内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第二 16:1‐20

16  レマルヤの子ペカハの第十七年に,ユダの王ヨタムの子アハズ+が王となった。  アハズは治めはじめたとき,二十歳で,エルサレムで十六年間治めたが,彼はその父祖ダビデのようには,彼のエホバの目に正しいことを行なわなかった+  それで彼はイスラエルの王たちの道に歩むようになり+,エホバがイスラエルの子らのゆえに追い払われた諸国民の忌むべきこと+にならって,自分の子にさえ火の中を通らせた+  それに,彼は高き所+,丘の上+,すべての生い茂った木の下で+犠牲をささげたり,犠牲の煙を立ち上らせたりしていた。  シリアの王レツィン+とイスラエルの王レマルヤの子ペカハ+が戦いでエルサレムに攻め上って来て,アハズを包囲したのは,そのころであったが,彼らは戦うことができなかった+  そのとき,シリアの王レツィンはエラト+をエドム*に復帰させ,その後ユダヤ人をエラトから一掃した。こうして,エドム人がエラトに入り,そこに住み着いて今日に至っている。  それでアハズは使者をアッシリアの王ティグラト・ピレセル+に遣わして言った,「私はあなたの僕+で,あなたの子です。上って来て,私に向かって立ち上がっているシリアの王のたなごころと,イスラエルの王のたなごころから私を救ってください+」。  そこで,アハズはエホバの家と王の家の宝物倉に見いだされる銀と金を取り+,アッシリアの王にわいろを送った+  そこでアッシリアの王は彼[の言うこと]を聴き入れ,アッシリアの王はダマスカス+に上って行き,これを攻め取り+,その[民]をキル+へ流刑に処し,またレツィン+を殺した。 10  それから,アハズ+はダマスカスでアッシリアの王ティグラト・ピレセル+に会うために行き,ダマスカスにある祭壇+を見た。そこでアハズはその祭壇の略図*と,そのすべての造りに関するひな型を祭司ウリヤに送った+ 11  こうして,祭司ウリヤ+は祭壇を築いた+。すべてアハズがダマスカスから送ったものにしたがって,祭司ウリヤはその通りに,アハズがダマスカスから来るときまでにそれを造った。 12  王はダマスカスから来ると,王はその祭壇を見た。王は祭壇に近づき+,その上で捧げ物を供えはじめた+ 13  さらに,彼はその焼燔の捧げ物+と穀物の捧げ物+の煙を立ち上らせ+,飲み物の捧げ物+を注ぎ,そして彼のものである共与の犠牲の血をその祭壇の上に振り掛けた。 14  そして,エホバの前にあった銅の祭壇+は,今度はその家の前から,すなわち彼の祭壇とエホバの家+との間から近くに持って来て,彼の祭壇の北側に置いた。 15  次いでアハズは彼に,すなわち祭司ウリヤ+に命じて言った,「朝の焼燔の捧げ物+,また夕方の穀物の捧げ物+,王の焼燔の捧げ物+とその穀物の捧げ物,すべてのこの地の民の焼燔の捧げ物と穀物の捧げ物と飲み物の捧げ物の煙をこの大祭壇の上で立ち上らせなさい。焼燔の捧げ物の血と犠牲の血はすべて,その上に振り掛けるべきである。あの銅の祭壇は,わたしが考慮するためのものとなろう」。 16  こうして,祭司ウリヤ+は,すべてアハズが命じた通りに+行なうことにした。 17  その上,アハズは運び台+の側壁+を切り裂き+,それらの台から水盤+を取り外し,海+をその下にある銅の雄牛+から下ろして,それを石の舗装の上に置いた。 18  また,人々がこの家の中に造った,安息日のための覆いのある建造物と,王の外側の入り道を,彼はアッシリアの王のためにエホバの家から移した。 19  アハズのその他の事績,彼が行なったことは,ユダの王たちの時代の事績の書+に記されているではないか。 20  ついにアハズはその父祖たちと共に横たわり,“ダビデの都市+”に父祖たちと共に葬られた。その子ヒゼキヤ*+が彼に代わって治めはじめた。

脚注

ここは「シリア」(アラーム)とする代わりに,「エドム」と読むべきあろう。
または,「その祭壇もの」。
「エホバ強めくださる」の意。ヘ語,ヒズキーヤーフー。