内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第二 10:1‐36

10  さて,アハブサマリア+七十+あった。そこで,エヒウ手紙書いて,それサマリアエズレルたち+や,年長たち+,およびアハブ養育たち*送っ言った,  「それは,この手紙あなた方ところ届くそのとき,あなた方ところあなた方おり,またあなた方ところ戦車+防備施さ都市武具ある。  だから,あなた方あなた方うち最も優れた,最も廉直見定めて,そのその王座立てなけれならない+。それから,あなた方ため戦え」。  それで,彼ら大変恐れ,「見よ,二+立てなかっに,どうしてこの我々立てよう+」と言いだした。  それゆえ,そのつかさどる者,都市つかさどる者,年長たち,および養育たち+エヒウやっ言った,「私どもあなたですから,あなた私どもおっしゃること致します。私どもだれ致しません。あなた善いこと行なっください」。  そこで手紙彼ら書いこう言った。「もしあなた方わたし属しおり+,わたし従っいるなら,あなた方+ある人々取り,明日今ごろ,エズレル+わたしもとなさい」。 さて,王ら,七十は,彼ら育てた,その都市際立っ人々もとた。  そして,その手紙彼らもと届くや,彼ら捕らえて,[彼ら],七十打ち殺し+,その後,彼らかご入れ,それエズレルの[エヒウ]のもと送っある。  それ使者+やって,彼告げ言った,「彼ら+持っ参りました」。そこで言った,「それまで+入口そば二つ置きなさい」。  そして,朝,彼行っある。それから立ち止まって,すべて言った,「あなた方かなっます*+。聞きなさい,わたしわたし対し陰謀企て+,彼殺し+です。しかし,だれこれらすべて討ち倒しですか。 10  ですから,エホバアハブ+対した,エホバ言葉何一つ[成就]地落ちないこと+知りなさい。エホバが,そのエリヤよっこと行なわです+」。 11  その上,エヒウエズレルアハブ残っいる全部と,その際立ったち+,その知人および祭司たち+すべて討ち倒して,彼ひとり生存残さないまで+ 12  それから,彼立っ行き,サマリア出かけ行った。羊飼い縛る途中あっ* 13  そして,エヒウユダアハジヤ+兄弟たち+出会った。彼は,「あなた方だれですか」と言うと,彼らは,「わたしたちアハジヤ兄弟で,王たちと,貴婦人たちこと万事うまくいっいるどう尋ね下る途中*です」と言った。 14  直ちに言った,「あなた方彼ら生け捕りせよ+!」 それで,人々彼ら生け捕りし,彼ら,四十二を,縛る水溜め*ほとり打ち殺し,彼そのうちただひとり残さなかっ+ 15  彼そこから進ん行くと,彼迎えに[来た]レカブ+エホナダブ*+出会った。[エヒウ]は祝福する+,これ言った,「わたしあなたあるように,あなたは,わたしあっ廉直です+」。 これ対しエホナダブは,「そうです」と言った。 「もしそうなら,あなたぜひわたし出しなさい」。 そこで,彼を[エヒウ]に差し出した。すると,[エヒウ]は自分兵車乗り込ま+ 16  それから言った,「ぜひ,わたし進ん行き,わたしエホバ張り合う関係一切認めない+なさい」。こうて,彼ら*を[エヒウ]とその戦車乗せ行った。 17  ついにサマリアた。そこで,彼サマリアアハブ残っいるすべて討ち倒し,ついに彼ら滅ぼし尽くし+。エホバエリヤ語っ言葉通りあっ+ 18  その上,エヒウすべて寄せ集めて,こう言った。「アハブバアル*少ししか崇拝*なかっ+,エヒウこれ大いに崇拝するあろう。 19  だから今,バアルすべて預言+,そのすべて崇拝+と,その祭司たち+わたしところ呼び寄せよ。ただひとり欠けないようせよ。わたしバアルため大いなる犠牲あるからだ。欠けるだれも,生き続けることないあろう」。エヒウは,バアル崇拝たち滅ぼす目的で,ずる賢く+行動ある。 20  次いで,エヒウは,「バアルため聖会神聖もの執り行ないなさい」と言った。そこで彼らこれふれ告げた。 21  その後,エヒウあまねくイスラエル+遣わしで,バアル崇拝たちやった。それで,残って,来なかっひとりなかった。こう彼らバアル+入っで,バアルからまで一杯*なった。 22  そこで,彼衣装部屋つかさどるに,「バアル崇拝全部ため出しやりなさい」と言った。それで,彼らため衣装出しやった。 23  それから,エヒウレカブエホナダブ+バアル入った。そこでバアル崇拝たち言った,「注意深く捜して,ここに,あなた方に,エホバ崇拝ひとりおらず,ただバアル崇拝+だけいるようなさい」。 24  ついに彼ら犠牲焼燔捧げ物供えるためやった。エヒウ自分自由なる八十*配置て,さらにこう言った。「わたしあなた方引き渡すうちから逃れるついは,一方他方取って代わることなる+」。 25  そして,焼燔捧げ物供え終わるや,エヒウ直ちに走者副官たちこう言っある。「入って,彼ら討ち倒せ! ひとり行かせる+」。それで,走者副官たち+彼ら討ち倒し,これ投げ出して,バアル都市まで進ん行った。 26  それから,彼らバアル聖柱*+運び出して,ひとつひとつ*焼い+ 27  さらに,彼らバアル聖柱+取り壊し,バアル+取り壊して,それ屋外便所+て,今日至っいる。 28  こうて,エヒウイスラエルからバアル滅ぼし尽くした。 29  ただし,エヒウは,イスラエルおかさ+ネバトヤラベアム+罪,[すなわち]一つベテルに,一つダン+あっ子牛+従うやめなかった。 30  それゆえ,エホバエヒウ言わた,「あなたわたし正しいこと行なう立派行動+,[また]わたしあっすべてことしたがってアハブ行なっ+ゆえに,子まで,あなたためイスラエル王座座るあろ+」。 31  ところエヒウは,心つくイスラエルエホバ律法したがって歩むよう注意なかっ+。彼イスラエルおかさヤラベアムから離れなかっ+ 32  そのころ,エホバイスラエル少しずつ切り取り始められた。ハザエル+イスラエル領地彼ら討っある。 33  ヨルダンから昇るへ,ギレアデ+全土,ガド+,ルベン+,マナセ+,つまりアルノン奔流ほとりあるアロエル+から,すなわちギレアデバシャン+を[討っある]。 34  そして,エヒウその他事績,彼行なっすべてこと,およびすべて力強いことは,イスラエルたち時代事績+記さいるないか。 35  ついにエヒウその父祖たち横たわり+,人々サマリア葬った。そのエホアハズ+代わっ治めはじめた。 36  そして,サマリアエヒウイスラエル治め期間二十八あった。

脚注

または,「アハブ受託たち」,マソ本; 七十訳,「アハブ養育たち」。
または,「あなた方ありません」。
または,「“羊飼いベトエケド”が途中あった」。
字義,「子たち安否ため下る途中」。
または,「ベトエケド水溜め」。
「エホバ進んことなさる; エホバ貴い」の意。サム二 13:3脚注比較。
「彼ら」,マソ本; 七十訳,シリ訳,「彼」。
バアル」。ヘ語,ハッバアル民 22:41,「バモトバアル」の脚注比較。
「崇拝し」。または,「神聖奉仕ささげ」。字義,「仕え」。ヘ語,アーヴァド。
字義,「口[から]口まで一杯に」。互い非常接近立っいること意味いるしれない。
「八十人」,マソ本,七十訳,ウル訳; シリ訳,「三百八十人」; 七十訳,古ラ訳レギオネンシス(欄外),「三千人」。
「聖柱」(複),マソ本; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「聖柱」(単)。聖木またはアシェラしれない。
「ひとつひとつ」。字義,「それを」,女性形。すなわち,各々聖柱(聖木)を個々別々に。