内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

創世記 1:1‐31

1  初め*+*++創造+  さて,地なく,荒漠て,闇深み*+あった。そして,活動する*+行きめぐっ+  それから言わ*+,「光生じるように」。すると+あるようなった。  そののち良いご覧なった。そして+区分設けられた。  そしてを“昼+”と呼ぶことし,闇ほうを“夜+”と呼ばた。こうなり,朝なった。一ある。  次い言わた,「水大空+生じ,水区分できるよう+」。  そう大空造り,大空来る大空上方来る+区分ゆかた。そしてそのようなった。  そして大空を“天+”と呼ぶことされた。こうなり,朝なった。二ある。  次い言わた,「天一つ場所集められ乾い陸地現われるよう+」。するとそのようなった。 10  そして乾い陸地を“地+”と呼ぶことし,水集まっところを“海+”と呼ばた。さらには[それを]良いご覧なっ+ 11  次い言わた,「地を,種結ぶ+草木を,種ある果実+その種類したがって*産する果実+を,地生え出させるように」。するとそのようなった。 12  そしてを,その種類+したがって結ぶ草木果実産する木,その種類したがって+あるもの出すようなった。それからは[それを]良いご覧なった。 13  こうなり,朝なった。三ある。 14  次い言わた,「天大空光体生じ区分するよう+。それらしるしなり,季節ため,またためものなる+ 15  そしてそれら大空あっ光体なり,地照らすことなる+」。するとそのようなった。 16  そして二つ大きな光体を,すなわち大きいほう光体支配せるため,小さいほう光体支配せるため造っゆか*,またも[同じようされ+]。 17  こうそれら大空置い照らさ+ 18  昼支配せ,光区分+。それからは[それを]良いご覧なっ+ 19  こうなり,朝なった。四ある。 20  次い言わた,「水生き*群れ群がり出さ+,飛ぶ生き物を,天大空飛ぶよう+」。 21  そう大きな巨獣*+動き回るあらゆる生き*+,すなわちその種類したがって群がり出させるもの,またあるあらゆる飛ぶ生き物その種類したがって+創造ゆか*。そしては[それを]良いご覧なった。 22  そこでそれら祝福言わた,「子生ん多くなり,もろもろ満ちよ+。そして,飛ぶ生き物多くなれ」。 23  こうなり,朝なった。五ある。 24  次い言わた,「地+生きその種類したがい,家畜*+動く生き物+野獣*+その種類したがって出すように」。するとそのようなった。 25  そしては,地野獣その種類したがい,家畜その種類したがい,地面あらゆる動く生き物その種類したがって+造っゆかた。そしては[それを]良いご覧なった。 26  次い*言わた,「わたしたち+*+,わたしたち+*造り*,彼ら飛ぶ生き物家畜全地動くあらゆる動く生き物服従よう+」。 27  そうご自分創造ゆき,これ創造+。男性女性これ創造+ 28  さらに,彼ら祝福+彼ら言わた,「子生ん+多くなり,地満ちて,それ従わせ+。そして,海飛ぶ生き物動く*あらゆる生き物服従せよ+」。 29  次い言わた,「さあ*,わたしは,全地あっ結ぶすべて草木と,種結ぶあるあらゆるあなた方与え+。あなた方ためそれ食物なるよう+ 30  そして,地あらゆる野獣と,天あらゆる飛ぶ生き物と,地動き,その*持つすべてものに,あらゆる草木食物与え+」。そしてそのようなった。 31  そののち自分造っすべてものご覧なっが,見よ,[それは]非常良かっ+。そしてなり,朝なった。六*ある。

脚注

「初めに」。ヘ語,ベレーシート。聖書巻頭このは,ヘブライは,この冒頭もっその書名いる。七十訳,ウル訳この名称を「創世記<ゲネシス>」といる。
「神」。ヘ語,אֱלֹהִים(エローヒーム),定冠詞付いない。エローヒーム(「神」)に定冠詞付い最初5:22られる。エローヒームいう称号は,卓越もしくは威光表わす複数あって,多重神格もしくは多数神々表わすものない。ギ語,ὁ θεός(ホ テオス),単一の「神」を表わす単数形。裁 16:23脚注比較。
「水深み」。または,「逆巻く水; 原始大洋」。ヘ語,テホーム; ギ語,アビュッスー,「底知れ深み」; ラ語,アビュッシー。7:11,「深み」の脚注参照。6:17,「大洪水」の脚注比較。
「そして……活動する)」。ヘ語,ウェルーアハ。ルーアハは「霊」と訳されるほかに,「風」,その他,目見えない活動する表わす訳さいる。3:8,「そよ風ころ」の脚注; 8:1脚注参照。
「それから……言わ」。ヘ語,ワイヨーメル。ヘブライ動詞完了よっ示される進行行為創世記 140余りおり,これその最初例。付録3ハ参照。
字義,「その種類)にしたがって」。ヘ語,レミーノー; ギ語,ゲノス; ラ語,ゲヌス。ここの「種類」というは,その古い意味または定義ある,創造よる種類もしくは種属意味おり,今日進化用いる同じ意味ない。
「そして……造っゆか」。ヘ語,ワイヤアス(アーサー変化形)。1,21,27および2:3の『創造する』(バーラー)と異なる。未完了よっ示される進行行為。付録3ハ参照。
「生きの」。ギ語,ψυχῶν ζωσῶν(プシュコーン ゾーソーン,複); ヘ語,ネフェシュ ハイヤー,単数形。海生動物指す。ヘブライは,2:7同じ表現人間指し用いられいる。付録4イ参照。
または,「大きな爬虫類」。
「生き」。ヘ語,ネフェシュ ハハイヤー,単数形; ギ語,ψυχὴν ζῴων(プシュケーン[単] ゾーイオーン[複],「生けるものたち」)。
「そうして……創造ゆか」。ヘ語,ワイイヴラー(バーラー変化形)。未完了よっ示される進行行為。付録3ハ参照。
または,「飼いならされる動物」。ヘ語,ベヘーマー,単数形。ヨブ 40:15脚注比較。
「と……野獣」。または,「と……生き物」。ヘ語,ウェハエトー28でも「生き物」。
「神」。ヘ語,エローヒーム。1,「神」の脚注参照。
「わたしたち; 似姿)に」。ヘ語,ベツァルメーヌー。
または,「地人」。ヘ語,アーダーム。定冠詞付いない。
『[わたしたちは]造ろ』。ヘ語,ナアセ16脚注参照。
または,「はう」。ヘ語,ハーローメセト; ラ語,クウァエ モウェントゥル。
または,「見よ」。ヘ語,ヒンネー。
「魂命」。字義,「生き」。ヘ語,ネフェシュ ハイヤー。20および2:7では「生き魂」と訳さいる。
字義,「日,第六」。