内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 17:1‐24

17  それから,ギレアデ+住民*ティシュベエリヤ*+アハブ言った,「わたしまさしくその立っいる*+イスラエルエホバ生きおらます+。わたし言葉命令よらなけれ+,ここないでしょ+!」  そこでエホバ言葉+臨ん言った,  「ここ去っ行き,あなた向かい,ヨルダンあるケリト奔流ほとり隠せ+  そして,あなた必ずその奔流から飲むよう+。わたし必ず渡りがらす+命じて,そこであなた食物供給せるあろ+」。  直ちに行って,エホバ言葉通り+。すなわち,行って,ヨルダン*あるケリト奔流ほとり住むようなった。  すると,渡りがらす朝,彼ところパンを,また夕方パン運んた。その奔流から,彼引き続き飲ん+  しかし,何終わりは,その奔流かれある+。地大雨なかっからある。  そこでエホバ言葉臨ん言っ+  「立って,シドン属するザレパテ+行き,あなたそこ住むように。見よ,わたし必ずそこでひとり女,つまりひとりやもめ命じて,あなた食物供給せるあろう」。 10  それゆえ,彼立って,ザレパテ行き,都市入口入った。すると,見よ,ひとり女,つまりひとりやもめそこで拾い集めた。それで,彼その呼びかけ言った,「どうか,器一口入れ持って,わたし飲ませください+」。 11  彼女行って,それ持っようとき,彼また彼女呼びかけ言った,「どうか,手少しパン+持っください」。 12  ここおい彼女言った,「あなたエホバ生きおらます+。私丸い菓子+ありませ*が,ただ,大きなつぼ一握り+麦粉と,小さなつぼ少し+あるだけです。ご覧ください,私二,三*拾い集めおります。私行って,私息子ため作らなけれならず,私たちそれ食べて,死のいるです+」。 13  そこでエリヤ彼女言った,「恐れなりませ+。行って,あなた言葉通りなさい。ただし,まず,そこあるものわたし小さな丸い菓子作り+,あなたそれわたしところ持っなさい。その後,あなたあなた息子ため作れるでしょう。 14  イスラエルエホバこのよう言わからです。『エホバ大雨与えるまで,麦粉大きなつぼからならず,油小さなつぼ乏しくならない+』」。 15  そこで彼女行って,エリヤ言葉通りた。彼女引き続き,彼彼女共々に,何食べ+ 16  麦粉大きなつぼからならず,油小さなつぼ乏しくならなかっ+。エホバエリヤ通し語ら言葉とおりあった。 17  そして,これら後,その主人あるこの息子病気かかっある。その病気大変重くなっで,その残っなかっ+ 18  そこで彼女エリヤ言った,「[まことの]よ,あなたかかわりあるでしょ*+。あなたとが思い出さ+,私息子死なせるためられました」。 19  ところが,彼その*,「あなた息子わたしよこしなさい」と言った。それからその彼女から受け取り,彼とどまっ屋上+その抱え上り,その自分いす寝かせ+ 20  そしてエホバ呼びかけて,こう言いはじめた。「私エホバ+,あなたは,私そのもと外国とどまっいるやもめさえも,彼女息子死な危害もたらさなけれならないですか」。 21  それから,彼度,その子供伸ばし+,エホバ呼びかけ言った,「私エホバよ,どうか,この子供+この帰らください」。 22  ついにエホバエリヤ聴き入れられ+,その子供その帰り,その生き返っ+ 23  そこでエリヤその子供取って,屋上から連れ降り,その母親渡した。それからエリヤ言った,「ご覧なさい,あなた息子生きます+」。 24  そこですぐ,そのエリヤ言った,「今こそ,私あなた+,あなたあるエホバ言葉真実*あること本当分かりまし+」。

脚注

「住民の」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,およびマソ本わずか訂正することより,「ティシュベの」。
「わたしエホバ」の意。ヘ語,エーリーヤーフー; 七十訳,「エリウ」; ウル訳,「エリアス」。
または,「わたしまさしく仕えいる」。
字義,「のに」。
または,「私頼るべき食料貯蔵ありません」。
「二,三」。字義,「二」。
字義,「私あなたが[あるでしょか]」。ヘブライ慣用句; 反発質問。付録7ロ参照。
「ところが,エリヤそのに」,七十訳。
字義,「真理」。ヘ語,エメト。