内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 14:1‐31

14  丁そのころ,ヤラベアムアビヤ病気かかっ+  そこで,ヤラベアム言った,「どうか,立って,変装+,ヤラベアム分からないようて,シロ行っもらいたい。見よ,そこ預言アヒヤ+いるだ。彼わたし関し,このなることつい*+  それで,パン+と,振り掛けられ菓子と,蜜+取り,彼ところ行っもらいたい+。彼は,このどうなるきっと教えくれるだろ+」。  そこで,ヤラベアムそのようた。そのため,彼女立っシロ+行き,アヒヤ着いた。ところアヒヤ*,見ることできなかった。その老齢ためこわばっからある+  ところで,エホバは,アヒヤこうおらた。「さあ,ヤラベアムその関し,あなたから言葉問い合わせるためよういる。その病気からだ。これこれことあなた彼女話さなけれならない。そして,彼女到着するとき,それ見分けられないよう装っいるあろ+」。  そして,アヒヤ入口入っとき,その足音聞くや,こう言いだしある。「お入りなさい。ヤラベアム+。あなたそれ見分けられないよう装っいるは,どういうですか。わたし厳しい音信携えあなたもと遣わさいるです。  行て,ヤラベアム言いなさい,『イスラエルエホバこのよう言わました。「わたしからあなた高めて,あなたわたしイスラエル指導+  さらにダビデから王国裂き取っ+あなた与えが,あなたは,わたしおきて守って,ただわたし正しいことだけ行ない,心つくわたし従っ歩んわたしダビデようなら+  かえって,あなたよりすべてより悪いこと行なうようなり,行って,自分ためほか*+鋳像+造っわたし怒らせ+,このわたしあなた後ろ投げ捨て+ 10  それゆえに,見よ,わたしヤラベアム災いもたらす。わたしヤラベアムから,だれ向かっ放尿する*+,イスラエル無力無用*+必ず断ち滅ぼす。人取り除き,それ片付けられるよう+,わたしヤラベアム完全一掃するあろ+ 11  ヤラベアムで,都市死ぬこれ食らい+,野死ぬこれ食らうあろ+。エホバこれ話さからある」』。 12  「けれどもあなたは,立て,自分行きなさい。あなた都市入るとき,その子供必ず死ぬでしょう。 13  そして,全イスラエルそのこと本当嘆き悲しみ+,その葬るでしょう。ヤラベアムで,ただそのだけ埋葬入るからです。イスラエルエホバ対する良いヤラベアムその見いださためです+ 14  そして,エホバは,そのヤラベアム断ち滅ぼす,ひとり+ご自分ため必ずイスラエル起こすでしょう。それも,もし直ちにあれどうでしょ+ 15  それで,葦揺れるように,エホバ本当イスラエル打ち倒されるでしょ+。彼ら父祖たちお与えなっこの良い土地+から,必ずイスラエル根こぎ+,本当彼ら*+向こう散らされる+でしょう。彼ら聖柱+造って,エホバ怒らせ+からです。 16  それで,ヤラベアムし,またイスラエル犯さそのゆえに+,[]はイスラエル引き渡されるでしょ+」。 17  そこで,ヤラベアム立って,去っ行き,ティルツァ+行った。彼女敷居ところ着いとき,その死んだ。 18  それその葬り,全イスラエルそのため悼み悲しんだ。エホバご自分僕,預言アヒヤ通し語ら言葉とおりあった。 19  そして,ヤラベアムその他事績,彼いかに戦い+,いかに治めは,イスラエルたち時代事績+まさしく記さいる。 20  そして,ヤラベアム期間二十二で,その後,彼父祖たち横たわり+,そのナダブ+代わっ治めはじめた。 21  一ソロモンレハベアム+は,ユダなった。レハベアム治めはじめ四十一で,エホバご自分置くため+イスラエルすべて部族+から選ば+,エルサレム十七治めた。そしてナアマいって,アンモン+あった。 22  そして,ユダエホバ悪いこと行ない続け+,その父祖たち自分たち犯しよっ行なっすべてこと+勝って[]にねたみ起こさ+ 23  そしてまた,自分たちために,すべて高い+や,すべて生い茂っ+に,高き所+聖柱+聖木+建て続けた。 24  それに,この神殿男娼*さえ+。彼らは,エホバイスラエルから追い払わ国民の,すべて忌むべきことならっ行なっ+ 25  そして,レハベアムに,エジプトシシャク+エルサレム攻め上っある。 26  そして,彼ついにエホバ財宝財宝+奪い,あらゆるもの奪っ+。さらには,ソロモン造っ+みな奪った。 27  それゆえ,レハベアムその代わり造り,これ走者+たち,すなわち入口守衛たち管理ゆだね+ 28  そして,王エホバ行くごとに,走者たちこれ運ん行き,またこれ走者守衛持ち帰るあっ+ 29  そして,レハベアムその他事績と,彼行なっすべてこと,それユダたち時代事績記さいる+ないか。 30  それレハベアムヤラベアムは,いつも戦争起き+ 31  ついにレハベアムそのたち横たわり,父祖たちに“ダビデ都市”に葬ら+。そして,彼ナアマいって,アンモン+あった。そして,そのアビヤム*+代わっ治めはじめた。

脚注

「王なることついて」,七十訳アレ写,シリ訳,ウル訳; マソ本,「王ついて」。
「ところアヒヤは」。ヘ語,ワアヒーヤーフー
字義,「ほか神々」。ヘ語,エローヒーム アヘーリーム。12:28,「神」の脚注比較。
「壁向かっ放尿する者」。男性指すヘブライ慣用句。
字義,「イスラエル抑えられ去らられた(見捨てられた)者」。申 32:36,「者だけ」の脚注参照。
すなわち,ユーフラテス川。
「神殿男娼」。ヘ語,カーデーシュ; ラ語,エッフェーミナーティー,「女ようなっ男」。
「アビヤム」,マソ本,ウル訳; 約12ヘブライ写本およびヤコブベンハイームよるヘブライ聖書ボンベルク版(西暦1524‐1525年),「アビヤ」。