内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 22:1‐53

22  そして,シリアイスラエル戦争ないまま,三彼ら暮らした。  そして,三に,ユダエホシャファト*+イスラエルところ下っ行っある。  そこで,イスラエルそのたち言った,「あなた方は,ラモトギレアデ+我々属しいること本当知っいるか。だが,我々シリアからそれ奪うためらっいるだ」。  次いエホシャファト言った,「あなたラモトギレアデおける戦い+ためわたし行っくれますか」。そこでエホシャファトイスラエル言った,「わたしあなた同様です。わたしあなた同様です+。わたしあなた同様です」。  しかし,エホシャファトイスラエルさらに言った,「どうか,まず最初に,エホバ言葉伺っ+ください」。  それで,イスラエル預言たち,約四百集め+,彼ら言った,「わたしラモトギレアデ向かっ戦い行こか。それとも,差し控えようか」。すると,彼ら言いだした,「上っ行きなさい+。そうすれば,エホバ*これ渡されるでしょう」。  しかし,エホシャファト言った,「ここエホバ預言ほかないですか。いたら,その通し伺っましょ+」。  そこでイスラエルエホシャファト言った,「ほかもう人,その通しエホバ伺うべきます+,わたし確か憎んます+。彼わたしつい良いこと預言ず,ただ悪いことばかり[預言する]からです+。―イムラミカヤ*です」。ところが,エホシャファト言った,「王そのようこと言わないください+」。  そこで,イスラエルある廷臣+呼び寄せ言った,「どうか,イムラミカヤ急い連れもらいたい+」。 10  さて,イスラエルユダエホシャファトは,衣+,サマリア入口脱穀で,各々その王座座した。預言たち皆,ふたり預言よう振る舞っ+ 11  そこで,ケナアナゼデキヤ自分ため造っ言った,「エホバこのよう言わまし+。『これらもので,あなたシリア突いて,ついに彼ら滅ぼし尽くすあろ+』」。 12  そして,ほか預言たち皆,これ同じよう預言ながら言った,「ラモトギレアデ上っ行き,成功収めなさい。エホバ必ずこれ渡さます+」。 13  ときに,ミカヤ呼び行っ使者話し言った,「いいですか,お願いです! 預言たち言葉異口同音*とっ良いものです。あなた言葉も,どうか,彼ら言葉ようなり,あなた良いこと話しますよう+」。 14  しかしミカヤ言った,「エホバ生きおらます+。エホバわたし言われること,それわたし話します+」。 15  そこでところ入ると,王言った,「ミカヤよ,我々ラモトギレアデ戦い行こか。それとも,差し控えようか」。彼直ちに[王]に言った,「上っ行って,成功収めなさい。エホバ必ずこれ渡さます+」。 16  すると言った,「わたし何度あなた誓い立てさせたら,あなたエホバよっただ真実しか話さないようなる+」。 17  それ言った,「わたし確かに,イスラエル皆,山々に,羊飼いないよう+散らさいる+ました。そしてエホバさらに言わました,『これら主人*ない。彼ら各々安らか自分戻らせよ+』」。 18  そこで,イスラエルエホシャファト言った,「『彼わたしつい良いことなく,悪いことばかり預言する』と,わたしあなた言いませでし+」。 19  すると,[ミカヤ]はさらに言った,「それゆえに,エホバ言葉聞きなさい+。わたし確かに,エホバみ座座しおら+,天全軍その傍らに,その右左立っいる+ました。 20  それからエホバ言わました,『だれアハブだまして,上っ行かせ,ラモトギレアデ倒れせるか』。すると,こちらこのよう言いだし,そちらそのよう言っまし+ 21  ついに,ひとり+て,エホバ立ち,『私だましましょう』と言いました。そこでエホバに,『どういうふうするか』と言わまし+ 22  これ対し言いました,『私行き,必ずすべて預言欺きなりましょ+』。そこで,『あなただまし,その上,勝ち得るなるあろ+。出行って,そのようせよ』と言わまし+ 23  それで,今ここに,エホバあなたこれらすべて預言欺き授けられまし+。それエホバあなたつい災い話さまし+」。 24  そのとき,ケナアナゼデキヤ近寄って,ミカヤほほ打っ+言った,「一体どっちの[方]へ,エホバわたしから去っ行って,お前話しいう+」。 25  するとミカヤ言った,「ご覧なさい,あなた一番+入っ隠すそのに,[どちらが]分かるでしょ+」。 26  そこで,イスラエル言った,「ミカヤ捕らえ,都市アモンヨアシュもと戻らせよ+ 27  そして,お前こう言うだ。『王このよう言わ+。「この留置+入れ,わたし無事帰っ来るまで+,量減らしパン+と,量減らし養え」』」。 28  そこですぐミカヤ言った,「もしも,あなた無事帰っられることあるならば,エホバわたし*話さなかっです+」。そしてさらに,「すべてよ,聞いおきなさい」と言っ+ 29  こうて,イスラエルユダエホシャファトラモトギレアデ上っ行っ+ 30  そのとき,イスラエルエホシャファト言った,「[わたしは]変装戦い+行くことます*が,あなたご自分ください+」。そこでイスラエル変装+,戦い行っ+ 31  シリアは,自分ものある兵車三十二たち+命じて,「お前たちは,小さい大きいなく,ただイスラエルだけ戦うように」と言っおい+ 32  そして,兵車たちエホシャファト見るや,彼らほうは,「確かこれイスラエルだ」と思っある+。そこで人々向かっ戦おで,エホシャファト援助叫び求めはじめ+ 33  そして,兵車たちは,それイスラエルないこと見て取るや,直ちに追うやめ戻っ行っある+ 34  ときに,何気なく引いが,そのイスラエル付属小札かたびらで,彼その兵車御者言っ+,「手向き変え,わたし陣営から運び出しくれ。わたしひどい負っだ」。 35  そして,その日,戦い激しさ増しゆき,王シリア向かって,兵車立っ姿勢保っもらわなけれならなかっが,やがて夕方なっ死ん+。傷戦車内側注ぎ出+ 36  そして,日入るころ,「銘々自分都市へ,銘々自分土地+!」という,鳴り響く叫び声*陣営伝わりだした。 37  こう死んだ。彼サマリア運ばれる*,人々サマリア葬っ+ 38  そして,彼らサマリア傍らその戦車洗いはじめた。すると,犬なめ尽くしいっ+。(また,売春たちそこで水浴た。)エホバ語ら言葉とおりあっ+ 39  アハブその他事績,彼行なっすべてこと,彼建て象牙+家,彼建てすべて都市は,イスラエルたち時代事績記さいる+ないか。 40  ついにアハブその父祖たち横たわり+,そのアハジヤ*+代わっ治めはじめた。 41  アサエホシャファト+は,イスラエルアハブユダなった。 42  エホシャファトは,治めはじめき,三十五で,二十五エルサレム治めた。そのアズバいい,シルヒあった。 43  そして,彼そのアサすべて歩み続けた。彼エホバ正しいこと行なって,その[道]からそれなかっ+。ただし,高き所なくならなかっ*。民なおも高き所犠牲ささげ,犠牲立ち上ら+ 44  そして,エホシャファトイスラエル平和関係保っ+ 45  エホシャファトその他事績,彼行なっ力強いこと,彼いかに戦っは,ユダたち時代事績記さいる+ないか。 46  そして,そのアサ時代残っ残り神殿男娼+を,彼このから一掃+ 47  王ついいえば,エドム+は[王]がなく,代官あっ+ 48  エホシャファトいうと,金を[得る]ためオフィル行くよう,タルシシュ+造っが,それ行かなかった。船エツヨンゲベル難破からある+ 49  アハブアハジヤエホシャファトに,「わたしたちあなたたち行かましょう」と言っそのときことあっが,エホシャファト承知なかっ+ 50  ついにエホシャファトその父祖たち横たわり+,その父祖“ダビデ都市”に父祖たち葬ら+。そのエホラム+代わっ治めはじめた。 51  アハブアハジヤ+は,ユダエホシャファト十七サマリアイスラエルなり,二年間イスラエル治めた。 52  そして,彼エホバ悪いこと行ない続け+,彼++,それイスラエル+おかさネバトヤラベアム+歩ん行った。 53  そして,彼バアル仕え+,これかがめ,彼行なっすべてことしたがってイスラエルエホバ怒らせ+続けた。

脚注

「エホバ裁き主」の意。ヘ語,エホーシャーファート。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
「だれエホバようあろか」の意。ヘ語,ミーカーエフー。
「異口同音に」。字義,「一つ口」。
または,「主」。ヘ語,アドーニーム。アードーン複数で,卓越表わす。
または,「わたしよって」。民 12:8前半比較。
「変装て……行くことます」。ヘブライこれら二つ動詞いずれ不定詞独立で,時関し不定で,非人称。タル,七十訳,シリ訳,「わたし完全覆って……行きます」; ウル訳,「武具取って……行きなさい」。
「鳴り響く叫び声が」。または,「伝令が」,七十訳一致て。
「彼が……運ばれると」,ウル訳; マソ本,シリ訳,「彼が……来ると」; 七十訳,「彼らが……来ると」。
「エホバとらえくださった」の意。ヘ語,アハズヤーフー。
「高き所なくならなかった」,マソ本; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「高き所除かなかった」。