内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 15:1‐34

15  そして,ネバト+ヤラベアム+十八に,アビヤムユダなっ+  彼エルサレム治めた。彼マアカいっ+,アビシャロム*+孫娘*あった。  そして,彼そのより行なっすべてうち歩ん行き,彼その父祖ダビデよう+,彼エホバ全く一致なかっ+  それでも,ダビデため+,彼エホバその起こし,エルサレム存続*+,エルサレムひとつともしびお与えなっ+  それダビデエホバ正しいこと行ない,ヒッタイトウリヤ+ほかは,その一生間,[]が命じられどんなことからそれなかっからある+  そして,レハベアム*ヤラベアムは,その一生間,戦争起き+  アビヤムその他事績と,彼行なっすべてことは,ユダたち時代事績記さいる+ないか。また,アビヤムヤラベアムも,戦争起き+  ついに,アビヤムそのたち横たわり,人々を“ダビデ都市”に葬っ+。そのアサ+代わっ治めはじめた。  イスラエルヤラベアム二十に,アサユダ治めた。 10  そして,彼エルサレム四十一治めた。彼祖母*マアカ+いって,アビシャロム+孫娘あった。 11  そしてアサそのダビデように,エホバ正しいこと行なっ+ 12  そこで,彼神殿男娼このから除き去ら+,父祖たち造っ+糞像+みな取り除いた。 13  そのマアカ+ついいえば,彼彼女さえ,貴婦人[の身分]から退け+。それ彼女聖木ため恐るべき偶像造っからある。その後,アサ彼女恐るべき偶像切り倒し+,それキデロン奔流+焼い+ 14  ただし,高き所+取り除かなかっ+。それでも,アサは,一生涯エホバ全く一致+ 15  そしてそのよっなるものされと,彼よっなるものされ物,すなわち銀,金,器物エホバ運び入れるようなっ+ 16  そして,アサイスラエルバアシャ+は,彼ら生涯中,戦争起きた。 17  それで,イスラエルバアシャユダ攻め上って,ユダアサもとだれ出入りないようするため+,ラマ+建てはじめた。 18  そこで,アサエホバ宝物宝物残っいることごとく取って,それ自分たち渡した。それからアサ彼らダマスカス+住んシリア+,ヘズヨンタブリモンベンハダド+もと遣わし言った, 19  「わたしあなた,わたしあなた父上契約あります。ここわたしあなた贈り物+送りました。さあ,どうか,イスラエルバアシャ契約破棄し,彼わたしもとから退くようください+」。 20  それで,ベンハダドアサ[の言うこと]を聴き入れ,自分ものある軍勢たちイスラエル都市攻めるよう差し向け,イヨン+ダン+アベルベトマアカ+およびキネレト全土と,ナフタリ全土+まで討った。 21  そして,バアシャこれや,直ちにラマ建てるやめ+,ティルツァ+とどまっある。 22  それで,アサは,ユダ[の人々]をみな召集+。―ひとり免れるなかった。―彼らは,バアシャ建てる用いラマ石材その材木運んだ。アサそれ用いベニヤミンゲバ+と,ミツパ+建てはじめた。 23  アサその他すべて事績と,そのすべて力強さと,彼行なっすべてこと,および築い都市は,ユダたち時代事績記さいる+ないか。ただ,彼年老い+,足病ん+ 24  ついにアサ父祖たち横たわり+,その父祖“ダビデ都市”に父祖たち葬ら+。そのエホシャファト+代わっ治めはじめた。 25  ヤラベアムナダブ+は,ユダアサイスラエルなった。彼それからイスラエル治めた。 26  けれども,彼エホバ悪いこと行ない+,その+を,[父]がイスラエル犯さそのしたがって歩み続け+ 27  ときに,イッサカルアヒヤバアシャ+対し陰謀企てるようなった。バアシャフィリスティア属するギベトン+ついに討ち倒した。そのとき,ナダブイスラエルギベトン攻め囲んた。 28  それで,バアシャユダアサ殺し,彼代わっ治めはじめ+ 29  そして,彼なるすぐ,ヤラベアム全家討ち倒した。彼ヤラベアムするひとり*残さず,ついに彼ら滅ぼし尽くした。エホバその僕,シロアヒヤ通し語ら言葉とおりあっ+ 30  これヤラベアム罪,およびイスラエル犯さそのためあり+,[また]彼イスラエルエホバ怒らせその怒りよるあっ+ 31  ナダブその他事績と,彼行なっすべてことは,イスラエルたち時代事績記さいる+ないか。 32  そして,アサイスラエルバアシャは,その生涯中,戦争起き+ 33  ユダアサに,アヒヤバアシャティルツァイスラエルなって,二十四間[治めた]+ 34  そしては,エホバ悪いこと行ない+,ヤラベアム+を,[ヤラベアム]がイスラエル犯さそのしたがって歩み続け+

脚注

二 11:20,21では「アブサロム」。
「孫娘」。字義,「娘」。ヘ語,バト。二 13:1,2参照。
字義,「エルサレム立たて」。出 9:16比較。
「レハベアム」,マソ本,ウル訳; 12ヘブライ写本,「アビヤム(アビヤ)」; シリ訳,「レハベアムアビヤ」。
字義,「彼」。ヘ語,インモー。
「息するひとりも」。字義,「あらゆるを」,マソ本,七十訳。