内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第二 22:1-20

22  ヨシヤ+は治めはじめたとき,八歳で,エルサレムで三十一年間治めた。そして,彼の母の名はエディダといって,ボツカト+出身のアダヤの娘であった。  そして彼はエホバの目に正しいことを行ない+,その父祖ダビデのすべての道に歩んで+,右にも左にもそれなかった+  そして,ヨシヤの第十八年に,王はメシュラムの子アツァルヤの子である書記官*シャファン+をエホバの家に遣わして,こう言ったのである。  「大祭司*+ヒルキヤ*+のもとに上って行き,エホバの家+に運ばれて来る金+,すなわち入口を守る者たち+が民から集めたものを彼に総計させ*  また,彼らにそれを,エホバの家で仕事をする者たち+,すなわち任じられた者たちの手に渡させなさい。彼らがそれを,エホバの家にいて仕事をする者たちに渡して,その家の裂け目を修理させるため+  すなわち職人,建築者,石工に[渡して],材木や切り石を買って家を修理させるためである+  ただし,彼らの手に渡される金については彼らと共に勘定をしてはならない+。彼らは忠実に+働いているからである」。  後に,大祭司*ヒルキヤ+は書記官+シャファン+に,「律法の書+を,わたしはエホバの家で見つけました」と言った。それでヒルキヤがその書物をシャファンに渡すと,彼はそれを読みだした。  それから,書記官シャファンは王のもとに入って行って,王に返答して言った,「あなたの僕たちはあの家に見いだされる金を出して,それをエホバの家で仕事をする者たち,すなわち任じられた者たちの手に渡しております+」。 10  そして書記官シャファンはまた王に告げて言った,「祭司ヒルキヤが私に渡したひとつの書物+があります」。そして,シャファンは王の前でそれを読みはじめた。 11  そして,王は律法の書の言葉を聞くや,直ちにその衣を引き裂いたのである+ 12  それから,王は祭司ヒルキヤ,シャファンの子アヒカム+,ミカヤの子アクボル,書記官シャファン,王の僕アサヤ+に命じて言った, 13  「行って,この見つかった書物の言葉について,わたしのため,民のため,ユダ全体のためにエホバに伺いなさい+。わたしたちの父祖+が,すべてわたしたちに関して記されているところにしたがって行なわず,この書物の言葉に聴き従おうとはしなかったために+,わたしたちに対して燃え立たされたエホバの激怒+は大きいからです」。 14  そこで,祭司ヒルキヤ,アヒカム,アクボル,シャファン,アサヤは,ハルハスの子ティクワの子で,衣の世話係+であるシャルムの妻,女預言者+フルダのもとに行った。そのとき,彼女はエルサレムで第二地区に住んでいた。こうして彼らは彼女に話した+ 15  すると,彼女は彼らに言った,「イスラエルのエホバはこのように言われました+。『あなた方をわたしのもとに遣わした人に言いなさい, 16  「エホバはこのように言われた。『見よ,わたしはこの場所とその住民+の上に災い+を,すなわちユダの王が読んだ+あの書物のすべての言葉+をもたらすことにする。 17  それは,彼らがわたしを捨て,彼らのすべての手の業+でわたしを怒らせようとして,ほかの神々のために犠牲の煙を立ち上らせたためである+。わたしの激怒はこの場所に対して燃え立たされており,消されることはない+』」』。 18  ただし,エホバに伺うために,あなた方を遣わしておられるユダの王については,あなた方は彼にこのように言わなければなりません。『イスラエルのエホバはこのように言われました。「あなたが聞いた言葉に関しては+ 19  あなたの心+が柔らかで,わたしがこの場所とその住民に向かって,[それが*]驚くべきものとなり,呪い+となると語ったのを聞くと,あなたはエホバのゆえにへりくだり+,自分の衣を引き裂いて+,わたしの前に泣きだしたので,このわたしもまた聞いた」と,エホバはお告げになる+ 20  「そのような訳で,見よ,わたしはあなたをあなたの父祖たちのもとに集めることにしよう+。あなたは必ず安らかに自分の墓地*に集められ+,あなたの目は,わたしがこの場所にもたらそうとしているすべての災いを見ないであろう」』」。こうして彼らはこの返事を王に持ち帰った。

脚注

または,「書記」。ヘ語,ハッソーフェール
字義,「大いなる祭司」,マソ本,七十訳,ウル訳。12:10脚注参照。
「わたし受け分エホバ」の意。ヘ語,ヒルキーヤーフー。
「総計せ」,マソ本; タル,「注ぎ出させ」。
字義,「大いなる祭司」,マソ本,七十訳; ラ語,ポンティフェクス。
または,「[それらが]」。
字義,「埋葬所」(複)。