内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第二 7:1‐20

7  そこで,エリシャ言った,「皆さん,エホバ言葉聴きなさい+。エホバこのよう言わた。『明日今ごろ,サマリア門口で,上等麦粉セア*シェケル*,大麦セアシェケルなるあろ+』」。  すると,副官で,その寄り掛かっ+が[まことの]答え言った,「たとえエホバ水門+造っおられるも,そのよう起こり得るだろ+」。これ対し言った,「見よ,あなた自分それ見る+,それから食べることないあろ+」。  ときに,門入口たち,らい病+。彼ら互い言いだした,「わたしたちどうして死ぬまでここ座っいるだろう。  たとえ,わたしたちが,『都市入ろう』と言っところで,市内飢きんで,わたしたちそこでやはり死ななけれならないだろ+。またもし,ここ実際座っも,わたしたちやはり死ななけれならない。だから今,シリア陣営入り込もう。もし彼らわたしたち生かしおいくれるなら,わたしたち生き長らえるが,もしわたしたち殺すなら,わたしたち死ななけれならないだろ+」。  そこで,彼らシリア陣営入ろと,夕闇ころ立ち上がった。彼らシリア陣営外れまでみると,見よ,そこだれなかった。  ところで,エホバ*シリア陣営戦車音,馬音,大軍勢+聞かられ+で,彼ら互いに,「見よ,イスラエル我々攻めるため,我々対抗ヒッタイトたち+エジプトたち+雇っだ!」と言った。  直ちに彼ら起きて,夕闇ころ逃げ+,その天幕+ろば置き去りし ― 陣営そっくりそのままて ― 自分たち*+ため逃げ行った。  これららい病たち陣営外れまで来ると,一つ天幕入っ食べたり飲んだりしだし,そこから運ん立ち去り,それしまい込んだ。その後,彼ら戻って,ほか天幕入り,そこから運ん立ち去り,それしまい込ん+  ついに彼ら互いこう言いだした。「わたしたちいること正しくない。この良い知らせ+! もしわたしたちためらって,実際,明け方まで待つなら,罪科わたしたち必ず追いつくことなる+。だから今,行って,入り,王報告よう」。 10  そこで彼ら行って,市門衛+呼びかけ,彼ら報告言った,「わたしたちシリア陣営入りましが,どうでしょう,そこだれおらず,人ありませでした。ただ,馬つながおり,ろばつながおり,天幕そっくりそのままでし+」。 11  すぐ門衛たち呼ばわって,中報告た。 12  王直ちにうち起きて,僕たち言っ+,「シリア我々対しことを,お前たち告げさせもらお+。彼ら我々飢えいること+よく知っいるで,『彼ら都市からたら,我々彼ら生け捕りし,市入るだ』と言って,陣営から行き,野隠れいる+」。 13  すると,僕答え言った,「どうか,この都市残っいる残りうち人々取らください+。ご覧ください,彼らここ残っいるイスラエル群衆同じです。ご覧ください,彼ら滅びうせ+イスラエル群衆同じです。それで,人送り出して,見ましょう」。 14  そこで,彼ら付け兵車取ると,王彼ら送り出しシリア陣営追わせ,「行って,見なさい」と言った。 15  そこで,彼らヨルダンまで彼ら追っ行っが,見よ,道すべて,シリア急い立ち去るとき投げ捨ていっ+器具+一杯あった。それから,使者たち帰って,王報告た。 16  こうて,民行き,シリア陣営[のもの]を強奪+で,上等麦粉セアシェケル,大麦セアシェケルなった。エホバ言葉+通りあった。 17  ときに,王は,例副官,そのに[王]が寄り掛かっ+[副官]を門口受け持つよう任じが,民門口踏みつけ+で,彼死んだ。王が[まことの]ところ下っとき,そのその言葉通りあっ+ 18  こうて,[まことの]話して,「サマリア門口で,明日今ごろ,大麦セアシェケル,上等麦粉セアシェケルなる」と言っ通りなっある+ 19  だが,副官は[まことの]答え言った,「たとえエホバ水門造っおられるも,この言葉通りに,それ起こり得るでしょ+」。これ対して,その言った,「見よ,あなた自分それ見るが,それから食べることないあろ+」。 20  こうて,彼そのようなっ+。民門口踏みつけ+で,彼死んだ。

脚注

1セア7.33相当た。
付録8イ参照。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
または,「命」。