内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第二 12:1‐21

12  エヒウ+に,エホアシュ+なり,エルサレム四十治めた。そして,彼ツィブヤいって,ベエルシェバ出身あった。  そしてエホアシュは,祭司エホヤダ教え時代ずっと,エホバ正しいこと行ない続け+  ただし,高きだけなくならなかっ+。民なおも,高き所犠牲ささげたり,犠牲立ち上らたりた。  そこでエホアシュ祭司たち+言った,「エホバ+運ばれる,聖なる捧げ物+すべて*,すなわち各人賦課いる*+,個人見積もりよるため+,エホバ持っ行この[考え]が各人起きすべて+は,  祭司たち自分たちために,各々知り合い+から受け取り,どこ裂け目見つかるなら+,その裂け目修理せるように」。  ところが,エホアシュ二十三なっも,祭司たちまだその裂け目修理なかっある+  そこで,エホアシュ祭司エホヤダ+祭司たち呼ん彼ら言った,「あなた方この裂け目修理ないどういうか。それは,もう,あなた方知り合いから受け取っならない。この裂け目ために,あなた方それ渡すよう+」。  そこで,祭司たちもうから受け取らないことと,その裂け目修理ないこと同意た。  さて,祭司エホヤダひとつ大箱*+取り,そのふたあけて,それ祭壇傍ら,人エホバ入る右側置いた。祭司たち,つまり入口守るたち*+は,エホバ運ば来る+そこ入れた。 10  そして,大箱沢山ある見るや,王書記+祭司*上って,それ束ね,エホバ見いだされる計算ある+ 11  こうて,彼ら数え分けられを,エホバ家[のために]任じられた,工事するたち渡し+。すると,彼らそれエホバ働いいる細工建築たち, 12  および石工石切り+に,またエホバ裂け目修理するため材木切り石買うため,またその修理するためそれ費さすべてものため支払った。 13  ただし,エホバ関しは,エホバ運ば来る+で,銀水盤,明かり消し+,鉢+,ラッパ+など,どんな器物器物造らなかった。 14  工事するたち彼らきまっそれ与え,彼らそれエホバ修理からある+ 15  また,工事するたち与えるようその渡し人々+勘定求めなかっ+。彼ら忠実+働いからある。 16  罪科捧げ物+と,罪捧げ物は,エホバ運ばなかった。それで,それ祭司たちものなっ+ 17  シリアハザエル+上っガト+戦い,これ攻め取っそのころあって,その後,ハザエルエルサレム+攻め上ろと,その向け+ 18  そこで,ユダエホアシュは,その父祖あるユダエホシャファト,エホラム,アハジヤ神聖ものささげすべてなる捧げ物,および自分なる捧げ物,並びエホバ宝物見いださすべて取っ+,それシリアハザエル送っ+。そこでエルサレムから退いた。 19  エホアシュ*その他事績,彼行なっすべてことは,ユダたち時代事績+記さいるないか。 20  ところが,彼たち+立ち上がり,共謀+同盟結び,シラ下る[道ある]*++エホアシュ討ち倒した。 21  ときに,彼討ち倒しは,そのある,シムアトヨザカル*と,ショメルエホザバド+あった。それ死んだ。そこで人々を“ダビデ都市”にその父祖たち葬った。そのアマジヤ+代わっ治めはじめた。

脚注

字義,「銀」。ヘ語,ケセフ。
「各人賦課いる金」,七十訳一致わずか修正よる; マソ本,「通り過ぎる各人銀」。
「大箱」。ヘ語,アローン。
字義,「敷居守るたち」。
または,「と祭司」。字義,「と[最も]大いなる祭司」。ヘ語,ウェハッコーヘーン ハッガードール
字義,「ヨアシュ」。しかし,1‐7,18参照。
「塚」。または,「ミロ」。ヘ語,ミッロー。
「ヨザカル」,アレポ写,カイ写,ウル訳,および幾つヘブライ写本; レニングラードB19A,「ヨザバド」; 二 24:26では「ザバド」。