内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 6:1‐38

6  そして,イスラエルエジプトから四百八十*+,ソロモンイスラエルなっから+ジウ+,すなわち+に,彼エホバため建てはじめある+  そして,ソロモンエホバため建て+長さ六十キュビト*+,幅二十[キュビト],高さ三十キュビト+あった。  そして,家神殿*玄関+は,家で,長さ二十キュビトあった。それで,奥行きキュビトあった。  次で,彼そのために,狭まるある+作った。  さらに,彼付け周囲に,すなわちに[付けて]神殿一番部屋+周囲*脇屋建て,こう周囲脇間+造った。  一脇間*キュビト,中キュビト,第キュビトあった。それは,家外側周囲取り付け+あって,家差し込まないようからあっ+  そのは,建てられるとき,既に仕上げられ石切り+建てられある。つち斧,その他道具[の音]は,家+建てられるとき,その聞かなかった。  一*脇間入口+*あり,らせん階段よっの[間]に,中の[間]からの[間]に上った。  さらに,彼完成するため,その建築続け+,家杉材+覆った。 10  その,家全体付けて,脇間+それぞれ高さキュビト建てた。それら材木固着+ 11  そのに,エホバ言葉ソロモン+臨ん言っ+ 12  「あなたいるこのついは,もしあなたわたし法令したがって歩み+,わたし司法定め実行+,わたしおきてしたがって歩んそのすべて実際守るなら+,わたしまた,あなたダビデ語った,あなたかかわる言葉必ず果たすあろ+ 13  わたし際,イスラエルただ中住まい+,わたしイスラエル捨てることない+」。 14  こうて,ソロモン完成するため,その建築続け+ 15  それから内側築いた。家から天井垂木*至るまで,内側材木張った。さらに,家ねず張っ+ 16  さらに,彼後部に,床から垂木至るまで,杉二十キュビト建て,そのため内側一番部屋+,すなわち+建てた。 17  そして,家,すなわちその+神殿*+は,四十キュビトあった。 18  また,家内側杉材は,うり形飾り+花輪模様+彫り物施さた。そのすべて杉材あり,石られなかった。 19  そして,家内部一番部屋+内側整えた。そこエホバ契約++置くためあった。 20  そして,一部屋長さ二十キュビト,幅二十キュビト+,高さ二十キュビトあった。それからこれ純金かぶせ+,祭壇+杉材張った。 21  そしてソロモンさらに内側純金+かぶせ+,一番部屋+細工+渡し,これかぶせた。 22  こうて,家全体かぶせ+,ついにことごとく完成た。また,一番部屋向いいる祭壇+全体かぶせ+ 23  さらに,彼一番部屋二つケルブ+造った。各々高さキュビトあっ+ 24  そして,そのケルブキュビト,そのケルブもう一方キュビトあった。その先端からその先端までキュビトあっ+ 25  また,第ケルブキュビトあった。二つケルブ同じ寸法,同じあった。 26  一ケルブ高さキュビトで,もう一方ケルブそうあった。 27  それから内部それらケルブ置いで,人々そのケルブ+広げた。こうて,一方の[ケルブ]の届き,もう一方ケルブもう一方届くあった。彼ら中央向かっおり,翼触れ合っ+ 28  その,彼それらケルブかぶせ+ 29  そして,家周囲すべては,内外[の間]とも,ケルブ+やし模様彫刻+と,花彫り物+彫り刻んだ。 30  また,家+は,内外[の間]とも,金かぶせた。 31  また,一部屋入口++造った。脇柱,戸柱[および]五ものも。 32  そして,二できおり,彼そのケルブやし模様彫刻と,花彫り物彫り刻み,それかぶせた。すなわち,それらケルブやし模様打ち伸ばした。 33  また,このよう神殿入口ために,油戸柱,四角[柱]を造った。 34  そして,そのねず材+できた。一方折り戸回り,もう一方折り戸回っ+ 35  そして,彼ケルブやし模様と,花彫り物彫り刻み,その描き出さもの+金ぱくかぶせた。 36  そしてさらに切り+杉材一層中庭+築いた。 37  第目,太陰ジウ+に,エホバその土台据えられ+ 38  第十一目,太陰ブル*,すなわちに,家そのすべて細部およびそのすべて設計+完成+。それこれ建てる要した。

脚注

「四百八十目」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「四百四十目」。
付録8イ参照。
「の神殿」。ヘ語,ヘーカル; ギ語,ナウー; ラ語,テンプルム。二 20:18脚注比較。マタ 23:16脚注参照。
または,「神殿周囲に,また一番後ろために」。「また一番後ろために」,ヘ語,ウェラッデヴィール; ギ語,ダビル; シリ訳,「なだめ覆い家」,すなわち,至聖所; ラ語,オーラークリー,「神託所」。このラテンは,ヘブライ名詞デヴィールが,「話す」という意味動詞ダーヴァルから派生する間違っ理論基づいいる。コプトタビール,「一番奥」; またアラビアドゥブル,「後ろ」と比較。
「脇間」,七十訳; マソ本,「脇屋」。
「一番の」,タル,七十訳; マソ本,シリ訳,ウル訳,「中の」。
「右」,すなわち,人向いとき南。
「垂木」,わずか訂正よる; マソ本,「壁」。
「その神殿」。ウル訳,「神託所(一番部屋)の神殿」。
付録8ロ参照。