あなた祝福し,あなた大いなるものする。あなた祝福なりなさい+  そしてわたしあなたするたち祝福し,あなた災い呼び求めるのろ+。地上すべて家族あなたよっ必ず自ら祝福するあろ*+」。  そこでアブラムエホバとおり出かけ行き,ロト行った。そしてアブラムハランとき七十五あっ+  こうアブラムは,妻サライ+自分兄弟ロト+,また自分たちためすべて貨財+ハラン伴い,一行そこ出発カナン+向かった。ついに彼らカナンた。  そしてアブラムそのずっ進んシェケム*+所,モレ大木+近くまでた。その当時カナンそのた。  ときエホバアブラムわれて,こう言わた。「あなた+わたしこの与えよう+」。そののちは,自分現われエホバためそこ祭壇築いた。  後そこからベテル+山地移り,ベテル西,アイ+天幕張った。次いエホバためそこ祭壇築い+,エホバ呼び求め*+  後アブラム宿営たたみ,そこから宿営移動つつネゲブ*+進んだ。 10  さて,飢きんその起きで,アブラムエジプト下っ行った。そこ外国とどまるためあっ+。飢きんその厳しかっある+ 11  そして,間なくエジプト入ろとき,彼サライこう言うあった。「さあ,お願いだ。わたしは,あなた容姿美しい婦人+あるよく知っいる。 12  それきっと,エジプトあなた見ると,『これあのだ』と言うことだろう。そして,きっとわたし殺し,あなた生かしおくだろう。 13  どうか,わたし言っおくれ+。あなたよっわたし無事いられるようするだ。わたしあなたおかげ必ずや生き長らえられるだろ+」。 14  そして,アブラムエジプトすぐ,エジプトそのて,彼女非常美しい知るあった。 15  そしてファラオ*たち彼女て,彼女ファラオ推賞するようなった。そのため,このファラオ召し入れられた。 16  そしてアブラム彼女ゆえに好遇し,[アブラム]はろば下男はしため雌ろばらくだ持つようなっ+ 17  そのときエホバアブラムサライ+ことファラオそのたち大いなる災厄もっ撃た+ 18  そこでファラオアブラムで,こう言った。「あなたわたし対しこのどういうことか。なぜあなたは,彼女自分あることわたし告げなかっ+ 19  どうして,『わたしです+』など言っか。そのためわたし彼女自分するところあった。さあ,これあなただ。連れて,出行くように!」 20  そしてファラオ関し命令出し,人々そのまた持つすべてもの*送っ行っ+

脚注

または,「あなた故郷」。
「あなたよっ祝福れるあろう」,七十訳,ウル訳。22:18脚注参照。
現今ナブルス,特にその近くテルバラータ関連づけられいる。
または,「名宣明た(宣べ伝えた)」。出 34:5参照。
または,「南」,すなわち,約束南部。
「ファラオ」という称号は,マソ本全体通じ,定冠詞付け使用いる。
サマ五,七十訳は,「およびロト」を付け加えいる。