内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 7:1‐51

7  また,自分ソロモン十三+かかっ建て,自分みな完成+  そして,彼は“レバノン+”を建てた。その長さキュビト*,幅五十キュビト,高さ三十キュビトで,杉材あった。柱杉材+あった。  そして,それ四十五ある大梁杉材+鏡板はめられた。[柱は]一十五あった。  枠囲まは,三あって,明かり取り+開口明かり取り開口向かい合った。  それに,すべて入口戸柱枠[で]四角されおり+,また向かい合っ明かり取り開口明かり取り開口最前面そうあった。  また,“柱玄関”を造った。その長さ五十キュビト,幅三十キュビト。そのあるもう一つ玄関あり,そのひさしあった。  彼裁き行なうことた“王座+玄関”についは,彼裁き+玄関造った。人々それから垂木*至るまで杉材覆っ+  彼住むことなった,ほか中庭+そのは,“玄関”に属するから離れた。それ造りこれ同様あった。また,ソロモン自分めとっファラオため建てた,この“玄関”のようあっ+  これらすべて,内側外側も,土台から笠石至るまで,外側大いなる中庭+まで,寸法どおり切られ,石のこぎりひか高価+石[でできて]いた。 10  そして,土台置か高価大きな石,十キュビト石,またキュビトあった。 11  さらに,そのは,寸法どおり切ら高価石,それ杉材あった。 12  大いなる中庭いえば,周囲切り+杉材一層あった。[これは]また,エホバ+中庭+や,その玄関+つい同じあった。 13  それからソロモンやって,ティルスからヒラム+連れ来さた。 14  彼ナフタリ部族出身やもめあり,そのティルス+で,銅細工+あった。[ヒラム]はあらゆる細工するため知恵理解+知識満ちた。そこでソロモンもとやって,そのすべて細工するようなった。 15  それ鋳造+が,その各々高さ十八キュビトで,十二キュビトひも各々その+周り測れた。 16  そして二つ柱頭を,彼載せるため造った。銅鋳造+。一方柱頭高さキュビト,もう一方柱頭高さキュビトあった。 17  柱ある柱頭+ためは,網細工網,鎖細工より合わさ飾りあっ+。一方柱頭ため七つ*,もう一方柱頭ため七つあった。 18  そしてさらに,柱*ある柱頭覆うため,一つ細工周りざくろ*造った。もう一方柱頭ためそのよう+ 19  そして,玄関傍らあるそれら柱頭は,ゆり細工+できおり,四キュビトあった。 20  そして柱頭あり,また細工接しいる隆起密着て,各々柱頭周囲二百ざくろ+なした。 21  それから,彼神殿玄関+属する+立てた。そこで,右側*立てて,そのヤキン*呼び,それから左側*立てて,そのボアズ*呼んだ。 22  そして,柱ゆり細工あった。こうて,その細工しだい完成た。 23  それから鋳物+造った。その一方からもう一方までキュビトで,周囲円形。その高さキュビトで,その周囲囲む三十キュビト要し+ 24  そして,その周囲に,うり形+飾り+あって,それ囲み,一キュビトつきずつで,海周囲取り巻い+。このうり形飾りで,その鋳物鋳込まものある。 25  これ十二雄牛*+立っおり,三向き,三西*向き,三*向き,三向いた。このこれらあって,牛後部すべて中心向かっ+ 26  そして,その厚さ手幅*+あり,その造り,すなわちゆり+ようあった。それ二千バト*+入っ+ 27  次いで,彼運び台+造った。各々運び台長さキュビト,幅キュビト,高さキュビトあった。 28  そして,これ運び台造りあった。すなわち,[運び台]に側壁あり,側壁横木あった。 29  また,横木あっ側壁は,ライオン+雄牛+ケルブ+あり,横木同様あった。ライオン雄牛は,つり下げ細工*花輪飾り+あった。 30  そして,各々運び台四つ車輪あり,銅車軸付いた。その四つものは[車輪]のため支えあった。水盤支えあって,各々から向こう花輪飾り鋳込また。 31  そして,支え内側から向かっいるそのは[?]キュビト*あった。その円く,一キュビト造りた。また,その彫り物あった。それに,その側壁四角されおり,丸くなかった。 32  そして,四つ車輪側壁よりあり,車輪支え運び台あった。各々車輪高さキュビトあった。 33  そして,車輪造り兵車車輪+造りようあった。その支えも,輪縁も,輻も,こしきも,それらみな鋳造ものあった。 34  また,各々運び台四隅支えあった。その支え運び台一部なした。 35  そして,運び台は,高さキュビトで,周囲円形の[台*]があった。運び台で,その側面側壁は[運び台]の一部なした。 36  さらに,彼その側面金属側壁に,各々空い場所応じて,ケルブと,ライオンと,やしを,周囲+花輪飾り刻ん+ 37  彼このよう運び台造っ+。それ全部,同じ鋳方+,同じ寸法,同じあった。 38  それから水盤+造った。各々水盤四十バト*入った。水盤各々キュビトあった。十運び台各々運び台一つ水盤あった。 39  それで,彼運び台右側*に,五左側*置い+。海右側東寄り,南置い+ 40  そして,ヒラム+やがて水盤+シャベル++造った。ついにヒラムエホバ関しソロモンため行なっすべて仕事終え+ 41  すなわち,二+と,二ある鉢形柱頭+,およびある二つ丸い柱頭覆う二つ細工+ 42  二つ細工ため四百ざくろ+,すなわち*ある鉢形二つ柱頭覆う,各々細工ためざくろ。 43  十運び台+と,その運び台水盤+ 44  一つ+と,その十二雄牛+ 45  缶シャベル鉢,およびこれらすべて器具+で,これヒラムソロモンため,エホバために,磨か造った。 46  王は,ヨルダン地域*+,スコト+ツァレタン+で,粘土鋳型*これら鋳造た。 47  ときに,ソロモンその器具+あまりに多かっため,それみな[量らないで]おい+。その重さ確かめられなかっ+ 48  そして,ソロモンやがて,エホバ付属するすべて器具造った。すなわち,祭壇+で,供えパン*載せる食卓+で, 49  また,一番部屋五つ,左五つ[置く]燭台+純金+で,花+,ともしび+,心切りばさみ+で, 50  また,水盤,明かり消し+,鉢+,杯+,火取り+純金で,奥家,すなわち至聖所*+と,神殿++ため軸受け造った。 51  ついに,ソロモンエホバ関し行なうことなっ仕事すべて完了+。そこで,ソロモンダビデよっなるものされ運び入れはじめ+。すなわち,銀,金,器物エホバ宝物納め+

脚注

付録8イ参照。
「垂木」,わずか訂正よる; シリ訳,「天井」; ウル訳,「頂」; マソ本,「床」。
「七つ」,マソ本; 七十訳,「ひとつ網」。
「柱」,シリ訳および50ヘブライ写本; マソ本,「ざくろ」。
「ざくろ」,二つヘブライ写本; マソ本,「柱」。
または,「南の」,すなわち,人向いとき右。
「彼堅く立てるあろう」の意。
または,「北の」,すなわち,人向いとき左。
「強さよって」という意味あろう。もう一つ名,「ヤキン」のあと読ま思われる。
または,「牛」。
字義,「方」,すなわち,地中海。ヘ語,ヤーンマー。
字義,「ネゲブ方」。ヘ語,ネグバー,「南方」。
7.4㌢。
4万4,000㍑。多分,普通用いられとき容量。二 4:5,「バト」の脚注比較。
または,「打ち抜き細工」。
マソ本キュビト数字抜けいる。
「台」,マソ本この明らか抜けいるで,挿入た。
880㍑。
または,「南」,すなわち,人向いとき右側。
または,「北」,すなわち,人向いとき左側。
「二に」,七十訳; シリ訳,ウル訳,「柱に」; マソ本,「柱に」。
創 13:10,「地域」の脚注参照。
「粘土鋳型で」。または,「地面鋳物で」。わずか訂正て,「アダマ渡り場で」と読むしれない。
「供えパン」。または,「み前パン」。字義,「パン」。ヘ語,レヘム ハッパーニーム; ウル訳,「供え物パン」。
または,「すなわちなる」。ヘ語,レコーデシュ ハッコダーシーム