内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第二 14:1‐29

14  イスラエルエホアハズ*エホアシュ+に,ユダエホアシュアマジヤ*+なった。  彼治めはじめき,二十五で,エルサレム二十九治めた。そしてエホアディン+いって,エルサレムあった。  ところで,彼エホバ廉直こと行ない続け+,ただその父祖ダビデようなかっ+。すべてそのエホアシュ行なっ通りに,彼行なっ+  ただし,高だけなくならなかっ+。民なおも,高き所犠牲ささげたり,犠牲立ち上らたり+  そして,王うち強固なるや,彼自分ある討ち倒したち+討ち倒しはじめある+  けれども,その殺さなかった。エホバ命じお与えなった,モーセ律法記さいるところよっある。こう言わいる+。「父ため殺さならず,子ため殺さならない。ただ,自分ため各々殺されるべきある+」。  彼は,“塩+”でエドム+,一万討ち倒し,戦いセラ奪った。そして,そのヨクテエル呼ばて,今日至っいる。  アマジヤイスラエルエヒウエホアハズエホアシュ使者送って,「さあ,来なさい。互い合わせようない+」と言っは,そのころあった。  そこで,イスラエルエホアシュユダアマジヤやっ言った,「レバノンあるとげある雑草が,レバノンある+に,『どうか,あなたわたし息子下さい』と言い送った。ところが,レバノンいる野獣通り過ぎて,そのとげある雑草踏みにじっ+ 10  あなたなくエドム討ち倒し+,あなたあなた高め+。自分栄誉享受+,自分とどまっなさい。それに,どうして不利状態+争い起こし+,あなたも,あなたユダ倒れなけれならないか」。 11  それでも,アマジヤき入れなかっ+ そこで,イスラエルエホアシュ上って,ふたりは,すなわちユダアマジヤは,ユダ属するベトシェメシュ+互い合わせ+ 12  そしてユダイスラエル撃ち破ら+,彼ら各々自分天幕逃げ去った。 13  そして,アハジヤエホアシュ子,ユダアマジヤを,イスラエルエホアシュベトシェメシュ捕らえた。その後,彼らエルサレムて,彼エルサレム城壁に“エフライム+”のところで“隅+”に至るまで,四百キュビト*わたっ破れ口作った。 14  そして,彼エホバ+宝物見いだされるすべて金銀,およびすべて器物類,それ人質*取り,それからサマリア帰った。 15  エホアシュその他事績,彼行なっこと,その力強いこと,およびユダアマジヤ戦っことは,イスラエルたち時代事績+記さいるないか。 16  ついにエホアシュそのたち横たわり+,イスラエルたちサマリア葬ら+,そのヤラベアム*+代わっ治めはじめた。 17  そして,ユダエホアシュアマジヤ+イスラエルエホアハズエホアシュ+死後,十五生き長らえ+ 18  アマジヤその他事績は,ユダ+たち時代事績+記さいるないか。 19  ついにエルサレム共謀対し同盟結ん+,彼ラキシュ+逃げ行っが,彼らやっラキシュまで追いかけさせ,そこで殺さ+ 20  それで,人載せ運び,彼エルサレム父祖たちに“ダビデ都市+”に葬ら+ 21  そこでユダみなアザリヤ+取り,彼当時十六+あっが,これそのアマジヤ+代わりた。 22  王その父祖たち横たわっ後,彼エラト+建てて,これユダ復帰た。 23  ユダエホアシュアマジヤ十五に,イスラエルエホアシュヤラベアム+サマリアなり,四十一間[治めた]。 24  そしてエホバ悪いこと行ない続けた。彼イスラエルおかさ+,ネバトヤラベアムすべて離れなかった。 25  イスラエルハマト入るところ+からアラバ+至るまで回復あった。それは,イスラエルエホバが,その僕,ガトヘフェル+出身預言者,アミタイヨナ+通し語ら言葉とおりあった。 26  それエホバイスラエルひどい悩みご覧ならからある+。無力無用おら*,またイスラエルため助け手なかっ+ 27  けれども,エホバイスラエルから消し去らないこと+約束おらた。それゆえ,エホアシュヤラベアムよっ彼ら救わある+ 28  ヤラベアムその他事績,彼行なっすべてこと,その力強いこと,彼戦っこと,またダマスカス+ハマト+イスラエルユダ復帰ことは,イスラエルたち時代事績記さいるないか。 29  ついにヤラベアムそのたちに,イスラエルたち横たわり,そのゼカリヤ+代わっ治めはじめた。

脚注

「エホアハズ」。ヘ語,ヨーアーハーズ。
「エホバある方」の意。ヘ語,アマツヤーフー。
178㍍。
字義,「それ質物ら」。
すなわち,ヤラベアム世。
字義,「抑えられ去らられた(見捨てられた)者おらず」。申 32:36,「者だけ」の脚注比較。