内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 18:1‐46

18  そして,長いたって[後+],三エホバご自身言葉エリヤ臨ん言っある,「行って,あなたアハブ示せ。わたし与えるつもりからある*+」。  そこで,エリヤそのアハブ示そ行った。そのころ,サマリア飢きんひどかっ+  そのに,アハブつかさどっ+オバデヤ*呼び寄せた。(ところで,オバデヤは,エホバ大いに恐れる+あった。  ゆえに,イゼベル+エホバ預言断ち滅ぼしとき+,オバデヤ預言取って,五十ずつ洞くつ隠し,彼らパン供給+。)  次いアハブオバデヤ言った,「国中通って,すべてや,すべて奔流行け。多分,我々青草+見つけて,馬らば生かしき,[もはや]獣断ち滅ぼさすむしれない+」。  そこで彼ら行き巡るふたり分けた。アハブ独り一つ通っ行き,オバデヤ独りもう一つ通っ行っ+  オバデヤ進ん行くと,何と,エリヤ出会っ+。彼すぐそれ知って,顔伏せひれ伏し+言った,「これ+エリヤ,あなたですか」。  そこで言った,「わたしです。行って,あなた+に,『エリヤここます』と言いなさい」。  しかし言った,「わたしどんな+犯しいうで,あなたこのアハブ渡して,わたし殺そされるですか。 10  あなたエホバ生きおらます+。我あなた捜すためやらなかっ国民王国ひとつありません。彼らが,『彼は[ここは]いない』と言うと,[我主]はその王国国民に,あなた見つからないいう誓いさせまし+ 11  それなのに今,あなたは,『行って,「エリヤここます」と,あなた言え』と言わます。 12  それで,わたしあなたから離れ行くと,必ずやエホバ+あなたを,わたし知らないところ連れ去っ行く違いありません。わたしアハブ教えるため行きますが,彼あなた見つけることできず,わたし殺す+違いありません。この若いころからエホバ恐れおります+ 13  我は,イゼベルエホバ預言たち殺しとき,わたしこと,すなわち,わたしエホバ預言あるたち,百五十ずつ洞くつ隠し+,彼らパン供給続け+ことが,知らさないですか。 14  それなのに今,あなたは,『行って,「エリヤここます」と,あなた言え』と言わます。そうすれば,彼わたし殺す違いありませ+」。 15  ところが,エリヤ言った,「わたしまさしくその立っいる*万軍エホバ+生きおらます+。わたし今日,わたし示すでしょう」。 16  そこでオバデヤ去っ行っアハブ会い,彼告げた。それで,アハブエリヤ会おやった。 17  そして,アハブエリヤ見るや,アハブ直ちに言った,「これお前か。イスラエルのけ者ならせる+」。 18  これ対し言った,「わたしイスラエルのけ者ならせませ+が,あなたあなたそうです+。あなた方エホバおきて捨て+,あなたバアル従っ行っからです+ 19  それ今,人やって,カルメル+わたしところイスラエルを,またイゼベル+食卓食べいる,四百五十バアル預言+と,四百聖木+預言集めなさい」。 20  そこで,アハブイスラエルすべてやって,預言たちカルメル集め+ 21  それから,エリヤすべて近づい言った,「あなた方いつまで,二つ異なっ意見*ふらついいるです+。もし,エホバが[まことの]*あれば,これ従っ行きなさい+。しかし,もしバアルそうあれば,それ従っ行きなさい」。けれども,民一言答えなかった。 22  次いエリヤ言った,「わたしが,ただわたしだけが,エホバ預言残っます+。しかし,バアル預言四百五十です。 23  さて,彼ら若い雄牛わたしたちため与えさせ,自分たち若い雄牛選ばせ,それ切り裂いて,薪載せなさい。しかしそれつけなりません。そして,わたしもう若い雄牛整えましょう。わたしそれ必ず置きますが,火つけることません。 24  そして,あなた方自分たち*呼ぶです+。わたしエホバ呼びましょう。そのとき,火+よっ答える[まことの]*こそ[まことの]*+です」。これ対して,民みな答えて,「それ良いだ」と言った。 25  そこでエリヤバアル*預言たち言った,「自分たち若い雄牛選び,最初それ整えなさい。あなた方多数からです。そして,あなた方呼びなさい。ただし,それつけなりません」。 26  それ彼ら与えられ若い雄牛取った。それから彼らそれ整えて,朝から真昼までバアル呼び続け言った,「ああ,バアルよ,答えください!」 しかし,何なく+,答えるなかっ+。そして,彼ら自分たち造っ祭壇周りよたよた回り続けた。 27  そして,真昼なると,エリヤ彼らあざけっ+言いだしある,「声限り呼べ*。彼から+。彼きっとある事柄関係いるだ。それに,排せつ+あるで,屋外便所+行かなけれならないだ。あるいは,もしかすると,彼眠っいるで,目覚ますべきしれない+!」 28  それ彼ら限り呼ばわったり,彼ら習わししたがって短剣小槍傷つけたり+,ついにその流れ出させるようなった。 29  そして,真昼過ぎ,穀物捧げ物ささげる[ころ]まで預言よう振る舞い続け+ものの,何なく,答えるなく,注意払われることなかっ+ 30  ついにエリヤ全体に,「わたし近寄りなさい」と言った。それ皆,彼近寄った。それから,彼壊れエホバ祭壇+直した。 31  そこでエリヤは,かつてエホバ言葉臨んで,「あなたイスラエルなる+」と言わヤコブ部族したがって,十二取っ+ 32  次いエホバよっ+その祭壇築き+,祭壇周囲に,二セア*まけるほど面積みぞ作った。 33  その後,彼+並べ,若い雄牛切り裂き,それ置いた。そこで言った,「四つ大きなかめ満たし,それ焼燔捧げ物注ぎなさい」。 34  それから言った,「もう一度そうなさい」。それ彼らもう一度そうた。ところが,彼言った,「それなさい」。それ彼らそうた。 35  こうて,水祭壇周囲流れた。彼みぞ満たした。 36  こうて,穀物捧げ物ささげるころ+,預言エリヤ近寄っこう言いだしある。「アブラハム+,イサク+そしてイスラエル+,エホバよ,あなたイスラエルおいあり+,私あなたあり,あなたみ言葉よっこれらすべて行なっいうこと+が,今日,知らさますように。 37  私答えください。エホバよ。私答えください。このが,エホバ+なるあなたこそ[まことの]*あって,あなた彼ら引き返さくださっこと+知るようください」。 38  すると,エホバ+降って,焼燔+捧げ物食らい尽くし,みぞあっなめ尽くし+ 39  民これ見ると,直ちに伏せひれ伏し+,「エホバこそ[まことの]です! エホバこそ[まことの]です!」と言った。 40  そこでエリヤ彼ら言った,「バアル預言たち捕らえよ! 彼らひとり逃しならない!」 人々すぐ彼ら捕らえ,エリヤ彼らキション奔流+連れ下り,そこで彼ら打ち殺し+ 41  さて,エリヤアハブ言った,「上っ行って,飲み食いなさい+。大雨騒然するからです+」。 42  そこで,アハブ飲み食いするため上っ行った。一方エリヤは,カルメル頂上上っ行き,地かがみ込み+,そのひざ入れるようなっ+ 43  それから従者言った,「どうか,上っ行っもらいたい。海なさい」。それで,彼上っ行って,見て,それから,「全然ありません」と言った。すると[エリヤ]は,「戻っなさい」と+言った。 44  そして,七に,ついにこう言っある。「ご覧なさい,人たなごころよう小さなから上っます+」。そこで,[エリヤ]は言った,「上っ行って,アハブ言いなさい,『[車に]つなぎなさい+! そして,大雨あなた引き止めることないよう,下っ行きなさい!』」 45  そして,そういるうちに,天*暗くなり+,大変大雨起きある+。そしてアハブ乗って,エズレル+進ん行った。 46  また,エホバエリヤあっ+,彼からげ+,エズレルまでずっアハブ走っ行っ+

脚注

または,「そして,わたし与えさせよ」。
「エホバ僕」の意。ヘ語,オーヴァドヤーフー。
または,「わたしまさしく仕えいる」。
または,「二しゅもく杖」,KB,663ページ。
「[まことの]」。ヘ語,ハーエローヒーム。エローヒームいう称号定冠詞「ハー」が付いいる。これ偽りバアル対比強調するため付さいる。付録1ヘ参照。
「自分たち」。ヘ語,エローヘーケム。エローアハ複数で,偽りバアル指す。
「[まことの]」。ヘ語,ハーエローヒーム。「火よっ答える」(単数形)という関係詞伴っいる。
「[まことの]」。ヘ語,ハーエローヒーム。独立で,述語。付録1ヘ参照。
バアル」。ヘ語,ハッバアル
「声限り呼べ」。字義,「大声呼べ」。
1セア7.33相当た。
「エホバなる……[まことの]神」。字義,「エホバ,[まことの]」。ヘ語,エフワー ハーエローヒーム; ギ語,キュリオス テオス; ラ語,ドミヌス デウス
「と」。ヘ語,ウェルーアハ; ギ語,プネウマティ; ラ語,ウェントゥス創 1:2,「力」の脚注; 創 8:1脚注比較。