内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第二 16:1‐20

16  レマルヤペカハ十七に,ユダヨタムアハズ+なった。  アハズ治めはじめき,二十歳で,エルサレム十六治めが,彼その父祖ダビデようは,彼エホバ正しいこと行なわなかっ+  それイスラエルたち歩むようなり+,エホバイスラエルゆえに追い払わ国民忌むべきこと+ならって,自分さえ通ら+  それに,彼高き所+,丘+,すべて生い茂っ+犠牲ささげたり,犠牲立ち上らたりた。  シリアレツィン+イスラエルレマルヤペカハ+戦いエルサレム攻め上って,アハズ包囲は,そのころあっが,彼ら戦うことできなかっ+  そのとき,シリアレツィンエラト+エドム*復帰せ,そのユダヤエラトから一掃た。こうて,エドムエラト入り,そこ住み着い今日至っいる。  それアハズ使者アッシリアティグラトピレセル+遣わし言った,「私あなた+で,あなたです。上って,私向かっ立ち上がっいるシリアたなごころと,イスラエルたなごころから救っください+」。  そこで,アハズエホバ宝物見いだされる取り+,アッシリアわいろ送っ+  そこでアッシリア彼[の言うこと]を聴き入れ,アッシリアダマスカス+上っ行き,これ攻め取り+,その[民]をキル+流刑処し,またレツィン+殺した。 10  それから,アハズ+ダマスカスアッシリアティグラトピレセル+会うため行き,ダマスカスある祭壇+た。そこでアハズその祭壇略図*と,そのすべて造り関するひな型祭司ウリヤ送っ+ 11  こうて,祭司ウリヤ+祭壇築い+。すべてアハズダマスカスから送っものしたがって,祭司ウリヤその通りに,アハズダマスカスから来るときまでそれ造った。 12  王ダマスカスから来ると,王その祭壇た。王祭壇近づき+,その捧げ物供えはじめ+ 13  さらに,彼その焼燔捧げ物+穀物捧げ物+立ち上ら+,飲み物捧げ物+注ぎ,そしてものある共与犠牲その祭壇振り掛けた。 14  そして,エホバあっ祭壇+は,今度そのから,すなわち祭壇エホバ+から近く持って,彼祭壇北側置いた。 15  次いアハズに,すなわち祭司ウリヤ+命じ言った,「朝焼燔捧げ物+,また夕方穀物捧げ物+,王焼燔捧げ物+その穀物捧げ物,すべてこの焼燔捧げ物穀物捧げ物飲み物捧げ物この祭壇立ち上らなさい。焼燔捧げ物犠牲すべて,その振り掛けるべきある。あの祭壇は,わたし考慮するためものなろう」。 16  こうて,祭司ウリヤ+は,すべてアハズ命じ通り+行なうことた。 17  その上,アハズ運び台+側壁+切り裂き+,それらから水盤+取り外し,海+そのある雄牛+から下ろして,それ舗装置いた。 18  また,人々この造った,安息ため覆いある建造と,王外側入り道を,彼アッシリアためエホバから移した。 19  アハズその他事績,彼行なっことは,ユダたち時代事績+記さいるないか。 20  ついにアハズその父祖たち横たわり,“ダビデ都市+”に父祖たち葬らた。そのヒゼキヤ*+代わっ治めはじめた。

脚注

ここは「シリア」(アラーム)とする代わりに,「エドム」と読むべきあろう。
または,「その祭壇もの」。
「エホバ強めくださる」の意。ヘ語,ヒズキーヤーフー。