内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第二 13:1‐25

13  ユダアハジヤ+エホアシュ+二十三に,エヒウ+エホアハズ+サマリアイスラエルなっ十七間[治めた]。  そしてエホバ悪いこと行ない続け+,イスラエルおかさ+ネバトヤラベアム+追い求め歩んだ。彼それから離れなかった。  それで,エホバ+イスラエル対し燃えで,その時代ずっと[]は彼らシリアハザエル+に,またハザエルベンハダド+渡さた。  やがて,エホアハズエホバ和め+で,エホバこれ聴き+入れられた。イスラエル対する虐げご覧ならある+。シリア彼ら虐げためある+  それゆえ,エホバイスラエルひとりい手+与えられで,彼らシリアからて,イスラエル以前よう自分たち*引き続き住ん+  (ただし,イスラエルおかさ+,ヤラベアムから離れなかった。彼そのうち歩ん+。聖木*+さえサマリア立った。)  シリア彼ら脱穀ようよう+彼ら滅ぼしため+,エホアハズ騎手五十人,兵車台,徒歩たち一万ほかだれ残さなかっ+ある。  エホアハズその他事績,彼行なっすべてこと,およびその力強いことは,イスラエルたち時代事績+記さいるないか。  ついにエホアハズそのたち横たわり,人々サマリア葬っ+。そのエホアシュ+代わっ治めはじめた。 10  ユダエホアシュ+三十七に,エホアハズエホアシュサマリアイスラエルなっ十六間[治めた]。 11  そして,彼エホバ悪いこと行ない続け+。彼は,イスラエルおかさ+ネバトヤラベアムすべて離れなかった。彼そのうち歩んだ。 12  エホアシュその他事績,彼行なっすべてこと,その力強いこと,[および]彼ユダアマジヤ戦っ+ことは,イスラエルたち時代事績+記さいるないか。 13  ついにエホアシュそのたち横たわり,ヤラベアム*+その王座座した。一方,エホアシュイスラエルたちサマリア葬ら+ 14  エリシャ+ついいえば,彼病気患い,そのためそうなっ+。それで,イスラエルエホアシュところ下って,その泣き伏し,「我+,我父,イスラエル戦車*その騎手たち+!」と言いだした。 15  するとエリシャに,「弓取りなさい」と言った。それ自分ため取った。 16  次イスラエルに,「弓掛けなさい*」と言った。そこでそれ掛けると,その後,エリシャ自分+載せた。 17  それからは,「東向かっ開けなさい」と言った。それそれ開けた。ついにエリシャは,「射なさい!」と言った。それは[矢を]射た。そこで[エリシャ]は言った,「エホバ救い矢,すなわちシリア対する救い+! そして,あなた必ずやアフェク+シリア徹底討ち倒すあろう」。 18  次言った,「矢取りなさい」。そこでは[矢]を取った。それからイスラエルに,「地打ちなさい」と言った。それで,彼打っやめ+ 19  すると,[まことの]+対し憤慨た。ゆえに言った,「五打つべきあっ*! そうあれば,あなた確かシリア徹底討ち倒しあろう。だが,今や,あなたシリア討ち倒すあろ+」。 20  その,エリシャに,人々葬っ+。ときに,年巡るごとに,この決まっ入っ来るモアブ+略奪+あった。 21  そして,人ひとり葬ろところ,何と,彼ら略奪た。彼らすぐそのエリシャ埋葬投げ入れて,去っ行った。そのエリシャ触れると,直ちに生き返り+,自分立っ+ 22  シリアハザエル+は,エホアハズ時代ずっイスラエル虐げ+ 23  それでも,エホバアブラハム+,イサク+,ヤコブ++ため彼ら恵み示し+,これ憐れみ+,これ顧みられた。彼ら滅び陥れること望ま+,今至るまでみ顔からこれ捨て去らなかった。 24  ついにシリアハザエルに,そのベンハダド代わっ治めはじめた。 25  そこで,エホアハズエホアシュは,そのエホアハズからハザエル戦い取っ都市を,そのベンハダドから再び取り返した。エホアシュ討ち倒し,イスラエル都市取り戻し+

脚注

字義,「天幕」(複)。
または,「アシェラ」。
すなわち,ヤラベアム世。
2:12脚注参照。
字義,「弓乗らなさい」。
「もしあなた打っなら」,七十訳; ウル訳,「もしあなた打っなら」。