内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

列王第二 19:1‐37

19  こうて,ヒゼキヤ+は[それを]聞くと,すぐ自分引き裂き+,粗布+覆い,エホバ+入った。  さらには,家たちつかさどるエリヤキム+,書記シェブナ+,および祭司年長たち粗布まとわて,アモツ+子,預言イザヤ*+もと遣わした。  そこで,彼は[イザヤ]に言った,「ヒゼキヤこのよう言わました。『この苦難+と,叱責+と,侮べつ満ち不遜+です。子まで+,産むないからです+  恐らく,あなたエホバラブシャケすべて言葉聞かれるでしょ+。その主,アッシリアが,生ける嘲弄する+ため遣わしです。あなたエホバは,ご自分聞い言葉対し実際責任問われるでしょ+。それで,あなた見いだされる残り+ため祈りささげなけれなりませ+』」。  それで,ヒゼキヤたちイザヤもとやっ+  するとイザヤ言った,「あなた方あなた方このよう言うべきです。『エホバこのよう言わ+。「アッシリア従者たちわたしことあしざま語った,あなた聞いその言葉+ゆえに恐れならない+  見よ,わたしうちひとつ+置き,彼必ずあるうわさ聞い+,自分土地帰る。わたし必ず自分土地よっ倒れせるあろ+」』」。  その,ラブシャケ+帰って,アッシリアリブナ+戦っいるた。彼は[王]がラキシュ+から引き揚げこと聞いからあった。  彼エチオピア*ティルハカ関して,「見よ,彼あなた戦うためた」と言う聞いた。それゆえ,彼再びヒゼキヤ使者たち遣わし+こう言った。 10  「お前たちユダヒゼキヤこのよう言うべきある。『お前信頼いるお前が,「エルサレム+アッシリア渡されることない+」と言って,お前欺くことあっならない+ 11  見よ,お前は,アッシリアたちすべて滅びためささげ行なっこと+聞いた。それでも,お前救い出されるいう+ 12  わたしたち滅び陥れ国民神々+彼ら,すなわちゴザン+,ハラン+,レツェフ,およびテルアサル+エデン+救い出しか。 13  ハマト+,アルパド+王,およびセファルワイム,ヘナ,イワ+都市王 ― それどこいるか』」。 14  そこで,ヒゼキヤ使たちからその手紙受け取り,それ読ん+。その後,ヒゼキヤエホバ上っ行き,それエホバ広げ+ 15  そして,ヒゼキヤエホバ祈りはじめて+言った,「ケルブたち座しおられる+,イスラエルエホバ+よ,ただあなただけが,地すべて王国+の[まことの]です+。あなた++造らました。 16  エホバよ,耳傾けて,聞いください+。エホバよ,目開い+,ご覧ください。生ける*嘲弄する+ため言っよこしセナケリブ言葉お聞きください。 17  エホバよ,アッシリアたち国民その荒れ廃れさせ事実です+ 18  そして,彼その神々投じました。それらなく*+,人+,木だっからです。ですから,彼らそれ滅ぼしです。 19  それ,私たちエホバ+,どうか,彼から私たち救っください+。地すべて王国が,エホバよ,あなただけあること知るためです+」。 20  そして,アモツイザヤヒゼキヤところやっ言った,「イスラエルエホバこのよう言わ+。『あなたアッシリアセナケリブ関しわたし祈り+を,わたし聞い+ 21  これエホバ向かっ語ら言葉ある。 「シオン処女なるあなたさげすみ+,彼女あなたあざ笑っ+あなた後ろエルサレム+その振っ+ 22  あなただれ+,あしざま言っ+そして,だれ向かっ上げ+また,目高い上げる+それイスラエルなる向かっ+ 23  あなた使たち+よっエホバ*嘲弄た。そして言う+『おびただしい戦車率い*,このわたし+わたし必ず山地高い上るあろ+レバノン最果て+そして,その高くそびえる+,そのえり抜きねず+切り倒すあろう。また,わたしその最終宿り場,その果樹森林入る+ 24  わたし掘って,よそ飲み,わたしエジプトすべてナイル運河干上がらせるあろ+』。 25  あなたなかっ+。遠い時代から,それわたし行なうことある+から,わたしそれ形造りさえ+今,わたしそれもたらす+そして,あなた防備施さ都市荒廃廃虚する役立つあろ+ 26  そして,その弱々しいものなり+ただおびえるばかりで,恥じるようなる+彼ら必ず草本柔らかい青草よう+東風立ち枯れあるとき+,屋根+[のように]なる。 27  そして,あなた座るも,あなた行く+入っ来るも,わたしよく知っいる+また,あなたわたし向かっ奮い立つ+ 28  あなたわたしかっ奮い立ち+,あなたわめき[声]が,わたし入っから+それで,わたし必ずあなたを,あなたくつわ付け+あなたその通って,確かあなた連れ戻すあろ+」。 29  「『そして,これあなたするしるしなるあろ+。すなわち,今年こぼれ種から生えもの+,二独りでに出す穀物食べることなる*。しかしは,あなた方まき+,刈り取り,ぶどう設けて,その食べよ+ 30  そして,ユダ逃れるたち,残っいるたち+必ず張り,上産み出すあろ+ 31  エルサレムから+,逃れるたちシオンから行くからある+。万軍エホバ*熱心+これ行なうある。 32  「『それゆえに,エホバアッシリア+関しこのよう言わた。「彼この都市入ることない+。また,そこで射ること+,盾もっこれ立ち向かうことも,これ向かっ攻囲塁壁盛り上げることない+ 33  彼自分通っ帰っ行き,この都市入ることないと,エホバお告げなる+ 34  そして,わたしため+,またわたしダビデため+必ずこの都市防御+,これ救うあろう」』」。 35  こうて,その,エホバ使い行き,アッシリア+陣営+十八万五千討ち倒しある。人々朝早く起きみると,何と,彼らみな死がいなっ+ 36  それゆえ,アッシリアセナケリブ+引き揚げ行き,帰っ+,ニネベ+住むようなった。 37  そして,彼その*+ニスロク+かがめとき,その*,アドラメレクシャルエツェル討ち倒し+,彼ら自身アララト*+逃げある。そして,そのエサルハドン+代わっ治めはじめた。

脚注

「エホバ救い」の意。ヘ語,エシャエヤーフー; 七十訳,ウル訳,「エサイアス」。
「エチオピア(人)」,七十訳,ウル訳; ヘ語,クーシュ。
「生ける神」。ヘ語,エローヒーム(複数形)のに,「生ける」という意味単数形容詞ハーイ続いいる; 4同様。
または,「神々なく」。ヘ語,ロー エローヒーム; 七十訳,ウル訳,「神々なく」。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
「おびただしい……を率いて」,マソ本欄外,七十訳,シリ訳,ウル訳,およびイザ 37:24
「食べることなる」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
「万軍エホバ」,マソ本欄外,七十訳,シリ訳,ウル訳,多くヘブライ写本,およびイザ 37:32。マソ本この箇所は,「万軍の」という言葉対する母音符号あるが,子音ない。ケレー(読み方)であって,ケティーブ(書かもの)でない。
「その」。ヘ語,エローハーウ。エローアハ複数で,卓越表わすために,偽りニスロク用いられいる。
「その子」,マソ本欄外,七十訳,シリ訳,ウル訳,多くヘブライ写本,およびイザ 37:38。ケレー(読み方)であって,ケティーブ(書かもの)でない。31脚注参照。
「アララト」,マソ本,七十訳,シリ訳; ウル訳,「アルメニア人」。