内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 19:1‐21

19  そこでアハブ+エリヤすべてことと,彼預言みな殺しこと関するすべてこと+イゼベル+告げた。  すると,イゼベル使者エリヤところ遣わし言った,「もしわたし明日今ごろ,あなたあのたち各々ようないなら,神々*そのようなさり+,重ねそのようなさるよう+!」  それ恐れ*。それゆえ立ち上がり,自分*ため行き+,ユダ+属するベエルシェバ+た。それから,彼従者そこ残した。  そしては,荒野一日道のり入っ行き,ついにあるえにしだところ行き,その座っ+。そして自分死ぬこと願って,こう言いだした。「これ十分です! さあ,エホバよ,私取り去っください+。私父祖たち勝っませから」。  ついに横たわり,えにしだ+寝入った。ところが,見よ,今度ひとりみ使い+触るあっ+。それからは,「起きて,食べなさい」と言った。  見ると,何と,彼ところに,熱し載せ丸い菓子+ひとつと,水入っ水差しあった。そこで食べたり飲んだりはじめ,その後,再び横たわった。  後に,エホバみ使い+戻って,彼触っ言った,「起きて,食べなさい。旅あなたとっ大変からです+」。  それ起きて,食べ,そして飲み,その栄養四十+四十夜,[まことの]ホレブ+まで進ん行った。  そこでついにある洞くつ+入って,そこでその過ごそた。すると,見よ,彼ためエホバ言葉あって,こう言った。「エリヤよ,何ここ+」。 10  これ対し言った,「私万軍,エホバため徹底ねたん+ました。イスラエルあなた契約捨て+,あなた祭壇壊し+,あなた預言たち殺し+ため,ただだけ残っからです+。彼ら取ろ捜しはじめます+」。 11  ところが,それ言った,「外て,山エホバ立ちなさい+」。すると,見よ,エホバ通り過ぎおら+,エホバで,大きな強い山々引き裂き,大岩砕い+。(エホバおらなかった。)そして,風震動あっ+。(エホバ震動おらなかった。) 12  そして,震動あっ+。(エホバおらなかった。)それから,火に,穏やか低いあっ*+ 13  そして,エリヤそれ聞くや,直ちに職服包み+,外て,洞くつ入口立っある。すると,見よ,彼ためあって,こう言った,「エリヤよ,何ここ+」。 14  これ対し言った,「私万軍,エホバため徹底ねたんました。イスラエルあなた契約捨て+,あなた祭壇壊し,あなた預言たち殺しため,ただだけ残っからです。彼ら取ろ捜しはじめます+」。 15  そこでエホバ言わた,「さあ,ダマスカス+荒野帰っ行きなさい。あなた入っ行き,ハザエル+そそい+シリアなけれならない。 16  また,ニムシ+*エヒウ+そそいイスラエルし,アベルメホラ+出身シャファトエリシャ*+そそいで,あなた代わる預言+べきある。 17  そして必ずや,ハザエル+逃れるエヒウ殺し+,エヒウ逃れるエリシャ殺すある+ 18  ところで,わたしイスラエル七千残しおい+。すべてそのひざバアルかがまなかっ+,皆そのそれ口づけなかっある+」。 19  そこで,彼そこから行って,シャファトエリシャ見つけた。そのとき,彼十二対[の牛]を立て,自分その十二[対]目すき返し+。それで,エリヤところ渡っ行き,自分職服+投げかけた。 20  すると,彼雄牛放置し,エリヤ追っ行って,こう言った。「どうか,わたし口づけください+。それから,わたしあなた従っまいりましょう」。そこで[エリヤ]は言った,「行っなさい。わたしあなたいうですか」。 21  それで,[エリシャ]は従うやめ帰り,一対雄牛取り,それ犠牲ささげ+,雄牛用具+そのて,それ与えで,彼らそれ食べた。その後,彼立って,エリヤ従っ行き,彼仕えはじめ+

脚注

「神々」。ヘ語,エローヒーム。『なさる』という複数動詞伴っいる; ギ語,ホ テオス,「」; ラ語,ディイー,「神々」。
「恐れた」,七十訳,シリ訳,ウル訳,および多くヘブライ写本; マソ本,「見た」。
「自分)」。ヘ語,ナフショー; ギ語,プシュケーン
七十訳,「声あって,エホバそこおらた」。
字義,「子」。
「神救い」の意。ヘ語,エリーシャー; ギ語,ヘリサイエ; ラ語,ヘリーセウム。