内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 20:1‐43

20 * 一方シリアベンハダド+は,その軍勢集めた。また,彼三十二たち+と,馬+兵車+あった。そこで上っ行っサマリア+包囲+,これ戦った。  それからその都市いるイスラエルアハブもと使者たち遣わし+。次いこう言わせた。「ベンハダドこのよう言わた。  『あなたわたしものあり,あなたたちら,その最も麗しいわたしものある+』」。  これ対しイスラエル答え言った,「王なるよ,お言葉通り,わたしは,わたし属するすべてものあなたものです+」。  後に,使者たち戻っ言った,「ベンハダドこのよう言わた。『わたしあなたやっ言った,「あなた金,およびあなたたちを,あなたわたし与えることなる。  だが,わたし明日今ごろ,僕たちあなたところ遣わすあろう。彼ら必ずあなたと,あなたたち注意深く探る。そして必ず,あなた望ましいもの+みな,彼ら入れるある。彼ら必ずそれ奪い去る」』」。  そこで,イスラエルこのすべて年長たち呼ん+言った,「どうか,注意て,この災い求めいるもらいたい+。彼よこして,わたしたちら,およびわたし求めが,わたしそれから差し控えなかった」。  すると,年長たちみな言った,「従っなりません。承諾べきありません」。  それベンハダド使者たち言った,「王なる言っもらいたい,『あなた初めこの言っよこさことみな致しますが,この行なえません』」。そこで,使者たち去っ行って,伝言持ち帰った。 10  さて,ベンハダドところやっ言った,「もし,サマリアわたし従う*すべて一杯する足りるなら+,神々わたしそのようなさり+,重ねそのようなさるよう+!」 11  すると,イスラエル答え言った,「あなた方は[彼に]こうなさい。『[武具を]着ける+は,解くよう自分こと誇っならない+』」。 12  そして,彼この言葉聞くや,彼たち仮小屋飲ん+が,直ちにそのたちに,「配置就け!」と言った。それで,彼らこの都市攻める配置就きはじめた。 13  ときに,見よ,ある預言イスラエルアハブ+近寄っ言った,「エホバ*このよう言わ+。『あなたこの群衆みなか。わたし今日,これあなた渡す。あなたは,わたしエホバ*あること確か知るあろ+』」。 14  そこでアハブは,「それだれよっでしょか」と言うと,彼言った,「エホバ*このよう言わた。『管轄地域たち若い部下たちよっある』」。最後に,[アハブ]が,「だれ戦闘開始するでしょか」と言うと,彼は,「あなただ!」と言った。 15  それから[アハブ]は管轄地域たち若い部下調べみると,それ二百三十二+あった。その後,民全部,すなわちイスラエル全部調べみると,七千あった。 16  そして,彼ら真昼ごろ行きはじめが,ベンハダドは,自分も,王たち,すなわち助け三十二たち一緒に,仮小屋飲ん酔っ+ 17  管轄地域たち若い部下たち+まず最初行くと,ベンハダド直ちに遣わした。それらて,彼告げ言った,「サマリアから人々まいりました」。 18  そこで言った,「和平ためあっも,お前たち彼ら生け捕りなけれならない。また,戦いためあっも,生きまま彼ら捕らえなけれならない+」。 19  そして,それらその都市からたち,すなわち管轄地域たち若い部下たちと,その後ろ軍勢あった。 20  そして彼ら各々その相手討ち倒した。それシリア+逃げ去り+,イスラエル彼ら追跡行っが,ついにシリアベンハダド乗って,騎手たち一緒逃げた。 21  しかし,イスラエル行って,馬兵車討ち倒し+,またシリア討ち倒し大いに殺した。 22  後に,例預言+イスラエル近寄っ言った,「さあ,自ら強く+,注意て,自分行なおいることわきまえなさい+。年改まるころ*,シリアあなた攻め上っ来るからです+」。 23  一方シリアたちは,[王]に言った,「彼らです*+。ですから,彼ら我々より強かっです。それに,我々平地彼ら戦わせ,我々彼らより強くないどうを[見させて]ください。 24  それで,このよう行なっください。王たち+各々その立場から退け,彼ら代わり総督置いください+ 25  あなたは,ご自分ために,あなたから倒れ軍勢等しい軍勢を,馬馬,兵車兵車つい数えなくなりません。そして,我々平地彼ら戦わせ,我々彼らより強くないどうを[見させて]ください+」。そこでその聴き従って,そのようた。 26  そして,年改まるころ,ベンハダドシリア+召集し,イスラエル対する戦いためアフェク+上っある。 27  一方イスラエル召集れ,食糧供給+,彼ら立ち向かうため行きはじめた。イスラエルやぎごく小さな二つ群れよう彼ら陣取っが,シリア満たし+ 28  すると,[まことの]+近寄って,イスラエル言った。しかも,こう言った,「エホバこのよう言わた。『シリアが,「エホバ*あって,低地平原ない」と言っいるで,わたしこの群衆あなた必ず渡す+。あなた方確かに,わたしエホバあること知るあろ+』」。 29  そして彼らは,互い向かい合って,七陣営敷い+。そして,七に,戦闘始まり,イスラエルシリアを,すなわち一日うち徒歩十万討ち倒しある。 30  そして,残ったちアフェク+へ,すなわち都市逃げ行っが,その城壁が,二万七千残ったち倒れ落ち+。一方ベンハダド逃げ+,ついに都市入り,一番+入った。 31  それで,そのたち言った,「さあ,お願いです。イスラエルたちある親切+ある,と聞います。どうか,わたしたち粗布+まとい+,首掛けて,イスラエルもと行かください。多分,彼あなた生かしおかれるでしょ+」。 32  そこで彼ら粗布まとい,綱掛けて,イスラエルところ言った,「あなたベンハダドは,『どうか,わたし生かしください』と申しおります」。これ対して[王]は言った,「彼まだ生きいるか。彼わたし兄弟だ」。 33  それで,この人々+は,それ兆しなし,すぐそれ自発決定解して,「ベンハダドあなた兄弟です」と言った。すると,彼は,「行って,彼連れなさい」と言った。そこで,ベンハダドところた。[王]は直ちに兵車乗せ+ 34  さて,[ベンハダド]は言った,「わたしあなた父上から奪っ都市+お返し致します。あなたは,わたしサマリア指定同様に,ダマスカスご自分ため街路指定することできます」。 「では,わたしは,契約結ん+あなた去らせることよう」。 こうて,[アハブ]は契約結んで,彼去らた。 35  ときに,預言+*あるエホバ言葉+よっ自分に,「どうか,わたし打っくれ」と言った。しかし,その打つこと拒んだ。 36  それゆえ,彼その言った,「あなたエホバ聴き従わなかっで,ご覧なさい,あなたわたしもとから去っ行き,ライオン必ずあなた打ち倒すでしょう」。その後,そのそばから去っ行き,ライオン+その見つけ打ち倒し+ 37  次いもうひとり見つけ言った,「どうか,わたし打っくれ」。それで,その打ち,打っ傷つけ* 38  それから,その預言行って,道端待っ立ち止まり,目包帯て,変装+ 39  そして,王通り過ぎようとき,彼叫ん言っある+,「この戦い最も激しいところ行きますと,ご覧ください,ひとり[戦]列離れて,あるところ連れて,こう言いました。『この見張れ。もしもこのなくなりもしたら,お前+代わりなる+か,またはタラント*お前量り分ける+ことなる』。 40  そして,このあちこち活動いるうちに,何と,そのなくなっしまっです」。そこでイスラエル言った,「お前裁きそのようものだ。お前決め+」。 41  すると急いから包帯取り除いで,イスラエルに,すなわち預言ひとり+あること気づいた。 42  そこでは[王]に言った,「エホバこのよう言わた。『あなたは,滅びためわたしささげられ*自分から放し行か+,あなた代わりなり+,あなた代わりならなけれならない+』」。 43  そこで,イスラエル不機嫌なり,がっかり+,自分向かっ去っ行き,サマリア+着いた。

脚注

七十訳2021入れ替えいる; ゆえに七十訳ここから21始まっいる。
字義,「わたし足もといる」。
「エホバ」。ヘ語,エフワー; アキュ訳バーキット古代ヘブライ文字四文字語<テトラグラマトン>を用いいる; ギ語,キュリオス。付録1ハ§7参照。
付録1ハ§7参照。
付録1ハ§7参照。
「年改まるころ」,すなわち,翌春。二 36:10参照。
または,「彼ら神々神々です」。28脚注参照。
「の神」。ヘ語,エローヘー。エローアハ複数で,卓越もしくは威光表わす。
預言の」。ヘ語,ミッベネー ハンネヴィーイーム; この表現最初来る箇所。
「打っ傷つけた」。ヘブライこれら二つ動詞いずれ不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
付録8イ参照。
「滅びためわたしささげられ人」。字義,「わたしささげられものある人」。