内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 2:1‐46

2  ときに,ダビデしだい近づい+。それそのソロモン命じ言った,  「わたしすべて[の者]の行こいる+。あなた強くあっ+,男らしくありなさい+  そして,あなたあなたエホバ歩み,モーセ律法書いあるところしたがって+,[]の法令おきて司法定め+*守ることより,[]に対する務め守らなけれならない+。あなたするあらゆることで,またあなた向かうあらゆるところで,慎重行動するためある。  それは,エホバわたして,『もし,あなた+そのつくし+,魂つくして,真実*もっ+わたし歩ん+,そのつけるなら,あなたは,イスラエル王座から断たれるない+』と言った,ご自分言葉果たされるためある+  「それに,あなたまた,ツェルヤヨアブイスラエル長,ネルアブネル+エテル+アマサ+ことで,わたしこと+よく知っいる。そのとき,彼このふたり殺し,平時戦い+もたらし,その周り締めるに,またその着けるサンダル戦い付けだ。  それで,あなた知恵したがって行動なさい+。彼白髪安らかシェオル*+下らならない+  「だが,ギレアデバルジライ+対しは,愛ある親切*表わすべきある。彼らあなた食卓食べるたちなけれならない+。わたしあなた兄弟アブサロムから逃げ去っとき+,彼らそのようわたし近づいくれからある+  「また,見よ,バフリム+出身ベニヤミンゲラシムイ+あなたいるが,わたしマハナイム行こ+,ひどい呪いことばもっわたし災い呼び求め+。だが,ヨルダンわたし迎えよう下っだっ+,わたしエホバかけ誓い,『わたしお前殺すことない』と言っ+  それ,彼処罰ないままおいならない+。あなた賢い+で,彼べきことよく知っいるからだ。あなた白髪+染めシェオル下らなけれならない+」。 10  それから,ダビデそのたち横たわり+,“ダビデ都市”に葬ら+ 11  ときに,ダビデイスラエル期間四十あっ+。ヘブロン+治め+,エルサレム三十三治め+ 12  一ソロモンは,そのダビデ王座座り+,その王権しだい非常堅く立てられ+ 13  そのうちに,ハギトアドニヤソロモンバテシバ+ところた。そこで彼女言った,「穏やかことです+」。するとは,「穏やかことです」と言った。 14  そしてさらに言った,「あなたに[お話したい]事あるです」。それ彼女言った,「話しご覧なさい+」。 15  そこで続け言った,「あなたご自身,王権わたしものなろことよくご存じですし,全イスラエルわたしなるよう,そのわたし向けおりまし+。ところ王権転じて,わたし兄弟ものなりました。それものなっエホバからことだっからです+ 16  それ,あなたお願いたいこと一つあるです。わたし退けないください+」。そこで彼女言った,「話しご覧なさい」。 17  それさらに言った,「どうか,王ソロモンに(彼あなた退けることなさらないでしょから),シュネム+アビシャグ+わたし下さるよう言っください」。 18  これバテシバ言った,「結構です! わたしあなたためお話しましょう」。 19  それで,バテシバアドニヤ+ためソロモンところ行った。すぐ立っ+彼女迎え,これかがめ+。それから,彼自分王座座り,王ため設けさせ,彼女その+座れるようた。 20  それから言った,「あなたお願いたい小さなこと一つあります。私退けないください」。それ彼女言った,「母上,それ言っください。わたしあなた退けることませから」。 21  それさらに言った,「シュネムアビシャグあなた兄弟アドニヤ与えられますように」。 22  そこでソロモンその答え言った,「どうしてアドニヤためシュネムアビシャグ願い求めおられるですか。彼ため王権願い求めなさい+。(彼わたしより年上兄弟ですから+。)彼ためも,祭司アビヤタル+ツェルヤ+ヨアブ+ためも」。 23  そして,ソロモンエホバかけ誓っ言った,「もし,アドニヤこのよう話しこと自身不利ことなかっなら+わたしそのようなさり,重ねそのようなさいますよう+ 24  それ,わたし堅く立て+,わたしダビデ王座わたし座らおら+,自ら通り+わたしため造っくださっ+エホバ生きおらます+。今日,アドニヤ殺されることなります+」。 25  直ちにソロモンエホヤダベナヤ+よっ伝えた。それからは[アドニヤ]に襲いかかっで,彼死ん*+ 26  また,祭アビヤタル+こう言った。「あなた野,アナトテ+行きなさい! あなた値する*から+。しかし,今日,わたしあなた殺すことない。あなたわたしダビデなるエホバ+担い+,わたし苦しみ遭っずっあなた苦しみ遭っから+」。 27  こうソロモンアビヤタルエホバ仕える[立場]から追い出し,シロ+エリ対しエホバ言葉成就することなっ+ 28  ときに,そのヨアブ+ところまで届いた。―ヨアブは,アブサロム*従おなかっもの+,アドニヤ従おある+。―それヨアブエホバ天幕+逃げ行き,祭壇しがみ付くようなっ+ 29  それから,ソロモンこう告げられた。「ヨアブエホバ天幕逃げました。今,彼祭壇傍らます」。そこで,ソロモンエホヤダベナヤ遣わし言った,「行って,彼襲いかかれ+!」 30  それゆえ,ベナヤエホバ行って,彼言った,「王このよう言わた。『出なさい!』」 ところ言った,「いやだ! ここ+わたし死ぬだ」。そこで,ベナヤ伝言持ち帰っ言った,「ヨアブこのよう話し,わたしこのよう答えました」。 31  それ言った,「彼通りし,彼襲いかかれ。あなた葬り,ヨアブ流し+不当流さ*+を,わたしと,わたしから取り除くように。 32  そして,エホバ自身返されるあろ+。彼は,自分よりかなっ善良襲いかかり+,わたしダビデ知らないうち+,剣彼らを,すなわちイスラエル+ネルアブネル+と,ユダ+エテルアマサ+殺しからだ。 33  それで,彼必ず定めないまでヨアブその子孫返っ来る+。しかし,ダビデ+その子孫,およびそのその王座ためは,エホバから定めないまで平安あるあろ+」。 34  それから,エホヤダベナヤ上っ行き+,彼襲いかかって,これ殺し+。こう荒野ある自分葬らた。 35  そこですぐエホヤダベナヤ+代わり軍隊立て+。また祭司ザドクを,王アビヤタル代わり立て*+ 36  最に,王やっシムイ+呼び,彼言った,「エルサレム自分建てなさい。あなたそこ住み,そこからここかしこ行っならない。 37  そして,あなた行くに,あなた実際キデロン奔流+渡るときは,あなた自分必ず死ぬ+ことはっきり知っおくべきある。あなた対する*は,あなた自身帰するあろ+」。 38  そこでシムイ言った,「お言葉結構です。王なる通り,このそのよう致しましょう」。それシムイ長いずっエルサレム住んた。 39  ところが,三終わりごろ,シムイ奴隷+が,ガト+マアカアキシュ+ところ逃げ去っ行っある。人々シムイ告げ言った,「ご覧なさい,あなた奴隷たちガトます」。 40  直ちにシムイ立ち上がり,ろば置き,その奴隷たち捜しガトアキシュところ行った。その後,シムイ行って,その奴隷たちガトから連れた。 41  それからソロモンこうられた。「シムイエルサレムからガト行っ戻っました」。 42  そこでやり,シムイ呼ん+,こう言った。「わたしエホバかけあなた誓い立てさせ,『あなた行くに,あなた実際あちこち行くときは,あなた自分必ず死ぬことはっきり知っおくべきだ』と言って,あなた警告ない+。それあなたわたしに,『わたし聞い言葉結構です+』と言っないか。 43  ではなぜ,エホバ+と,わたしあなた厳粛課しおきて守らなかっ+」。 44  そしてさらにシムイ言った,「あなたも,わたしダビデ加えた,あなたよく知っいる,すべて危害承知いるはず+。エホバ必ず,あなたよって[加えられた]危害あなた自身返されるあろ+ 45  しかし,ソロモン祝福+,ダビデ王座永久エホバ*堅く立てられるあろ+」。 46  そこでエホヤダベナヤ命じた。彼行って,[シムイ]に襲いかかっで,彼死ん+ こうて,王国ソロモン堅く立てられ+

脚注

または,「諭し; 勧告」。
または,「忠実さ」。
シェオル」。ヘ語,シェオール; ギ語,ハーイドゥー; シ語,ラシウール; ラ語,インフェロース。付録4ロ参照。
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。
「襲いかかり,アドニヤその死んだ」,七十訳。
「死値する」。字義,「死人」。
「アブサロム」,マソ本,七十訳バチ写,ウル訳; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「ソロモン」。
「血」(複),マソ本。幾流血事件表わしいる。
「王アビヤタル代わり立てた」,マソ本; 七十訳,「王アビヤタル代わり祭司立てた」。
「あなた対する罪」。字義,「あなた」(単)。ヘ語,ドムカー。
または,「王座定めない至るまでエホバに」。