内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第二 21:1‐26

21  マナセ治めはじめき,十二+,エルサレム五十五治めた。そして,彼ヘフジバいった。  そしては,エホバイスラエルから追い払わ国民忌むべきことならっ+,エホバ悪いこと行なっ+  それは,そのヒゼキヤ打ち壊し高き所再び築き+,イスラエルアハブ+ように,バアルため祭壇立て,聖木造った。そして,天全軍+かがめ+,これ仕え*はじめ+  また,彼エホバ祭壇築い+,その関しエホバかつて,「エルサレムわたし置く+」と言わある。  さらにエホバ二つ中庭+全軍ため祭壇築い+  そして,彼自分息子通ら+,魔術行ない+,兆し求め,霊媒+出来事職業予告たち+任じた。彼エホバ悪いこと規模行なって,[]を怒らせた。  その上,彼自分造っ聖木彫刻+を,エホバかつてダビデそのソロモンよう言わその+置いた。「このに,またイスラエル部族うちから選んエルサレムに,わたし定めないまでわたし置くあろ+  そして彼らが,すべてわたし命じことしたがって,すなわちわたしモーセ彼ら命じすべて律法関して,注意深く行ないさえするなら+,わたしと,彼ら父祖たち与え土地からイスラエルさまよわないあろ+」。  けれども彼ら聴き入れ+,かえってマナセは,エホバイスラエルから滅ぼし尽くさ国民+勝っ悪いこと+行なうよう彼らたぶらかし続けた。 10  それエホバそのある預言たち+通し語り続け,こう言わた。 11  「ユダマナセ+これら忌むべき+こと行なっゆえに,彼よりアモリ+行なっすべてこと勝っ邪悪こと行ない,さらにその糞像ユダまでおかさ+ 12  そのようで,イスラエルエホバこのよう言わた。『見よ,わたしエルサレム+ユダ災いもたらすことする。それついだれ聞くなら,両耳鳴るあろ+ 13  そしてわたしは,サマリア+使用測り綱+と,アハブ+使用水準エルサレム必ず伸ばすあろう。そして,人ないすっかりぬぐい,それすっかりぬぐって,ひっくり返す*よう+,わたしまさしくエルサレムぬぐい去るあろ+ 14  また,わたし本当わたし相続+残り+捨て去り,彼らその渡し,彼らそのすべてとっまさしく強奪なり,略奪なるあろ+ 15  それは,彼ら父祖たちエジプトから今日至るまで,彼らわたし悪いこと行ない,わたし絶え怒らせからある+』」。 16  そしてまた,マナセエホバ悪いこと行なっユダおかさそのほかに,ついにエルサレムからまで*満たすほど,彼おびしく流し+ない[者の]血あっ+ 17  マナセその他事績,彼行なっすべてこと,およびおかしは,ユダたち時代事績+記さいるないか。 18  ついにマナセその父祖たち横たわり+,その園,ウザ+葬らた。そのアモン代わっ治めはじめた。 19  アモン+治めはじめき,二十二で,エルサレム+治めた。そしてメシュレメトいって,ヨトバ出身ハルツあった。 20  そして,彼そのマナセ行なっように,エホバ悪いこと行ない続け+ 21  そしてその歩んすべて歩み続け+,その仕え糞像+絶え仕え,これかがめた。 22  こうて,彼その父祖たちエホバ捨て+,エホバ歩まなかっ+ 23  ついにアモンたち対し陰謀企て,王その殺し+ 24  しかし,このアモン対し陰謀企てたち+みな討ち倒した。それから,このそのヨシヤ+代わりた。 25  アモンその他事績,彼行なっことは,ユダたち時代事績+記さいるないか。 26  それで,人々*ウザ+ある葬った。そのヨシヤ+代わっ治めはじめた。

脚注

または,「を崇拝(に神聖奉仕ささげ)」。ヘ語,ワイヤアヴォード
字義,「その返す」。
字義,「口[から]口まで」。10:21脚注比較。
「人々(彼ら)」,タルラガルド,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「人(彼)」。