内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 11:1‐32

11  さて,全地一つ言語*,一式言葉*ままあった。  そして,東向かっいるうちに,人々やがてシナル+谷あい平原見つけて,そこ住むようなった。  そして,彼ら各々互いこう言いだした。「さあ,れんが造り,焼いそれ焼き固めよう」。それで,彼らとっれんが代わりなり,歴青モルタル代わりなっ+  そう彼ら言った,「さあ,我々ため都市を,そして*建て,その届かよう+。そして,大いに我々揚げ*+,地全面散らされることないようよう+」。  それからエホバは,人建て都市見るため下っられ+  そのエホバ言わた,「見よ,彼ら一つで,彼らすべてとっ言語ただ一つある+。そして,このようこと彼ら行ない始めるだ。今や彼ら行なおすることそのなしないものないない+  さあ,わたしたち+下っ行って,あそこ彼ら言語混乱+,彼ら互い言語聴き分けられない*ようよう+」。  こうエホバ彼らそこから全面散らし+,彼らその都市建てることからしだい離れいっ+  それゆえにそこバベル*呼ば+。そこおいエホバ全地*言語混乱からあり,エホバ彼らそこから全面散らさ+ 10  これセム+歴史ある。 セム洪水アルパクシャド+なっが,そのときあった。 11  そして,アルパクシャドなっセム五百生きつづけ,その息子たちなっ+ 12  そしてアルパクシャド*三十五生き,そののちシェラハ+なった。 13  そして,シェラハなっアルパクシャド四百三生きつづけ,その息子たちなった。 14  そしてシェラハ三十生き,そののちエベル+なった。 15  そして,エベルなっシェラハ四百三生きつづけ,その息子たちなった。 16  そしてエベル三十四あいだ生き,そののちペレグ+なった。 17  そして,ペレグなっエベル四百三十生きつづけ,その息子たちなった。 18  そしてペレグ三十あいだ生き,そののちレウ+なった。 19  そして,レウなっペレグ二百九生きつづけ,その息子たちなった。 20  そしてレウ三十二あいだ生き,そののちセルグ+なった。 21  そして,セルグなっレウ二百七生きつづけ,その息子たちなった。 22  そしてセルグ三十あいだ生き,そののちナホル+なった。 23  そして,ナホルなっセルグ二百生きつづけ,その息子たちなった。 24  そしてナホル二十九あいだ生き,そののちテラ+なった。 25  そして,テラなっナホル百十九生きつづけ,その息子たちなった。 26  そしてテラ七十あいだ生き,そののちアブラム+,ナホル+,ハランなった。 27  そしてこれテラ歴史ある。 テラアブラム,ナホル,ハランなった。そしてハランロト+なった。 28  後ハランは,その生ま土地,すなわちカルデア+ウル*+で,そのテラとき*死んだ。 29  そのアブラムナホルめとった。アブラムサライ+いった。また,ナホルミルカ+いっハランあった。[ハランは]ミルカ父,またイスカある。 30  しかし,サライずっうまずめ+で,子供なかった。 31  後テラは,そのアブラムと,ハラン自分+ロトと,そのアブラムあるサライ+連れ,一行カルデアウル*カナン+向かった。やがて彼らハラン+て,そこ住むことなった。 32  そして,テラ日数二百五なり,そのテラハラン死んだ。

脚注

字義,「一つ唇」,マソ本,七十訳,ウル訳。
または,「同一語彙」。
「そしてを」。ヘ語,ウーミグダール; ギ語,ピュルゴン; ラ語,トゥッレム
または,「そして,我々ため記念造って」。
または,「言語理解できない」。
「バベル」。ヘ語,バーヴェル。モーセは,「バベル」というを,「混乱せる; 混同する」を意味する語根動詞バーラルから派生ものし,それゆえ,「バベル」に「混乱」という意味付しいる。シリ訳,ウル訳,「バベル」; ギ語,シュンキュシス,「混乱」。アッカドは,バーブイル。この地方住民は,バーブは「門」を,イルは「神」(ヘ語,エール)を意味し,これは「神門」を意味する,と唱えた。
または,「全地民」。
七十訳12,13こうなっいる。(12)「そしてアルパクシャド百三十五生き,カイナンなった。(13)そして,カイナンもうけアルパクシャド四百三十生き,息子たちなっ死んだ。そしてカイナン百三十生き,シェラハなった。そして,シェラハもうけカイナン三百三十生き,息子たちなっ死んだ」。この資料は,シェラハアルパクシャドカイナン挿入いる。ルカ 3:36比較。
または,「カルデアウル」。
または,「テラまだ生きに」。字義,「テラで」。
字義,「一行彼らに……をて」,マソ本; シリ訳,「彼彼らに……をて」; サマ五,七十訳,ウル訳,「彼彼らを……から導き出して」。