内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第二 6:1‐33

6  ときに,預言+エリシャこう言いだした。「ご覧ください,お願いです! わたしたちあなた住んいるこの場所+は,わたしたちとっ狭苦し過ぎます+  どうか,わたしたちヨルダンまで行かせ,そこから銘々梁材取って,住む場所わたしたちためそこ造らください+」。それは,「行きなさい」と言った。  そして,あるさらに言った,「さあ,どうか,このども行っください」。そこでは,「わたし行こう」と言った。  それゆえ,[エリシャ]は彼ら行き,ついに彼らヨルダン行って,木切り倒しはじめ+  そして,ある自分梁材伐採いると,斧*+落ちある。それで,彼叫ん言いだした,「ああ,ご主人様+,それ借りものです+!」  すると,[まことの]言った,「それどこ落ちか」。それで,彼その場所示した。直ちに[エリシャ]は切り取って,それそこ投げ,斧浮かば+  そこで言った,「自分ためそれ引き上げなさい」。すぐ出して,それ取った。  ときに,シリア+は,イスラエル対する戦争加わるようなった。それゆえ,彼たち相談+言った,「しかじか場所で,お前たちわたし陣営敷く*+」。  すると,[まことの]+イスラエルもとやっ言った,「この場所通らないよう用心なさい+。そこシリア下っますから+」。 10  それで,イスラエルは[まことの]言っ場所やっ+。こうて,彼警告+で,一度ならず,そこから遠ざかった。 11  それゆえ,シリアこの激怒+で,彼たち呼び,彼ら言った,「我々属するうち,だれイスラエル味方いるか,お前たちわたし告げない+」。 12  すると,その言った,「王なるよ,だれませが,あなた寝室+れるイスラエル告げる+は,イスラエルいる預言エリシャ+です」。 13  そこで言った,「お前たち行って,彼どこいる見届けなさい。わたしやって,彼連れ来させるため+」。その後,「今,彼ドタン+ます」という報告もたらさた。 14  直ちに戦車大軍+そこ送った。彼らうち行って,その都市迫っ取り囲んだ。 15  [まことの]奉仕+早く起き立ち,外みると,何と,軍勢戦車もっその都市取り囲んた。直ちにその従者言った,「ああ,ご主人様+! 私たちどうましょか」。 16  ところが,彼は,「恐れならない+。わたしたちいるは,彼らいるより多いから+」と言った。 17  そして,エリシャ祈っ+,こう言いだした。「エホバよ,どうぞ,彼開い+,見えるようください」。直ちにエホバその従者開かで,彼見ると,見よ,山地エリシャ周囲+戦車+一杯あった。 18  彼らエリシャところ下っ来ると,彼さらにエホバ祈っ言った,「どうぞ,この国民*打っ盲目+ください」。するとエリシャ言葉通り,彼ら打っ盲目された。 19  そこでエリシャ彼ら言った,「これそのない。これその都市ない。わたし付いなさい。あなた方捜し求めるところ案内上げよう」。ところが,彼らサマリア+案内た。 20  そして,彼らサマリア着くや,エリシャこう言っある。「エホバよ,これらたち開いて,見えるようください+」。直ちにエホバ彼ら開かで,彼らが,何と,彼らサマリア真ん中た。 21  そこでイスラエルは,彼ら見るや,エリシャ言った,「我+よ,[彼らを]討ち倒しましょか。[彼らを]討ち倒しましょ+」。 22  しかし,彼言った,「[彼らを]討ち倒しなりません。自分とりこたちを,あなた討ち倒します+。彼らパン置いて,彼ら飲み食い+,そのもと行かなさい」。 23  そこで,[王]は彼らため大いなる張った。それ彼ら飲み食いしだた。その後,彼一行送り出し,彼ら自分たちところ行った。それからは,シリア略奪+再びイスラエル入らなかった。 24  そして,その後,シリアベンハダド陣営[の者]全員寄せ集め,上っ行って,サマリア攻め囲んある+ 25  そのうちに,サマリア飢きん起き+。見よ,彼らそこ攻め囲んが,ついにろば+ひとつ八十枚,はと+カブ*なった。 26  そして,イスラエル城壁通っいると,ある叫んこう言っある。「ああ,王なるよ,どうか,お救いください+!」 27  これ対して,彼言った,「もしエホバあなた救わないなら,どのような[もの]から,わたしあなた救えるだろ+。脱穀からか。それとも,ぶどう搾り場からか」。 28  次い彼女言った,「どういうか」。それ彼女言った,「このに,『あなたよこしなさい。わたしたち今日,その食べましょう。明日は,わたし食べましょ+』と言っです。 29  それで,私たちは,私+,食べまし+。それから,私日,彼女に,『あなたよこしなさい。その食べましょう』と言いました。ところが,彼女その隠しです」。 30  それで,王この言葉聞くや,直ちに自分引き裂い+ある。王城壁通っで,民見ると,見よ,その粗布着けた。 31  そしてさらに言った,「もし今日,シャファトエリシャそのまま付いいるなら,わたしそのようなさり,重ねそのようなさるよう+!」 32  ときに,エリシャ自分座っおり,年長たち*座っ+,そのとき,[王]はある自分から遣わした。その使者自分ところ着くに,[エリシャ]が年長たち言った,「あなた方は,この人殺し+わたしはね遣わしましか。気つけください。使者たらすぐ,扉閉めください。あなた方押し返さなけれなりません。彼後ろに,その足音+するではありませか」。 33  彼なお彼ら話しいるうちに,何と,使者*ところ下った。そして[王*]こう言った。「さあ,これエホバから災い+。わたしどうしてこれ以上エホバ待ち望むべき+」。

脚注

「斧頭」。字義,「鉄」。
「お前たちわたし陣営敷く」,マソ本わずか変えることよる。
または,「これら異邦人(異教徒)」。
1カブ1.22相当た。
年長長老たちも」。ヘ語,ウェハッゼケーニーム; ギ語,プレスビュテロイ使徒 15:2脚注参照。
あるいは,「王」かしれない。7:2比較。
字義,「彼は」。7:2参照。