内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第二 17:1‐41

17  ユダアハズ十二に,エラホシェア+サマリア+イスラエルなっ間[治めた]。  けれども,彼エホバ悪いこと行ない続けた。ただ,彼よりイスラエルたちようなかっ+  彼ところアッシリア+シャルマネセル+攻め上っで,ホシェアそのなって,彼貢ぎ+納めはじめた。  ところが,アッシリアホシェア陰謀+見つけた。それエジプト使者遣わし+,アッシリア以前年々よう貢ぎ運び上らなかっからある。ゆえに,アッシリア閉じ込め,留置縛っおい+  こうアッシリアこの全土攻め上り,サマリア上って,三これ包囲+  ホシェアに,アッシリアサマリア+攻め取り,イスラエルアッシリア流刑処し+,彼らハラハ+と,ゴザン+ほとりハボルと,メディア+都市住また。  それで,こうなっは,イスラエルが,エジプト+ファラオから,エジプトから彼ら連れ上った,彼らエホバ対しおかし+,ほか神々恐れるようなり+  エホバイスラエルから追い払わ国民法令+や,イスラエルたち作った[法令]にしたがって歩み続けからある。  イスラエルは,彼らエホバ向かっ正しくない探るようなり+,見張り+から防備施さ都市至るまで,彼らすべて都市自ら高き所築き続け+ 10  また,彼らすべて高い+や,すべて生い茂っ+自分たちため聖柱+聖木+立て続けた。 11  また,エホバ彼らゆえに捕らえ流刑処し国民同様,そこ,すなわちすべて高き所で,彼ら犠牲立ち上ら+,悪い行なっエホバ怒らせ+ 12  こうて,彼ら糞像+仕え続け*。それついエホバかつて彼らに,「あなた方このようならない+」と言わある。 13  また,エホバご自分すべて預言+[と]幻見る+すべて通して,イスラエル+ユダ+警告続け+こう言わた。「あなた方悪いから立ち返り+,わたしあなた方父祖たち命じ+,またわたしある預言たち通し+あなた方伝えすべて律法+したがって,わたしおきて+,わたし法令+守りなさい」。 14  それでも彼ら聴かず,かえって自分たちエホバ信仰働かなかっ+彼ら父祖たちうなじように,自分たちうなじ固く続け+ 15  そして彼らは[]の規定と,彼ら父祖たち結ばその契約+と,それもっ彼ら警告その諭し*+退け続け,またむなしい偶像+従っ行き,自分たちむなしいものなり+,そのよう行なっならないエホバ彼らお命じなった,周囲いる国民倣うこと+さえ[した]。 16  また,彼ら自分たちエホバすべておきて+捨てて,自分たちため鋳物+,二子牛+造り,聖木+造り,さらに全軍+かがめ,バアル+仕えはじめた。 17  また,自分たち息子たち通ら+,占い行ない+,兆し求め+,身売っ+エホバ悪いこと行なっは,[]を怒らせ+ 18  それゆえ,エホバイスラエル対し大いにいきり立ち+,彼らみ前から除か+。ただユダ部族ほかだれ残さなかっ+ 19  ユダさえも,彼らエホバおきて守ら+,イスラエル作っ法令したがって歩むようなっ+ 20  それゆえ,エホバイスラエルすべて*退け+,彼ら苦しめ,略奪たち渡して,ついに彼らご自分から捨て去ら+ 21  それは,[]がイスラエルダビデから裂き取られ,人々ネバトヤラベアムからある。次いヤラベアム+イスラエルエホバ従うことから引き離し,彼ら大いなるおかさ+ 22  そしてイスラエルは,ヤラベアム行なっすべてしたがって歩むようなっ+。彼らそれ離れず, 23  ついにエホバは,そのあるすべて預言通し通り+,イスラエルみ前から除か+。こうて,イスラエル自分土地去っアッシリア流刑なり,今日至っいる+ 24  その後,アッシリアバビロン+,クタ,アワ+,ハマト+およびセファルワイム+から*[人々を]連れて,イスラエル代わりサマリア都市+住また。それ彼らサマリア入れ,その都市住むようなった。 25  けれども,彼らそこ住み始めころ,エホバ恐れなかっある+。それゆえ,エホバ彼らうちライオン+送り,それ彼らうちで[人を]殺すものなった。 26  そこで彼らアッシリア伝言言った,「あなた捕らえ流刑処し,サマリア都市住み着か諸国は,この*宗教*知りませで,その[]は彼らうちライオン送っます+。ご覧なさい,それ彼ら殺します。それは,この宗教知っいるないからです」。 27  そこで,アッシリア命じ言った,「あなた方そこから流刑処し祭司+そこ行かなさい。行かて,そこ住ませ,その宗教教えさせなさい」。 28  それで,彼らサマリアから流刑処し祭司て,ベテル+住むようなり,どのようエホバ恐れるべき+つい彼ら教えるなった。 29  ところが,それぞれ国民は,銘々自分たち*造るなっ+,それサマリア*造っ高き所置き,それぞれ国民*,自分たち住んいる都市で[そのようた]。 30  そしてバビロン人々は,スコトベノト造り,クト+人々ネルガル造り,ハマト人々アシマ造った。 31  アワ+は,ニブハズタルタク造った。セファルワイム+セファルワイム神々アドラメレクアナメレクため自分たち焼くあっ+ 32  また,彼らエホバ恐れるなり,自分たちため一般から高き所祭司たち+任じ,それら彼らため高き所職務行なうなった。 33  彼らエホバ恐れる+なっものの,人々彼らそのから流刑処し+国民宗教したがって,自分たち神々崇拝する+なった。 34  今日至るまで,彼ら自分たち以前宗教したがって行なっいる+。エホバ恐れる+,その*法令司法定め+,およびエホバそのイスラエル+ヤコブ+命じられ律法+おきて+したがって行なうなかった。 35  かつて,エホバ彼ら契約結び+,彼ら命じ言わた,「あなた方ほか神々恐れならない+。また,これかがめも,これ仕え*も,これ犠牲ささげならない+ 36  ただ,大いなる差し伸べもっ+,あなた方エジプトから連れ上っエホバこそ,あなた方恐れるべき[]であり+,これかがめ+,これ犠牲ささげるべきある+ 37  また,この[]があなた方ため書き記し+規定+と,司法定め+と,律法と,おきて必ず行なうべきある+。あなた方ほか神々恐れならない。 38  また,わたしあなた方結ん契約忘れならない+。あなた方ほか神々恐れならない+ 39  ただ,あなた方エホバ+恐れるべきある。このこそ,すべてからあなた方救い出す[]だからある+」。 40  それでも,彼ら従わず,かえって彼ら以前宗教したがって行なっ+ 41  こうて,これら諸国エホバ恐れるなっ+,彼ら仕えは,自分たち彫像あった。そのも,孫たちに,その父祖たち行なっ通りに,今日至るまで行なっいる。

脚注

または,「こうて,彼らは……に神聖奉仕ささげ(を崇拝)続けた」。ヘ語,ワイヤアヴドゥー; ギ語,エラトレウサン出 3:12脚注参照。
または,「その証」。
または,「子孫; 後裔」。
バビロン……から」,七十訳,ウル訳; ヘ語,ミッバーヴェル,「バベル……から」。
「の神」。ヘ語,エローヘー; ギ語,テウー; ラ語,デイー。
字義,「裁き; 司法定め」。ヘ語,ミシュパト; ギ語,クリマ; ラ語,レーギティマ。
「自分たちの(その)[または,神々]」。ヘ語,エローハーウ; ギ語,テウース,複数形; ラ語,デウム
サマリア」。ヘ語,ハッショーメローニーム; マソ本来るただ一つ箇所。
「それぞれ国民は」。字義,「国民,国民は」。ヘ語,ゴーイ ゴーイ。この先行する箇所同様,配分用いられいる。
字義,「彼らの」; 「ヤコブら」を指しいるしれない。
または,「これ神聖奉仕ささげ; これ崇拝」。ヘ語,タアヴドゥーム; ギ語,ラトレウセテ出 3:12脚注参照。