内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第二 25:1‐30

25  そして,彼あっ+,第月,その+に,バビロンネブカドネザル+は,しかもその軍勢エルサレム攻め+,これ向かっ陣営張り,これ向かっ周囲攻囲築きはじめある+  そして,都ゼデキヤ十一至るまで包囲状態あった。  第[四]の*+,市飢きん+ひどくなり,このためパンなくなっ+  そして,都ついに破ら+,戦人みなうちに,王+傍らある城壁から[逃げた]*。一方,カルデア+この囲んた。そこで[王]*アラバ+行きはじめ+  それで,カルデア+軍勢追っ行き,エリコ砂漠平原+これ追いつい+。彼軍勢皆,そのそばから散った。  そこで彼ら捕らえ+,リブラ+いるバビロンところ連れ上った。彼司法決定下すためあった。  そして,ゼデキヤその打ち殺し+。また,[王]はゼデキヤ盲目+,その後,彼足かせ+掛けバビロン+連れ行った。  そして,第月,その七[日],それすなわちバビロン王,ネブカドネザル十九+あっが,バビロン僕,護衛ネブザラダン+エルサレム+  そして,彼エホバ++エルサレムすべて+焼いた。すべて大いなる*焼い+ 10  また,護衛カルデア軍勢は,エルサレム城壁周り至る所取り壊し+ 11  そして,護衛ネブザラダンは,市残さ残り+と,バビロン投じ*脱走たちと,残り群衆流刑処し+ 12  ただし,護衛は,この立場低いたち+一部ぶどう栽培強制労働残し+ 13  また,カルデアは,エホバあっ+と,エホバあっ運び台++粉々砕いて,そのバビロン+運ん行った。 14  また,缶,シャベル,明かり消し,杯,および奉仕するため用いすべて器具+奪った。 15  また,護衛純粋+でき火取り鉢,および純粋+できもの奪った。 16  ソロモンエホバため造っ柱,一つ海,運び台,これらすべて器具重さ量りきれなかっ+ 17  各々高さ十八キュビト+で,その柱頭できおり,柱頭+高さ*キュビトあり,柱頭周囲細工ざくろ+,それみなで,二も,網細工ある同様ものあった。 18  その上,護衛祭司*セラヤ+次位祭司ゼパニヤ*+入口守る+捕らえ, 19  戦人指揮廷臣と,市内見つけられた,王接することできるたちうち*と,この召集するある,軍書記と,市内見つけられこのうち六十から捕らえ行っ+ 20  護衛ネブザラダン+彼ら捕らえ+,リブラ+いるバビロンところ連れ行った。 21  そして,バビロンハマト+リブラ彼ら討ち倒し+,彼ら殺した。こうユダそのから流刑なっ去っ行っ+ 22  バビロンネブカドネザル残した,ユダ残さ+ついは,彼すぐシャファン+アヒカム+ゲダリヤ*+任じ彼らつかさどらた。 23  軍勢すべて+,彼らその部下たちは,バビロンゲダリヤ任じこと聞くや,直ちにミツパ+いるゲダリヤもとた。すなわち,ネタヌヤイシュマエル,カレアハヨハナン,ネトファタヌフメトセラヤ,マアカトヤアザヌヤ*,これらその部下たちあった。 24  そこでゲダリヤ彼らその部下誓っ+,こう言った。「カルデア僕[となること]を恐れならない。この住んで,バビロン仕えなさい。そうすれば,あなた方とっ物事順調行くあろ+」。 25  ところが,第+に,王族子孫エリシャマネタヌヤイシュマエル+は,十部下やって,ゲダリヤ討ち倒し+,彼死んある。また,ミツパ+ユダヤカルデアたちも[殺した]。 26  その後,民皆,小さいから大きいまで,また軍勢たちも,立っエジプト+行った。彼らカルデアゆえに恐れからある+ 27  そして,ユダエホヤキン+流刑三十七目,第十二月,その二十七なって,バビロンエビルメロダク+は,自分なっそのに,ユダエホヤキン+留置から上げ, 28  彼良いこと語りはじめ,そのバビロンたちより高く+ 29  こうて,彼その獄衣脱ぎ+,その一生いつも[王]のパン+食べた。 30  彼支給+ついは,その一生間,支給日々*いつもから与えられた。

脚注

エレ 52:6では「第月」; マソ本,「月」。
「逃げた」,シリ訳およびエレ 52:7一致て; マソ本省いいる。
「彼」,マソ本; ウル訳,「ゼデキヤ」; シリ訳,幾つヘブライ写本,およびエレ 52:7,「彼ら」。
または,「すべて大いなる家」。
または,「のもと脱走た」。字義,「に倒れた」。
「三」,マソ本; タルラガルド,「五」,エレ 52:22同じ。
字義,「たる祭司」。ヘ語,コーヘーン ハーローシュ; 七十訳,ウル訳,「第祭司」; シリ訳,「祭司長」。
「エホバ隠して[または,蓄えて]くださった」の意。ヘ語,ツェファンヤーフー。
字義,「王見るたちうちの」。
「偉大なり,エホバ」の意。ヘ語,ゲダルヤーフー。
ヤアザヌヤ」。ヘ語,ウェヤアザンヤーフー,「エホバ向けくださる」の意。
「日々て」。字義,「一日そのに」。