内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 8:1‐66

8  そのとき,ソロモン+イスラエル年長たち*+と,イスラエル部族すべてたち+,父たちたち*+エルサレムソロモンもと召集+。エホバ契約+を“ダビデ都市+”,すなわちシオン+から運び上るためあった。  それで,イスラエルすべて人々太陰エタニム祭り際,すなわち+に,ソロモンもと集合+  こうイスラエルすべて年長たちで,祭司たち担ぎ+はじめ+  そして彼らエホバと,会見+天幕+と,天幕あっすべてなる器具運び上った。すなわち,祭司レビ+これらもの運び上っ+  そして,ソロモン,およびイスラエルすべて集まっ人々,彼申し合わせ守るたちは,彼て,あまりに多く調べること数えることできないほど+犠牲ささげ+  それから,祭司たちエホバ契約+その場所+,家一番部屋,すなわち至聖所に,ケルブ運び入れ+  それらケルブ場所伸べで,ケルブそのさおからさえぎっ+  しかし,そのさお+長かっで,さお一番部屋聖所から見えが,外から見えなかった。そして,それ今日までそこある+  は,二書き板*+ほかなかった。これは,イスラエルエジプトからとき+,エホバ彼ら契約結ん*とき+,モーセホレブそこ納めものある+ 10  そして,祭司たち+なる場所から来ると,雲+エホバ満ちた。 11  それで,祭司たちため立っその勤め+することできなかった。エホバ栄光+エホバ満ちからある+ 12  そのとき,ソロモン言った,「エホバは,濃い暗闇住まう+,と言わました。 13  私あなたため高くそびえる住みか+,あなた定めないまで*住まわれる+定まっ場所+首尾よく建てました」。 14  それからその向けて,イスラエル会衆祝福はじめ+。その間,イスラエル会衆*立った。 15  次い言った,「イスラエルエホバほめたたえられるよう+。[]はそのみ口よっわたしダビデ+語り,そのみ手よっ成し遂げ+言わた, 16  『わたしイスラエルエジプトから連れ出しからこのかた,わたしわたし+とどまる建てるため+,イスラエルどの部族うちから都市選びなかっ+。しかし,わたしダビデ選んで,わたしイスラエル立てることする+』。 17  それで,イスラエルエホバみ名ため建てることが,わたしダビデ掛かっ+ 18  しかし,エホバわたしダビデ言わた,『わたしため建てることあなた掛かっために,あなたよくやった。それあなた掛かっからある+ 19  ただし,あなたその建てるない。あなたから出るあなたが,わたしため建てるある+』。 20  それからエホバは,ご自分語ら言葉果たさ+。それは,エホバ語ら通り,わたしわたしダビデ代わっ立ち,イスラエル王座座し+,イスラエルエホバみ名ため建てるためあり+ 21  また,エホバ契約+あるために,そこ一つ場所設けるためあった。その[契約]は,わたしたち父祖エジプトから連れ出さときに,彼ら結ばものある」。 22  それから,ソロモンイスラエル会衆エホバ祭壇立ち+,今度向かっそのたなごころ伸べ+ 23  そして,さらにこう言った。「イスラエル+エホバよ,上も,下も,あなたよう*ありませ+。あなたは,心つくみ前歩む+あなたたち対し+,契約ある親切*守られるです+ 24  あなたは,ご自分約束ことを,あなた僕,私ダビデ対し守らました。ですから,あなたみ口もっ約束なさり*,み手もって,今日ように,成し遂げくださいまし+ 25  それ今,イスラエルエホバよ,あなた僕,私ダビデ約束て,『あなたわたし歩んように,もしあなたわたし歩んで,そのつけさえたら,あなたは,イスラエル王座座るわたしから断たれることない+』と言わことを,[ダビデ]に対し守っください。 26  ですから今,イスラエル*,どうか,あなた僕,私ダビデ約束あなた約束*+信頼できるものありますように。 27  「それにしても,本当住まわれるでしょ+。ご覧ください,天+も,いや,天+も,あなたお入れすることできませ+。まして,私建てこの+など,なおさらことです! 28  けれども,私エホバよ,この祈り+と,恵み求める願い+顧みて,懇願叫びと,この今日,み前ささげおります祈りお聴きください+ 29  あなた夜昼,このに,すなわち『わたしそこあるあろ+』と言わ場所向かっ開か+,あなたこの場所向かっ祈る祈りお聴きなりますよう+ 30  また,あなたあなたイスラエルこの場所向かっ祈る,恵み求める彼ら願いお聴きください+。あなたが,あなた住んおられる場所,すなわちお聞きなり+,聞いて,お許しください+ 31  「ある仲間対しおかし+,その[仲間]がその実際のろい課して,のろい受ける状態陥ら+,その実際このあなた祭壇そののろい[のうちあって]来るなら, 32  あなたからお聞きなり,邪悪当人帰しその邪悪+,義人当人応じ与えその+,行動し,あなたたちお裁きください+ 33  「あなたイスラエルが,あなた対しおかし続けため+,敵撃ち破らとき+,彼ら本当あなた立ち返り+,あなたみ名たたえ+,この祈り+,あなた向かっ恵み願い求めるなら+ 34  あなたからお聞きなり,あなたイスラエル許し+,あなた彼ら父祖たちお与えなっ土地+彼ら連れ戻しください+ 35  「彼らあなた対しおかし続けため+,天閉ざさなく+,またあなた彼ら苦しめられために,彼らこの場所向かっ実際祈り+,あなたみ名たたえ,そのから立ち返るなら+ 36  あなたからお聞きなり,あなたたち,すなわちあなたイスラエルお許しください。あなたは,彼ら歩むべき良い+彼ら教えくださるからです+。あなたご自分世襲所有お与えなっあなた+お与えください。 37  「もし,この飢きん+起きたり,疫病+起きたり,立ち枯れ白渋+,いなご+ごきぶり+生じたりする場合,敵彼ら*彼ら攻め囲む場合も ― どんな災厄,どんな疾病あれ ― 38  だれも[あるいは]あなたイスラエル+,各々自分災厄知るゆえ+,彼らどんな祈り+,恵み求めるどんな願い+あっも,彼らこの向かっそのたなごころ実際伸べるなら+ 39  あなた+から,すなわちあなた住まわれる定まっ場所+からお聞きなり,そして許し+,行動+,各々そのすべてしたがってお与えください+。あなたそのご存じからです+。(ただあなただけが,すべて人間*よく知っおられるです+。) 40  それは,あなた私たち父祖お与えなっ土地彼ら生きいる期間ずっ+,彼らあなた恐れるためです+ 41  「そしてまた,あなたイスラエルものないに,あなたみ名ゆえに遠いから実際やっ来る異国+ため+ 42  (それは,彼らあなた大いなるみ名+と,強いみ手+と,差し伸べみ腕つい聞くからですが,)そのよう実際て,この向かっ祈るなら+ 43  あなたから,すなわちあなた住まわれる定まっ場所+からお聴きなり,すべてその異国あなた呼び求める+ところしたがって行なっください。それは,地すべてあなたみ名知っ+,あなたイスラエル同じようあなた恐れるようなり,またあなたみ名建てこの+付さとなえられいること知るためです。 44  「もしあなたその立ち向かい,あなた遣わす+戦い行き+,あなた選ば都市+,私あなたみ名ため建て方向向かっ+,本当エホバ祈る場合+ 45  あなた彼ら祈りと,恵み求めるその願いからお聞きなり,彼らため裁き施行ください+ 46  「もし彼らあなた対しおかし+(罪おかさないひとりないですから+),あなた彼ら対しやむなくいきり立たれ,彼ら渡し,彼ら捕らえるたち彼ら実際とりこし,遠くの,あるいは近く連れ去り+ 47  そして彼らとりこ連れ去ら行っで,本当分別取り戻し*+,実際立ち返り+,彼ら捕らえたち+,『私たちおかし+,過ち犯しまし+。私たち邪悪こと行ないまし+』と言って,彼ら捕らえたちあなた恵み願い求め+ 48  彼らとりこ連れ去っそので,彼ら本当つくし,魂つくあなた立ち返り+,あなた彼ら父祖たちお与えなっその地,あなた選ば都市,私あなたみ名ため建て方向向かって,彼ら本当あなた祈る場合+ 49  あなたから,すなわちあなた住まわれる定まっ場所+から,彼ら祈りと,恵み求めるその願い聞き,彼らため裁き施行くださり+ 50  あなた対しおかし+あなたと,彼らあなた対しおかし+そのすべて違犯+許し+,彼ら捕らえたち彼ら哀れみ受けさせくださり+,それら彼ら哀れみますように。 51  (彼らは,あなたエジプトから+,鉄から連れ出し+あなた民,あなた相続+からです。) 52  それは,すべて彼らあなた呼び求めることおいその[言うこと]を聴き+,恵み求めるあなた願いと,恵み求めるあなたイスラエル願いあなた開かれるためです+ 53  あなたすべてから彼らあなた相続分けられからです+主権なるエホバよ,あなた私たち父祖エジプトから連れ出しとき,あなたモーセ*よっ語ら通りです+」。 54  こうて,ソロモンこのすべて祈りと,恵み求める願いもっエホバ祈る終えるや,天向かっそのたなごころ伸べ+そのひざついかがめるやめ+,エホバ祭壇から立ち上がり, 55  立っ+,大声イスラエル会衆*祝福+こう言いだしある。 56  「すべて約束さっことしたがって,ご自分イスラエル憩いお与えなっ+エホバほめたたえられますよう+。そのモーセ通し約束+,その良い約束*みな,一言たがいませでし+ 57  わたしたちエホバが,わたしたち父祖たちおらよう+,わたしたちおらますよう+。わたしたち放置ず,わたしたち見捨てられませよう+ 58  それは,わたしたちを[]に傾けさせ+,すべてその歩ま+,わたしたち父祖命じお与えなっそのおきて+と,規定+と,司法定め+守らくださるためです。 59  そして,エホバみ前恵み願い求め述べわたしこれら言葉が,日夜,わたしたちエホバ近くありますよう+。日々必要するところ応じて,そのため裁きや,そのイスラエルため裁き施行さるためです+ 60  それすべてが,エホバこそ[まことの]あること+知るためです+。ほかませ+ 61  それで,あなた方は,今日ように,その規定したがって歩み,そのおきて守ることよって,わたしたちエホバ全く一致なけれなりませ+」。 62  そしてと,彼イスラエル皆,エホバ立派犠牲ささげ+ 63  それからソロモンは,エホバささげる共与犠牲+,すなわち二万二千頭,羊十二万ささげ+。王イスラエルすべてエホバ奉献する+ためあった。 64  その日,王エホバある中庭真ん中神聖ものなけれならなかっ+。彼そこで焼燔犠牲と,穀物捧げ物と,共与犠牲部分ささげなけれならなかっからある。エホバある祭壇+は,焼燔犠牲と,穀物捧げ物と,共与犠牲+部分入れる小さ過ぎある。 65  それから,ソロモンこの時,全イスラエル,すなわちハマト入るところ*+からエジプト奔流+至るまで大いなる会衆+に,七さらに+,すなわち十四間,わたしたちエホバ*祭り行なっ+ 66  八去ら+。彼ら祝福し,エホバそのダビデと,そのイスラエルため行なわすべて良いこと+ため歓び+,心楽しく感じながら+,自分たち*帰っ行った。

脚注

または,「長老たち」。
「長たち」。または,「ナーシーたち」。
七十訳は,「契約書き板」を付け加えいる。
「契約結んだ」。字義,「[契約を]切った」。
「定めないまでも」。字義,「定めない時」。ヘ語,オーラーミーム,複数形。
「の……会衆」。ヘ語,ケハル; 七十訳,ウル訳,「エクレシア」。
「神」。ヘ語,エローヒーム; ギ語,テオス。
または,「契約忠節愛」。
字義,「み口もっれ」。
「イスラエルよ」,マソ本; タル諸写,七十訳,シリ訳,ウル訳,および35ヘブライ写本,「イスラエルエホバよ」。
字義,「言葉」(複); マソ本欄外,「言葉」(単)。
または,「諸都市」。修辞表現一つある提喩より,「門」(複)で表わさいる。
人間」。ヘ語,ハーアーダーム; 七十訳,ウル訳,「人」(複)。
字義,「本当彼ら自分立ち返ることさせ」。
「あなたモーセ」。この表現来る3か所うち最初例。ネヘ 1:8; ネヘ 9:14参照。
「の……会衆」。ヘ語,ケハル; ギ語,エックレーシアン; ラ語,エックレーシアエ。
字義,「そのモーセよった,その良い言葉」。
ヨシュ 13:5,「入るところまで」の脚注参照。
「わたしたちエホバで,彼建てで,わたしたちエホバ食べたり,飲んだり,歓んだりて」,七十訳。
字義,「天幕」。