アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

列王第一 8:1-66

8  そのとき,ソロモン+はイスラエルの年長者たち*+と,イスラエルの子らの部族のすべての頭たち+,父たちの長たち*+をエルサレムのソロモンのもとに召集した+。エホバの契約の箱+を“ダビデの都市+”,すなわちシオン+から運び上るためであった。  それで,イスラエルのすべての人々は太陰エタニムの月の祭りの際,すなわち第七の月+に,ソロモンのもとに集合した+  こうしてイスラエルのすべての年長者たちが来たので,祭司たちはを担ぎ+はじめた+  そして彼らはエホバの箱と,会見+の天幕+と,天幕の中にあったすべての聖なる器具を運び上った。すなわち,祭司とレビ人+がこれらのものを運び上った+  そして,ソロモン,およびイスラエルのすべての集まった人々,彼との申し合わせを守る人たちは,彼と共にの前にいて,あまりにも多くて数を調べることも数えることもできないほどの羊や牛+を犠牲としてささげた+  それから,祭司たちはエホバの契約の箱+をその場所に+,家の一番奥の部屋,すなわち至聖所に,ケルブの翼の下に運び入れた+  それらのケルブはの場所の上に翼を伸べていたので,ケルブはとそのさおを上からさえぎっていた+  しかし,そのさお+は長かったので,さおの先は一番奥の部屋の前の聖所から見えたが,外からは見えなかった。そして,それは今日までそこにある+  の中には,二枚の石の書き板*+のほかには何もなかった。これは,イスラエルの子らがエジプトの地から出て来たとき+,エホバが彼らと契約を結んだ*ときに+,モーセがホレブでそこに納めたものである+ 10  そして,祭司たち+が聖なる場所から出て来ると,雲+がエホバの家に満ちた。 11  それで,祭司たちは雲のために立ってその勤め+をすることができなかった。エホバの栄光+がエホバの家に満ちたからである+ 12  そのとき,ソロモンは言った,「エホバは,濃い暗闇の中に住まう+,と言われました。 13  私はあなたのために高くそびえる住みかを+,あなたが定めのない時までも*住まわれる+定まった場所+を首尾よく建てました」。 14  それから王はその顔を向けて,イスラエルの全会衆を祝福しはじめた+。その間,イスラエルの全会衆*は立っていた。 15  次いで彼は言った,「イスラエルのエホバがほめたたえられるように+。[]はそのみ口によってわたしの父ダビデ+と語り,そのみ手によって成し遂げて+言われた, 16  『わたしの民イスラエルをエジプトから連れ出した日からこのかた,わたしはわたしの名+がとどまる家を建てるために+,イスラエルのどの部族のうちからも都市を選びはしなかった+。しかし,わたしはダビデを選んで,わたしの民イスラエルの上に立てることにする+』。 17  それで,イスラエルのエホバのみ名のために家を建てることが,わたしの父ダビデの心に掛かっていた+ 18  しかし,エホバはわたしの父ダビデに言われた,『わたしの名のために家を建てることがあなたの心に掛かっていたために,あなたはよくやった。それがあなたの心に掛かっていたからである+ 19  ただし,あなたがその家を建てるのではない。あなたの腰から出るあなたの子が,わたしの名のために家を建てるのである+』。 20  それからエホバは,ご自分の語られた言葉を果たされた+。それは,エホバが語られた通り,わたしがわたしの父ダビデに代わって立ち,イスラエルの王座に座し+,イスラエルのエホバのみ名のために家を建てるためであり+ 21  また,エホバの契約+のあるのために,そこに一つの場所を設けるためであった。その[契約]は,わたしたちの父祖をエジプトの地から連れ出されたときに,彼らと結ばれたものである」。 22  それから,ソロモンはイスラエルの全会衆の前でエホバの祭壇の前に立ち+,今度は天に向かってそのたなごころを伸べた+ 23  そして,さらにこう言った。「イスラエルの+エホバよ,上は天にも,下は地にも,あなたのような*はありません+。あなたは,心をつくしてみ前に歩む+あなたの僕たちに対し+,契約と愛ある親切*を守られる方です+ 24  あなたは,ご自分の約束されたことを,あなたの僕,私の父ダビデに対して守られました。ですから,あなたはみ口をもって約束をなさり*,み手をもって,今日のように,成し遂げてくださいました+ 25  それで今,イスラエルのエホバよ,あなたの僕,私の父ダビデに約束して,『あなたがわたしの前に歩んだように,もしあなたの子らがわたしの前に歩んで,その道に気をつけさえしたら,あなたには,イスラエルの王座に座る人がわたしの前から断たれることはない+』と言われたことを,[ダビデ]に対して守ってください。 26  ですから今,イスラエルの*,どうか,あなたの僕,私の父ダビデに約束されたあなたの約束*+が信頼できるものでありますように。 27  「それにしても,は本当に地の上に住まわれるでしょうか+。ご覧ください,天+も,いや,天の天+も,あなたをお入れすることはできません+。まして,私の建てたこの家+など,なおさらのことです! 28  けれども,私のエホバよ,この僕の祈り+と,恵みを求める願い+を顧みて,懇願の叫びと,この僕が今日,み前でささげております祈りをお聴きください+ 29  あなたの目が夜昼,この家に,すなわち『わたしの名はそこにあるであろう+』と言われた場所に向かって開かれ+,あなたの僕がこの場所に向かって祈る祈りをお聴きになりますように+ 30  また,あなたの僕とあなたの民イスラエルがこの場所に向かって祈る,恵みを求める彼らの願いをお聴きください+。あなたが,あなたの住んでおられる場所,すなわち天でお聞きになり+,聞いて,お許しください+ 31  「ある人が仲間の者に対して罪をおかし+,その[仲間]がその人に実際にのろいを課して,のろいを受ける状態に陥らせ+,その人が実際にこの家の中のあなたの祭壇の前にそののろい[のうちにあって]来るなら, 32  あなたが天からお聞きになり,邪悪な者の道を当人の頭に帰してその人を邪悪とし+,義人には当人の義に応じて与えてその人を義として+,行動し,あなたの僕たちをお裁きください+ 33  「あなたの民イスラエルが,あなたに対して罪をおかし続けたために+,敵の前に撃ち破られたとき+,彼らが本当にあなたに立ち返り+,あなたのみ名をたたえ+,この家で祈り+,あなたに向かって恵みを願い求めるなら+ 34  あなたが天からお聞きになり,あなたの民イスラエルの罪を許して+,あなたが彼らの父祖たちにお与えになった土地+に彼らを連れ戻してください+ 35  「彼らがあなたに対して罪をおかし続けたために+,天が閉ざされて雨がなく+,またあなたが彼らを苦しめられたために,彼らがこの場所に向かって実際に祈り+,あなたのみ名をたたえ,その罪から立ち返るなら+ 36  あなたが天からお聞きになり,あなたの僕たち,すなわちあなたの民イスラエルの罪をお許しください。あなたは,彼らの歩むべき良い道+を彼らに教えてくださるからです+。あなたがご自分の民に世襲所有地としてお与えになったあなたの地に雨+をお与えください。 37  「もし,この地に飢きん+が起きたり,疫病+が起きたり,立ち枯れや白渋病+,いなご+やごきぶり+が生じたりする場合,敵が彼らの門*の地で彼らを攻め囲む場合でも―どんな災厄,どんな疾病であれ― 38  だれでも[あるいは]あなたの民イスラエルが皆+,各々自分の心の災厄を知るゆえに+,彼らの側でどんな祈り+,恵みを求めるどんな願い+があっても,彼らがこの家に向かってそのたなごころを実際に伸べるなら+ 39  あなたが天+から,すなわちあなたの住まわれる定まった場所+からお聞きになり,そして許し+,行動して+,各々にそのすべての道にしたがってお与えください+。あなたはその心をご存じだからです+。(ただあなただけが,すべての人間*の子の心をよく知っておられるのです+。) 40  それは,あなたが私たちの父祖にお与えになった土地の表で彼らが生きている期間中ずっと+,彼らがあなたを恐れるためです+ 41  「そしてまた,あなたの民イスラエルのものではないのに,あなたのみ名のゆえに遠い地から実際にやって来る異国の人+のためにも+ 42  (それは,彼らがあなたの大いなるみ名+と,強いみ手+と,差し伸べたみ腕とについて聞くからですが,)そのような人が実際に来て,この家に向かって祈るなら+ 43  あなたが天から,すなわちあなたの住まわれる定まった場所+からお聴きになり,すべてその異国の人があなたに呼び求める+ところにしたがって行なってください。それは,地のすべての民があなたのみ名を知って+,あなたの民イスラエルと同じようにあなたを恐れるようになり,またあなたのみ名が私の建てたこの家+に付されてとなえられていることを知るためです。 44  「もしあなたの民がその敵に立ち向かい,あなたが遣わす道に出て+戦いに行き+,あなたの選ばれた都市+,私があなたのみ名のために建てた家の方向に向かって+,本当にエホバに祈る場合+ 45  あなたも彼らの祈りと,恵みを求めるその願いとを天からお聞きになり,彼らのために裁きを施行してください+ 46  「もし彼らがあなたに対して罪をおかし+(罪をおかさない人はひとりもいないのですから+),あなたが彼らに対してやむなくいきり立たれ,彼らを敵に渡し,彼らを捕らえる者たちが彼らを実際にとりこにし,遠くの,あるいは近くの敵の地に連れ去り+ 47  そして彼らがとりことして連れ去られて行った地で,本当に分別を取り戻し*+,実際に立ち返り+,彼らを捕らえた者たちの地で+,『私たちは罪をおかし+,過ちを犯しました+。私たちは邪悪なことを行ないました+』と言って,彼らを捕らえた者たちの地であなたに恵みを願い求め+ 48  彼らをとりこにして連れ去ったその敵の地で,彼らが本当に心をつくし,魂をつくしてあなたに立ち返り+,あなたが彼らの父祖たちにお与えになったその地,あなたの選ばれた都市,私があなたのみ名のために建てた家の方向に向かって,彼らが本当にあなたに祈る場合+ 49  あなたも天から,すなわちあなたの住まわれる定まった場所+から,彼らの祈りと,恵みを求めるその願いを聞き,彼らのために裁きを施行してくださり+ 50  あなたに対して罪をおかした+あなたの民と,彼らがあなたに対しておかした+そのすべての違犯+を許し+,彼らを捕らえた者たちの前で彼らに哀れみを受けさせてくださり+,それらの者が彼らを哀れみますように。 51  (彼らは,あなたがエジプトから+,鉄の炉の中から連れ出した+あなたの民,あなたの相続物+だからです。) 52  それは,すべて彼らがあなたに呼び求めることにおいてその[言うこと]を聴き+,恵みを求めるあなたの僕の願いと,恵みを求めるあなたの民イスラエルの願いとにあなたの目が開かれるためです+ 53  あなたが地のすべての民の中から彼らをあなたの相続物として分けられたからです+主権者なる主エホバよ,あなたが私たちの父祖をエジプトから連れ出したとき,あなたの僕モーセ*によって語られた通りです+」。 54  こうして,ソロモンはこのすべての祈りと,恵みを求める願いをもってエホバに祈るのを終えるや,天に向かってそのたなごころを伸べて+そのひざをついて身をかがめるのをやめ+,エホバの祭壇の前から立ち上がり, 55  立って+,大声でイスラエルの全会衆*を祝福して+こう言いだしたのである。 56  「すべて約束なさったことにしたがって,ご自分の民イスラエルに憩い所をお与えになった+エホバがほめたたえられますように+。その僕モーセを通して約束された+,その良い約束*はみな,一言もたがいませんでした+ 57  わたしたちのエホバが,わたしたちの父祖たちと共におられたように+,わたしたちと共におられますように+。わたしたちを放置せず,わたしたちを見捨てられませんように+ 58  それは,わたしたちの心を[]に傾けさせ+,すべてその道を歩ませ+,わたしたちの父祖に命じてお与えになったそのおきて+と,規定+と,司法上の定め+とを守らせてくださるためです。 59  そして,エホバのみ前に恵みを願い求めて述べたわたしのこれらの言葉が,日夜,わたしたちのエホバに近くありますように+。日々必要とするところに応じて,その僕のための裁きや,その民イスラエルのための裁きを施行なさるためです+ 60  それは地のすべての民が,エホバこそ[まことの]であること+を知るためです+。ほかにはいません+ 61  それで,あなた方の心は,今日のように,その規定にしたがって歩み,そのおきてを守ることによって,わたしたちのエホバと全く一致していなければなりません+」。 62  そして王と,彼と共にいたイスラエルは皆,エホバの前に立派な犠牲をささげていた+ 63  それからソロモンは,エホバにささげる共与の犠牲+,すなわち牛二万二千頭,羊十二万頭をささげた+。王とイスラエルのすべての子らがエホバの家を奉献する+ためであった。 64  その日,王はエホバの家の前にある中庭の真ん中を神聖なものとしなければならなかった+。彼はそこで焼燔の犠牲と,穀物の捧げ物と,共与の犠牲の脂の部分とをささげなければならなかったからである。エホバの前にある銅の祭壇+は,焼燔の犠牲と,穀物の捧げ物と,共与の犠牲の脂+の部分とを入れるには小さ過ぎたのである。 65  それから,ソロモンはこの時,全イスラエル,すなわちハマトに入るところ*+からエジプトの奔流の谷+に至るまでの大いなる会衆+も彼と共に,七日とさらに七日+,すなわち十四日間,わたしたちのエホバの前で*祭りを行なった+ 66  八日目に彼は民を去らせた+。彼らは王を祝福し,エホバがその僕ダビデと,その民イスラエルのために行なわれたすべての良いこと+のために歓び+,心に楽しく感じながら+,自分たちの家*に帰って行った。

脚注

または,「長老たち」。
「長たち」。または,「ナーシーたち」。
七十訳は,「契約の書き板」を付け加えている。
「契約を結んだ」。字義,「[契約を]切った」。
「定めのない時までも」。字義,「定めのない時」。ヘ語,オーラーミーム,複数形。
「の……会衆」。ヘ語,ケハル; 七十訳,ウル訳,「エクレシア」。
「神」。ヘ語,エローヒーム; ギ語,テオス。
または,「契約と忠節な愛」。
字義,「み口をもって話され」。
「イスラエルの神よ」,マソ本; タル諸写,七十訳,シリ訳,ウル訳,および35のヘブライ語写本,「イスラエルの神エホバよ」。
字義,「言葉」(複); マソ本欄外,「言葉」(単)。
または,「諸都市」。修辞的表現法の一つである提喩により,「門」(複)で表わされている。
人間」。ヘ語,ハーアーダーム; 七十訳,ウル訳,「人」(複)。
字義,「本当に彼らが自分の心に立ち返ることをさせ」。
「あなたの僕モーセ」。この表現の出て来る3か所のうちの最初の例。ネヘ 1:8; ネヘ 9:14参照。
「の……会衆」。ヘ語,ケハル; ギ語,エックレーシアン; ラ語,エックレーシアエ。
字義,「その僕モーセの手によって話された,その良い言葉」。
ヨシュ 13:5,「入るところまで」の脚注参照。
「わたしたちの神エホバの前で,彼の建てた家で,わたしたちの神エホバの前で食べたり,飲んだり,歓んだりして」,七十訳。
字義,「天幕」。