内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第二 4:1‐44

4  さて,預言+あるて,エリシャ叫ん言った,「あなたある死にました。あなたよくご存じように,あなたこのエホバ絶え恐れおりまし+,債権+子供取っ自分奴隷ようおります」。  そこで,エリシャ彼女言った,「あなたためましょ+。あなたあるか,言いなさい」。それ対し彼女言った,「このはしためは,口付い油つぼひとつほか,家全くありませ+」。  すると,彼言った,「行って,自分ためから,あなた人々みんなから求めなさい。空を。少しばかりなりません。  そして,あなた行って,あなたあなた後ろ閉じ,それらすべて注がなけれなりません。一杯なっものわき置くべきです」。  そこですぐ,彼女もとから去っ行った。 彼女自分その後ろ閉じると,彼ら彼女そばに[器]を持っで,彼女注ぐあっ+  そして,器一杯なると,彼女そのに,「ぜひ,もっとほかわたしそば持っなさい+」と言った。しかし,その彼女に,「もうほかありません」と言った。すると,油止まっ+  そこで,彼女が[まことの]ところ告げると,彼言った,「行って,その売り,あなた負債払い終えなさい+。あなた[と]あなたは,その残っいるもの生きゆけるでしょ+」。  そして,ある日,エリシャシュネム+向かっ進んところ,そこひとり著名て,彼女強いて+パン食べさせはじめある。こうて,彼通りかかるに,そこ寄って,パン食べるようなった。  ついに彼女言っ+,「お願いです,いつも私たちところ通るは,なる+あることを,私よく知っおります。 10  ぜひ,壁小さい屋上+造り,寝いすいす燭台+あのためそこ置きましょう。そうすれば,あの私たちところられるときいつも,必ずそこお寄りなれるです+」。 11  そして,ある日,いつもようそこて,その屋上寄り,そこでなっある。 12  それで,彼その従者ゲハジ+言った,「ここシュネム+呼びなさい」。そこで,彼は[エリシャ]の立つよう彼女呼んだ。 13  すると,[エリシャ]は言った,「どうか,彼女こう言っもらいたい。『ご覧なさい,あなたわたしたちために,このすべて制約もっ自ら制約まし+。あなたためなされるべきことあります+。あなたために,王+か,それ+話すべきことありますか』」。それ対し彼女言った,「私住んおります+」。 14  次い言った,「では,彼女ためなされるべきことあるか」。するとゲハジ言った,「実は,彼女息子なく+,それ彼女取っます」。 15  直ちに[エリシャ]は言った,「彼女呼びなさい」。それで,彼女呼ぶと,彼女入口ところずっ立った。 16  すると,[エリシャ]は言った,「来年この定められ*,あなた抱いいることでしょ+」。しかし彼女言った,「いいえ,ご主人様,[まことの]よ,このはしため関連うそおっしゃらないください」。 17  ところが,この身ごもり,エリシャ彼女話し通り+,翌年その定められ出産+ 18  そして,その子供成長いっが,ある日,刈り入れたち+いるところに,いつもよう行っある。 19  すると,その父親に,「僕が,僕+!」としきり言った。ついに父親従者に,「この母親ところ抱い行っくれ+」と言った。 20  そこで,彼その抱いて,母親ところ連れ行った。そして,その正午まで母親ひざ座っが,とうとう死ん+ 21  それ彼女上っ行って,[まことの]+いす+その寝かせ,そのまま閉じた。 22  そこで彼女呼ん言った,「どうか,従者と,雌ろばを,ぜひよこしください。[まことの]ところまで走っ行き,帰っ来さください+」。 23  しかし,彼言った,「どうして,今日,あのところ行くか。新月+も,安息ないに」。ところ彼女は,「それでもよろしいです」と言った。 24  そこで,彼女雌ろば置き+,従者こう言った。「これ駆って,進ん行きなさい。わたしあなた言わない限り,わたしため乗り進む差し控えなりません」。 25  こうて,彼女出掛け,カルメルの[まことの]ところ行った。そして,[まことの]ずっから彼女見ると,直ちに従者ゲハジこう言っある+。「ご覧,あのシュネム向こういる。 26  さあ,どうか,走っ行って,彼女迎え,『あなた無事ですか。あなた無事ですか。子供無事ですか』と言っもらいたい」。これ対し彼女は,「無事です」と言った。 27  彼女いる[まことの]ところ来ると,すぐすがり付い+。そこで,ゲハジ彼女押しのけよう近づい+,[まことの]+言った,「彼女構わないおきなさい+。彼女その苦しんいる+。エホバそれわたし隠し+,お告げならないだ」。 28  そこで彼女言った,「私通し息子求めでしょか。『私誤っ希望導かませように』と申し上げませでし+」。 29  彼直ちにゲハジ言っ+,「腰からげ+,手わたし+持っ行きなさい。もしだれ出会っも,あいさつならない+。また,だれあなたあいさつする場合も,答えならない。そして,あなた少年わたし置かなけれならない+」。 30  ここおいて,その少年母親言った,「エホバ生きおら+,あなた生きます+。私あなた離れませ+」。そこで立って,彼女*行った。 31  ときに,ゲハジ彼らより進ん行って,その少年置いが,何も,注意払うようことなかっ+。それで,彼戻って[エリシャ]に会い,彼告げて,「少年覚ましませでし+」と言った。 32  ついにエリシャその入ると,見よ,その少年死んおり,彼いす横たわっ+ 33  そこで入り,自分たち後ろ閉じ+,エホバ祈りはじめ+ 34  ついに上っ行って,その子供伏し+,自分そのに,自分そのに,自分たなごころそのたなごころ当てて,そのかがめいると,その子供肉体しだい暖かくなった。 35  それから再びで,一度こちらへ,また一度そちら歩きはじめ,その後,上っ行き,そのかがめた。すると,少年くしゃみ*,その後,少年開い+ 36  そこでゲハジ呼んで,「ここシュネム+呼びなさい」と言った。それ彼女呼ぶと,彼女は[エリシャ]のところた。そこでは,「あなた抱き上げなさい+」と言った。 37  そこで彼女入って,彼足もとひれ伏し,地伏しかがめ+,その後,その抱き上げて,出行っ+ 38  それから,エリシャギルガル*+帰ると,その飢きん+あった。預言+座っ+,やがて従者言っ+,「大きな料理なべ掛け,預言ため煮物なさい+」。 39  それゆえ,あるあおい+摘み行き,野生つる草見つけて,その[つる]から野生うりを,自分一杯摘み,それからて,それら薄く切っ煮物なべに[入れた]。彼らそれよく知らなかっからある。 40  後に,彼ら人々食べるよう,それ注ぎ出した。そして,彼らその煮物食べるや,叫んで,「[まことの]+よ,なべ入っます+」と言いだした。それ彼ら食べることできなかった。 41  そこで[エリシャ]は,「では,麦粉取っなさい」と言った。彼それなべ投げ入れ後,さらにこう言った。「人々ため注ぎ出して,彼ら食べさせなさい」。すると,なべ有害なくなっ+ 42  ときに,バアルシャリシャ+からて,熟し初物+パン,すなわち大麦パン+二十と,パン入っ新しい穀物を[まことの]もと持っ+。すると,彼言った,「人々与え食べさせなさい+」。 43  ところが,その給仕言った,「どのようこれ人々供えるです+」。これ対し言った,「民与え食べさせなさい。エホバこのよう言わからある。『食べて,なお余るあろ*+』」。 44  そこでそれ彼ら供えで,彼ら食べだしが,エホバ言葉通り,なお余っ+

脚注

「来年この定められに」。創 18:10脚注比較。
または,「彼女から」。ヘブライは,「彼女一緒に」と言う代わりに,「彼女後ろから; 彼女から」と言う場合少なくなかった。
または,「まばたきて」。
2:1,「ギルガル」の脚注参照。
「食べて,なお余るあろう」。ヘブライこれら二つ動詞いずれ不定詞独立で,時関し不定で,非人称。