内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第二 5:1‐27

5  さて,シリアある,ナアマン+いうは,その*大いなるなり,尊ば*た。エホバは,彼よっシリア救い*施さからある+。このは,勇敢で,力あるあっが,らい病あっ*  ときシリアは,かつて略奪+行って,イスラエルからひとり少女+捕らえた。そして彼女ナアマンた。  そのうちに,彼女その主人言っ+,「我が,サマリアいる預言+おらさえたらよかっでしょに! そうでしたら,あのらい病+治しくださるでしょう」。  後に,あるて,その報告言った,「イスラエルからこれこれこと話しまし+」。  すると,シリア言った,「出かけ行きなさい! さあ,イスラエル手紙送ろう」。そこで,[ナアマン]はタラントと,金+六千と,衣着替え+持っ+出かけ行った。  そして,彼よう述べる,イスラエルあて手紙+持った。「さて,この手紙あなたもと届く同時に,わたしまさしくわたしナアマンあなたもと送りますで,彼らい病治しくださいますように」。  そして,イスラエルその手紙読むや,直ちに自分引き裂い+,こう言っある。「わたし殺したり,生かしたり得る+あろ+。このは,あるらい病治すよう,わたしもと送っよこしいるだ。どうか,みんな,注意て,彼どのようわたしけんかしかけよういる+もらいたい」。  ときに,[まことの]エリシャは,イスラエル引き裂い+こと聞くや,すぐやって,こう言っある。「あなたどうして引き裂かですか。どうか,彼わたしもと来させ,イスラエル預言いること知らせください+」。  そこで,ナアマン戦車て,エリシャ入口立った。 10  ところが,エリシャ使者遣わし言った,「ヨルダン行っ*,あなたそこで+水浴なけれなりませ+。あなた戻り+,清くなるためです」。 11  するとナアマン憤慨+,立ち去ろ言った,「何と,わたしは,『彼わざわざわたしところて,きっと立ち,彼エホバ呼んで,その箇所前後動かして,実際らい病治すだろう』と思っ+ 12  ダマスカス+川,アバナ*ファルパルイスラエルすべて+勝っいるないか。わたしこれら水浴て,確か清くなれないだろ+」。こうて,彼巡らし,激怒+去っ行った。 13  そのとき,彼たち近寄って,彼話し言った,「我+よ,あの預言あなたこと大きなあっも,あなたそれなさるありませか。では,まして,彼あなたに,『水浴て,清くなりなさい』と言っですから,なおこと[なさっよいの]ではありませか」。 14  そこで,彼下っ行って,[まことの]言葉通り+ヨルダン浸し*。その後,彼小さな少年よう+戻り,彼清くなっ+ 15  それで,彼は,その宿営[の者]すべてに,[まことの]ところ戻り+,来て,彼立っ言った,「ご覧ください,今や,私確かに,イスラエルほか,地どこおらないこと知りまし+。それ今,どうか,このから祝福贈り物+受け取っください」。 16  ところが,彼言った,「わたしまさしくその立っいる*エホバ生きおられる+。わたし受け取りませ+」。それで,受け取るよう,彼しきり促しが,彼拒み続けた。 17  ついにナアマン言った,「もし,だめでしたら,どうか,幾らか+を,一対らばほど,この下さいますように。このもはや,エホバほか,他どんな神々焼燔捧げ物犠牲ささげること致しませから+ 18  このエホバこのお許しくださいますように。すなわち,我リモン+入って,そこでかがめるとき,彼寄り掛かり+,私リモンかがめなけれなりませ+,私リモンかがめるとき,どうか,エホバこのこのお許しくださいますよう+」。 19  そこで[エリシャ]は言った,「安心行きなさい+」。それで,彼は[エリシャ]のところから去って,かなり距離行った。 20  すると,[まことの]+エリシャ従者ゲハジ+言った,「何と,わたし主人*は,このシリアナアマン+持っものそのから受け取らないで,彼大目だ。エホバ生きおられる+。わたし追いかけ行き,彼からもらうことよう+」。 21  こうて,ゲハジナアマン追っ行った。ナアマンだれ自分追いかけ来る見ると,すぐ兵車から降り迎え,それから,「万事うまくいっます+」と言った。 22  それ対し言った,「万事うまくいっます。わたし主人+わたしよこし+こう言いました。『ご覧なさい,たっ今,エフライム山地から,預言ところから若者が,わたしもとやっまし+。どうぞ,彼らぜひタラント*と,衣着替えやっください+』」。 23  するとナアマン言った,「さあ,どうか,二タラント取っください」。こうて,しきり促し+,ついに二つ入れタラント結わえて,衣着替え一緒し,二従者それ渡した。彼らが[ゲハジ]の立っそれ運ぶためあった。 24  彼オフェル*来ると,直ちに彼らからそれ取っ置き+,それら送り返した。それで,彼ら去っ行った。 25  そして入って,その主人傍ら立っ+。そこでエリシャ言った,「ゲハジよ,どこから[来か]」。しかし言った,「この全然どこ行きませでし+」。 26  そこで,[エリシャ]は言った,「丁度,あの振り返っ兵車から[降りて]あなた迎えとき,わたし一緒行かなかっあろか。今受けたり,衣受けたり,オリーブぶどう園,羊牛,下男はしためを[受けたりする]時あろ+ 27  それゆえ,ナアマンらい病+定めないまでも,あなたあなた子孫まとい付くあろ+」。直ちには[エリシャ]のから,雪よう白いらい病なっ+,出行った。

脚注

「その主人)」。ヘ語,アドーナーウ。アードーン複数で,卓越表わす。
「尊ばて」。字義,「顔持ち上げられて」。
または,「救助; 救出」。
または,「皮膚打たた」。聖書らい病いうは,今日,医学ハンセン呼ばいるもの含まいる。
または,「行くことなされるように」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
「アバナ」,マソ本,七十訳,ウル訳; マソ本欄外,タル,シリ訳,「アマナ」。
「身浸した」。または,「潜っ」。ヘ語,ワイイトボール; ギ語,エバプティサト(「バプテスマ施す」を意味するバプティゾー変化形)。
または,「わたし仕えいる」。
または,「わたし」。ヘ語,アドーニー。
1タラント重さ34.2㌔。
「膨らみ; 隆起; 突起; 高所」の意。サマリア位置た。