内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

列王第一 16:1‐34

16  そこで,バアシャ​に​対する​エホバ​の​言葉​が​ハナニ​+の​子​エヒウ​に​臨ん​で​言っ​た+  「わたし​は​あなた​を​塵​の​中​から​高め​て+,わたし​の​民​イスラエル​の​指導​者​と​し​た​が+,あなた​は​ヤラベアム​の​道​に​歩み続け+,彼ら​の​罪​で​わたし​を​怒らせ​て,わたし​の​民​イスラエル​に​罪​を​犯さ​せ​た​の​で+  見よ,わたし​は​バアシャ​と​その​家​の​後​と​を​完全​に​一掃​する​こと​に​し​よう。わたし​は​必ず​彼​の​家​を​ネバト​の​子​ヤラベアム​の​家​の​よう​に​する​で​あろ​う+  バアシャ​の​者​で,都市​で​死ぬ​者​は​犬​が​これ​を​食らい,彼​の​者​で,野​で​死ぬ​者​は​天​の​鳥​が​これ​を​食らう​で​あろ​う+」。  バアシャ​の​その他​の​事績​と,彼​の​行なっ​た​こと,および​その​力強さ​は,イスラエル​の​王​たち​の​時代​の​事績​の​書​に​記さ​れ​て​いる​+で​は​ない​か。  ついに,バアシャ​は​彼​の​父祖​たち​と​共​に​横たわり,ティルツァ​+に​葬ら​れ​た。その​子​エラ​が​彼​に​代わっ​て​治め​はじめ​た。  そして​また,預言​者​ハナニ​の​子​エヒウ​に​より,エホバ​の​言葉​が,バアシャ​と​その​家​と​に​臨ん​だ+。それ​は,彼​が​ヤラベアム​の​家​の​よう​に​なっ​て,その​手​の​業​+で​エホバ​を​怒らせ​て+,その​目​に​犯し​た​すべて​の​悪​の​ため,また​彼​を​*討ち倒し​た​ため​で​あっ​た+  ユダ​の​王​アサ​の​第​二十六​年​に,バアシャ​の​子​エラ​は​ティルツァ​で​二​年間​イスラエル​の​王​と​なっ​た。  とき​に,その​僕​で,兵車​隊​の​半分​の​隊長​ジムリ​+が​彼​に​対し​て​陰謀​を​企てる​よう​に​なっ​た。ところが,彼​は​ティルツァ​に​い​て,ティルツァ​の​家​の​者​を​つかさどっ​て​い​た​+アルツァ​の​家​で​飲ん​で​+酔っ​て​い​た。 10  そこで,ジムリ​は​ユダ​の​王​アサ​の​第​二十七​年​に,入っ​て​来​て,彼​を​討ち倒し​て​+殺し,彼​に​代わっ​て​治め​はじめ​た。 11  そして,彼​は​治め​はじめ,王座​に​座る​と​すぐ,バアシャ​の​全家​を​討ち倒し​た​の​で​ある。彼​は[バアシャ]の​者​を​ひとり​も,すなわち​壁​に​向かっ​て​放尿​する​者​*+も,その​血​の​復しゅう​者​*+も,また​友人​も​残さ​なかっ​た。 12  こう​し​て,ジムリ​は​バアシャ​の​全家​を​根絶やし​に​し​た+。エホバ​が​預言​者​エヒウ​+を​通し​て​バアシャ​に​対し​て​語ら​れ​た​言葉​+の​とおり​で​あっ​た。 13  これ​は​バアシャ​の​すべて​の​罪​と,その​子​エラ​+の​罪​の​ため​で​あっ​て,彼ら​は​罪​を​犯し,また​彼ら​の​むなしい​偶像​*で​イスラエル​の​​エホバ​を​怒らせる​こと​に​よっ​て​+イスラエル​に​罪​を​犯さ​せ​た​から​で​ある。 14  エラ​の​その他​の​事績​と,彼​の​行なっ​た​すべて​の​こと​は,イスラエル​の​王​たち​の​時代​の​事績​の​書​に​記さ​れ​て​いる​+で​は​ない​か。 15  ユダ​の​王​アサ​の​第​二十七​年​に,ジムリ​は​ティルツァ​で​七​日​間​王​と​なっ​た+。その​とき,民​は​フィリスティア​人​に​属する​ギベトン​+に​対し​て​陣営​を​敷い​て​い​た。 16  その​うち​に,陣営​を​敷い​て​い​た​民​は,「ジムリ​が​陰謀​を​企て,また​王​を​討ち倒し​た」と​言う​の​を​聞い​た。それ​で​全​イスラエル​は​その​日,陣営​で​軍​の​長​オムリ​+を​イスラエル​の​王​と​し​た。 17  そこで,オムリ​と​彼​の​もと​に​い​た​全​イスラエル​は​ギベトン​から​上っ​て​行っ​て,ティルツァ​を​包囲​し​はじめ​た+ 18  そして,ジムリ​は​その​都市​が​攻め取ら​れ​た​の​を​見る​や,王​の​家​の​住まい​の​塔​に​入り,我​が​身​の​上​に​王​の​家​を​火​で​焼い​て​死ん​だ+ 19  これ​は​彼​が​ヤラベアム​の​道​を,[ヤラベアム]が​イスラエル​に​罪​を​犯さ​せ​て​行なっ​た​その​罪​に​したがって​歩ん​で+,エホバ​の​目​に​悪い​こと​を​行なっ​て​犯し​た​彼​の​罪​の​ため​で​あっ​た+ 20  ジムリ​の​その他​の​事績​と,彼​が​企て​た​陰謀​は,イスラエル​の​王​たち​の​時代​の​事績​の​書​に​記さ​れ​て​いる​+で​は​ない​か。 21  イスラエル​の​民​が​二つ​に​分裂​する​よう​に​なっ​た​の​は,その​ころ​で​あっ​た+。民​の​一半​は​ギナト​の​子​ティブニ​の​追随​者​と​なっ​て,彼​を​王​に​し​よう​と​し,他​の​一半​は​オムリ​の​追随​者​に​なっ​て​い​た。 22  ついに,オムリ​に​従っ​て​い​た​民​は,ギナト​の​子​ティブニ​に​従っ​て​い​た​民​を​打ち負かし​た。それで,ティブニ​は​死​に,オムリ​が​治め​はじめ​た。 23  ユダ​の​王​アサ​の​第​三十一​年​に,オムリ​は​イスラエル​の​王​と​なっ​て*,十二​年​間[治め​た]。ティルツァ​で​は​六​年​治め​た。 24  次い​で,彼​は​銀​二​タラント​*で​シェメル​から​サマリア​*の​山​を​買い,その​山[の​上​に]建て,彼​が​建て​た​その​都市​の​名​を,その​山​の​持ち主​*シェメル​の​名​に​したがって​サマリア​+と​呼ぶ​よう​に​なっ​た。 25  とき​に,オムリ​は​エホバ​の​目​に​悪い​こと​を​行ない続け,彼​より​も​前​に​い​た​すべて​の​者​に​勝っ​て​悪い​こと​を​行なう​よう​に​なっ​た+ 26  そして,彼​は​ネバト​の​子​ヤラベアム​の​すべて​の​道​+を,[ヤラベアム]が​イスラエル​の​​エホバ​を​彼ら​の​むなしい​偶像​で​怒らせ​て​イスラエル​に​犯さ​せ​た​その​罪​に​したがって​歩み​続け​た+ 27  オムリ​の​その他​の​事績​と,彼​の​し​た​こと,および​その​行なっ​た​力強い​こと​は,イスラエル​の​王​たち​の​時代​の​事績​の​書​に​記さ​れ​て​いる​+で​は​ない​か。 28  ついに,オムリ​は​その​父祖​たち​と​共​に​横たわり,サマリア​に​葬ら​れ​た。その​子​アハブ​+が​彼​に​代わっ​て​治め​はじめ​た。 29  そして,オムリ​の​子​アハブ​は,ユダ​の​王​アサ​の​第​三十八​年​に​イスラエル​の​王​と​なっ​た。オムリ​の​子​アハブ​は​サマリア​+で​二十二​年​イスラエル​を​治め​続け​た。 30  そして,オムリ​の​子​アハブ​は​彼​より​も​前​に​い​た​すべて​の​者​に​勝っ​て​エホバ​の​目​に​悪い​こと​を​行なっ​た+ 31  そして,彼​に​とっ​て​は,ネバト​の​子​ヤラベアム​の​罪​+に​したがって​歩む​の​は,ごく​ささい​な​こと+[でも​ある​か​の​よう​だっ​た​の​で],彼​は​今度​は​シドン​人​+の​王​エトバアル​の​娘​イゼベル​+を​妻​と​し​て​めとり+,行っ​て​バアル​*に​仕え+,これ​に​身​を​かがめ​はじめ​た​の​で​ある。 32  さらに​彼​は,サマリア​に​建て​た​バアル​の​家​+に,バアル​の​ため​に​祭壇​を​立て​た。 33  次い​で​アハブ​は​聖木​*+を​造っ​た。アハブ​は​彼​より​も​前​に​い​た​イスラエル​の​すべて​の​王​に​勝っ​て,イスラエル​の​​エホバ​を​怒らせる​こと​を​する​よう​に​なっ​た+ 34  彼​の​時代​に,ベテル​人​ヒエル​は​エリコ​を​建て​た。その​長子​アビラム​を​失っ​て​彼​は​その​基​を​据え,末​の​子​セグブ​を​失っ​て​その​扉​を​立て​た。エホバ​が​ヌン​の​子​ヨシュア​*を​通し​て​語ら​れ​た​言葉​の​とおり​で​あっ​た+

脚注

「彼​を」,すなわち,ヤラベアム​の​子​ナダブ。15:25‐29参照。
「壁​に​向かっ​て​放尿​する​者」。男性​を​指す​ヘブライ​語​の​慣用​句。
または,「その​買い戻し​人<ゴーエール>」,マソ本; シリ訳,ウル訳,「その​親族」。
字義,「彼ら​の​むなしい​もの」。
「王​と​なっ​て」。すなわち,彼​と​張り合っ​て​い​た​ティブニ​が​死ん​だ​の​で,単独​の​支配​者​と​なっ​た。
付録8イ参照。
「シェメル​氏族​に​属する」の​意。ヘ語,ショーメローン。
または,「の​主」。ヘ語,アドーネー。アードーン​の​複数​形​で,卓越​を​表わす。
バアル」。ヘ語,ハッバアル
または,「アシェラ」。ヘ語,ハーアシェーラー
「ヨシュア」。ヘ語,エホーシュア,「エホシュア」; 七十訳,「イエス」。