内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 5:1‐18

5  ときに,ティルス+ヒラム+そのたち+ソロモンもと遣わした。それ人々そそいで,その代わりこと聞いからあった。ヒラムダビデ愛する*だっある+  代わっソロモンヒラムもとやっ言っ+  「あなたよくご存じように,わたしダビデは,人々取り囲んしかけ戦いゆえに,エホバ人々置くまでは,そのエホバみ名ため建てることできませでし+  ところ今,わたしエホバ周り至る所わたし休まくださいまし+。反抗する*おりませし,悪いこと起きませ+  そこで今,わたしわたしエホバみ名ため建てよう思っます*+。エホバわたしダビデ約束て,『わたしあなた代わりあなた王座就かせるあなたが,わたしため建てるあろう』と言わ通りです+  それ今,わたしためレバノンから*切り出すよう命じください+。わたしたちも,あなたたちいることなり,すべてあなた言われるところしたがって,あなたたち賃金わたしあなた払いましょう。あなたよくご存じように,わたしたちシドン+よう切り方知っいるないからです」。  こうて,ヒラム+ソロモン言葉聞くと,大いに歓ぶようなり,さらにこう言っある。「このおびただしいつかさどる+賢い+ダビデお与えなっですから,今日,エホバほめたたえられますように!+  それゆえ,ヒラムソロモンもとやっ言った,「わたしあなた申し送らこと聞きました。わたしは,杉材木ねず材木+は,すべてあなた喜ばれること致しましょう。  わたしたちは,それレバノン+から運び下ろします。一方わたしは,それ丸太いかだ組んで,海路,あなた通知くださる場所まで[送り+],そこで,必ずそれ解かましょう。他方あなたは,それ運ぶです。あなたは,わたしたちため食物与え+,わたし喜ぶこと行なうことなります」。 10  こうヒラムソロモンすべてその喜ぶところしたがって材木ねず材木与えるなった。 11  また,ソロモンほうは,ヒラムそのたちため食糧小麦二万コル+,およびつぶし採っ+*二十コル*与えた。このようソロモン年々ヒラム与え+ 12  それに,エホバは,約束さっ通り,ソロモン知恵お与えなっ+。それヒラムソロモン平和保たれ,彼ら契約結んだ。 13  そして,ソロモン強制労働徴用たちイスラエル全土から上ら続けた。強制労働徴用たち+三万なった。 14  そして,彼それらか月一万ずつ交代レバノン送るあった。すなわち,一か月レバノンに,二か月+。アドニラム+強制労働徴用たち+つかさどる+あった。 15  また,ソロモン荷物運搬+七万人,山+[石を]切る+八万人, 16  そのほか,工事つかさどった,ソロモンたち代官*+,すなわち工事従事する現場監督+三千三百+ 17  それゆえは,切ら+土台据えるため+,大きな石,高価切り出すよう命じ+ 18  こうソロモン建築と,ヒラム建築と,ゲバルたち+は[石]切り行ない,家建てるため材木準備た。

脚注

または,「(の)友人」。ラ語,アミークス。
反抗する」。ヘ語,サーターン; シ語,サーターナー; ラ語,サタン
字義,「建てると[自分に]言っます」。
または,「もみ木」。ギ語,クシュラ,「木」(複)。
すなわち,オリーブつき臼つぶしたり,ついたり作った,特に上等高価油; オリーブ踏みつぶされる場合ある。
4:22,「コル」の脚注参照。
「君たち代官」。字義,「代官たち」。