内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 10:1-32

10  そして,これがノアの子+,セム,ハム,ヤペテの歴史である。 さて,大洪水ののち彼らに子が生まれるようになった+  ヤペテの子らは,ゴメル+,マゴグ+,マダイ+,ヤワン+,トバル+,メシェク+,ティラス+であった。  そして,ゴメルの子らは,アシュケナズ+,リファト+,トガルマ+であった。  また,ヤワンの子らは,エリシャ+とタルシシュ+,キッテム+とドダニム*+であった。  これらから,諸国の島々の民が*,各々その国語にしたがい,種族にしたがい,国民ごとにそれぞれの土地に広がった。  そして,ハムの子らは,クシュ+,ミツライム+,プト+,カナン+であった。  そして,クシュの子らは,セバ+,ハビラ,サブタ,ラアマ+,サブテカであった。 そして,ラアマの子はシェバとデダン+であった。  そして,クシュはニムロデ+の父となった。彼は地上で最初に力のある者*となった。  彼はエホバに敵対する力ある狩人*として現われた。それゆえに,「エホバに敵対する*力ある狩人ニムロデのようだ+」という言い習わしがある。 10  そして,彼の王国の始まりは,シナルの地+のバベル*+,エレク+,アッカド,カルネであった。 11  その地から彼はアッシリア+に出て行って,ニネベ+,レホボト・イル,カラハ, 12  そしてニネベとカラハとの間のレセンの建設に取りかかった。これが大きな都市である。 13  そして,ミツライム+は,ルディム+,アナミム,レハビム,ナフトヒム+ 14  パトルシム+,カスルヒム+(この中からフィリスティア人+が出た),カフトリム+の父となった。 15  そして,カナンは,その長子シドン+,ヘト+ 16  またエブス人+,アモリ人+,ギルガシ人, 17  ヒビ人+,アルキ人,シニ人, 18  アルワド人+,ツェマル人,ハマト人+の父となった。後にカナン人の諸種族は分散した。 19  それで,カナン人の境界は,シドンから,ガザ+に近いゲラル+まで,[また]ソドム,ゴモラ+,アドマ+,そしてラシャ*に近いツェボイイム+までとなった。 20  これらが,その種族にしたがい,国語にしたがい,その土地により,国民ごとに[示した]ハムの子らである。 21  そして,エベル+のすべての子らの父祖であり,一番年長のヤペテの兄弟であるセムにも子孫が生まれた。 22  セムの子は,エラム+,アシュル+,アルパクシャド+,ルド,アラムであった。 23  そして,アラムの子らは,ウツ,フル,ゲテル,マシュ+であった。 24  そして,アルパクシャドはシェラハ+の父となり,シェラハはエベルの父となった。 25  そしてエベルには二人の子が生まれた。一方の名はペレグ*+といったが,それは彼の時代に地*が分けられたからであった+。その兄弟の名はヨクタン+といった。 26  そして,ヨクタンは,アルモダド,シェレフ,ハツァルマベト,エラハ+ 27  ハドラム,ウザル,ディクラ+ 28  オバル,アビマエル,シェバ+ 29  オフィル+,ハビラ+,ヨバブ+の父となった。これらは皆ヨクタンの子であった。 30  そして,彼らの居住地は,メシャから,東方の山地のセファルにまで及んだ。 31  これらが,その種族にしたがい,国語にしたがい,その土地により,国民にしたがって+[示した]セムの子らである。 32  これらが,その家筋にしたがい,その国民によって[示した],ノアの子らの諸族であり,これらから大洪水後に諸国民が地に広がった+

脚注

「ロダニム」,サマ五,七十訳。一 1:7,「ロダニム」の脚注参照。
「島々が」。字義,「島々(海沿い地帯)が」。
「力ある者」。ヘ語,ギッボール。この最初6:4,次この節,次い9来る。
「力ある狩人」。字義,「狩りおいある者」。
「に敵対する」。字義,「のの」。しかし,民 16:2,ヨシュ 7:12,13,一 14:8,二 14:10,ヨブ 23:4ある同様表現ように,挑戦および敵対意味用いられいる。ヘ語,リフネー; ギ語,エナンティオン,一般は,「向かい合った」。
「バベル」,マソ本,サマ五,シリ訳; 七十訳,ウル訳,「バビロン」。
「ラシャ」。伝承は,死海東岸カリロエ同定いる。
「分離; 流れ」の意。
または,「地民」。