内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 9:1‐28

9  そして,ソロモンエホバ++,および造る喜びソロモンあらゆる望ましいもの+建て終えるや,  エホバは,かつてギベオン現われように,ソロモン再び現われある+  そこでエホバ言わた,「わたしあなたわたし恵み願い求めあなた祈りと,恵み求めるあなた願い聞い+。わたしは,あなた建てこの+を,定めないまでわたしそこ置くことより神聖もの+。わたし+わたし確かいつもそこあるあろ+  それあなたが,もしあなたダビデ歩んよう+,すべてわたしあなた命じ通り行なっ+,心忠誠+廉直+もっわたし歩み+,わたし規定+司法定め+守るなら,  わたしまた,あなたダビデに,『あなたイスラエル王座から断たれるないあろう』と言っ約束通り,あなた王国王座イスラエル定めないまで*本当確立するあろ+  もし,あなた方が,またあなた方が,まさしく翻っわたし従うやめ+,わたしあなた方置いおきて法令守らず,実際行って,ほか神々仕え+,これかがめる*なら,  わたしまた,彼ら与え土地からイスラエル断と+。わたしため神聖ものを,わたしわたしから投げ捨てる*あろ+。イスラエル確かすべて語りぐさなり+,嘲弄れるものなろう。  それこのも,廃虚なろ*+。そのそば通り過ぎるみな驚い見つめ+,必ず口笛吹いて,『どうしてエホバこのこのこのようされだろう』と言うあろ+  すると人々は,『彼らは,その父祖たちエジプトから連れ出し自分たちエホバ捨て+,ほか神々すがり+,これかがめ仕えからだ。それゆえに,エホバこのすべて災い彼らもたらさ+』と,きっと言うようなる」。 10  そして,ソロモン二つ家,すなわちエホバ+建て二十終わり+ 11  (ティルスヒラム+は,ソロモン+喜ぶだけ材木と,ねず材木,およびもっ援助+,)そのとき,ソロモンガリラヤ*+二十都市ヒラム与えある。 12  それゆえ,ヒラムティルスからて,ソロモン与え都市が,それどうかなっなかっ+ 13  それ言った,「わたし兄弟,あなたわたし下さっこれら都市は,一体ですか」。それで,それ今日至るまでカブル*呼ばいる。 14  そのヒラム百二十タラント*送っ+ 15  さて,これソロモンエホバ+と,自分家,*+と,エルサレム城壁+,ハツォル+メギド+ゲゼル+建てるため徴募た,強制労働徴用たち+ついいきさつある。 16  (エジプトファラオかつて上って,ゲゼル攻め取り,これ焼き,その都市住んカナン+殺した。こうソロモンある自分+別れ贈り物これ与えた。) 17  次いソロモンゲゼルベトホロン+ 18  このある,バアラト+荒野あるタマル* 19  およびソロモンものなっすべて倉庫+都市,兵車都市+,騎手ため都市,彼エルサレムや,レバノンや,その支配全土建てたい望んソロモン望ましいもの+建てた。 20  イスラエルものないアモリ+,ヒッタイト+,ペリジ+,ヒビ+,およびエブス+残っ全員+ 21  すなわち,イスラエル滅びためささげることできなかった,この彼ら残さそのつい+,ソロモン強制奴隷労働彼ら徴募て,今日至っいる+ 22  それで,イスラエルソロモン奴隷なかっ+。彼ら戦士あり,彼あり,君あり,兵車御者騎手副官あっからある+ 23  これらソロモン工事つかさどっ代官長,五百五十で,工事従事現場監督あっ+ 24  ところファラオ+は,“ダビデ都市+”から,[ソロモン]が彼女ため建てその上った。彼築いそのころことあっ+ 25  そして,ソロモンエホバため建て祭壇+,引き続き+,焼燔犠牲共与犠牲ささげ,エホバある[祭壇+]では犠牲立ち上らせることなさ*。彼その完成+ 26  また,ソロモンエドム+紅海エロト+そばあるエツヨンゲベル+造っ船団あった。 27  そしてヒラム自分で,海知識持っいる水夫たち*を,ソロモンたちこの船団送り込ん+ 28  そこで彼らオフィル+行き,そこから四百二十タラント*+取って,これソロモンところ持った。

脚注

または,「イスラエル永久に」。
または,「これ崇拝する」。
「投げ捨てる」,タル,七十訳,ウル訳,および二 7:20; マソ本,「追いやる」。
「廃虚なろう」,シリ訳,古ラ訳一致多少訂正することよる; マソ本,「極めて顕著な(際立った; 目立った)ものなろう」。
または,「周回地域」。ヘ語,ハッガーリール; ギ語,ガリライアーイ; ラ語,ガリレアエ。「ガリラヤ」はに,サマリアより地域ローマ属州名称なった。
「カブル地」。または,「“ない同然地”」; あるいは,「“拘束地”」と読むしれない。
付録8イ参照。
」。字義,「[地の]満たすもの」。ヘ語,ハンミッロー。城よう築造あろう。
「タドモル」,マソ本欄外,シリ訳(二 8:4参照); ウル訳,「パルミラ」。
「犠牲立ち上らせることなさた」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
「水夫たち」。字義,「船たち」。
付録8イ参照。