内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 13:1‐34

13  ところで,ここに,エホバ+よっユダからベテルやった,*+た。そのとき,ヤラベアム犠牲立ち上らせるため+祭壇+傍ら立った。  すると,そのエホバ言葉より祭壇向かっ呼ばわっ言った,「祭壇よ,祭壇よ,エホバこのよう言わた。『見よ,ひとりダビデ生まれる。そのヨシヤ+いう! そしては,お前犠牲立ち上らいる高き所祭司たちを,必ずお前犠牲ささげ,人*お前焼くことなる+』」。  そして,彼その日,ひとつ異兆+示して,こう言った。「これエホバ異兆ある。見よ,祭壇引き裂かれ,そのある脂灰必ずまき散らされる」。  そして,王は[まことの]*ベテル祭壇向かっ呼ばわっ言っ言葉聞くや,ヤラベアム直ちに祭壇から突き出して,「お前たち,彼捕らえよ+」と言っある。するとたちまち,その向かっ突き出し干からび,それ引っ込めることできなくなっ+  そして,祭も,[まことの]エホバ言葉よっ示し異兆とおり+,引き裂かで,脂灰祭壇からまき散らさた。  そこでは[まことの]答え言った,「どうか,あなたエホバ和め,わたしわたしもと元通りなるよう,わたしため祈っください+」。そこで,[まことの]エホバ和め+,王もと元通りなり,初めようなっ+  次は[まことの]言った,「是非わたして,食事取っください+。あなた贈り物差し上げたいです+」。  ところが,[まことの]言った,「たとえ,あなた半分わたし下さっ+,わたしあなたまいりませ+,この場所パン食べませし,水飲みません。  彼そのようエホバ言葉よっわたし命じ,『あなたパン食べなら+,水飲んならない。また,自分通っ帰っならない』と言っからです」。 10  こうて,彼ほか通っ行くことし,ベテル来る通っ通っ帰ることなかった。 11  ときに,ある老い預言+ベテル住んが,その息子たち*そのときやって,[まことの]そのベテル行なっすべて業,[および]その語っ言葉述べ,それ述べ続けた。 12  するとは,「それで,そのどの行っか」と彼ら話した。そこで,その息子たちは,ユダからた[まことの]行っを[父]に示した。 13  それ息子たち言った,「わたしためにろ置いくれ」。そこで彼らは[父]のためにろ置く+,彼それ乗っ行った。 14  そして,彼は[まことの]追っ行き,その大木座っいる見つけ+。そこでその言った,「あなたユダからおいでなった[まことの]です+」。それて,そのは,「わたしです」と言った。 15  そしてさらにその言った,「わたして,パン食べください」。 16  しかし,そのこう言った。「わたしあなた戻ることも,あなた行くことできません。この場所は,あなたパン食べられませし,水飲めませ+ 17  というのは,わたしエホバよっ+,『あなたそこパン食べならず,水飲んならない。自分通っ戻っならない』と言わいるからです+」。 18  ここおいその言った,「わたしまたあなた同様預言ですが,み使い+エホバ言葉よっわたし話し,『その一緒あなた戻らせ,パン食べさせ,水飲ませなさい』と言いました」。(彼その欺いある+。) 19  そこで,その戻り,彼パン食べ,水飲むこと+ 20  こうて,彼食卓着いところ,その連れ戻し預言エホバ言葉+臨んで, 21  彼ユダからた[まことの]向かっ呼ばわっ言った,「エホバこのよう言わた。『あなたエホバ命令背き+,あなたエホバ命じられおきて守ら+ 22  あなたに,「パンも,水飲んならない」と話さその場所で,パン食べ,水飲むため戻っで,あなた死体あなた父祖たち埋葬入らないあろ+』」。 23  こうて,そのパン食べ,飲ん後,彼すぐそのため,すなわち連れ帰っ預言ためにろ置いた。 24  そして,その立ち去った。後に,ライオン+その会い,その殺し+。その死体投げ出さた。そして,ろばその傍ら立っおり,ライオン死体傍ら立った。 25  そして,見よ,人々通りかかっで,道投げ出さ死体と,その死体傍ら立っいるライオン見つけた。それ人々やって,その年老い預言住んいる都市それついた。 26  そのから連れ帰っ預言それつい聞くと,直ちにこう言った。「それエホバ命令背い+,[まことの]だ。それエホバは,その話さエホバ言葉どおり+,そのライオン渡し,[ライオン]がその打ち砕いて,殺すようされだ」。 27  次息子たち話し言った,「わたしためにろ置いくれ」。それ彼ら置い+ 28  そこで出かけ行って,道投げ出さその死体と,その死体傍ら立っいるろばライオン見つけた。ライオンその死体食べず,ろば打ち砕いなかっ+ 29  それから,預は[まことの]死体引き上げ,それろば載せ持ち帰った。こうて,その年老い預言都市入り,嘆き悲しんで,それ葬った。 30  こうて,彼その死体自分埋葬納めた。人々そのため悼み悲しん+,「気ことだ。わたし兄弟よ!」[と言った]。 31  そして,彼その葬っ後,さらに息子たち言った,「わたし死んだら,お前たちは,[まことの]葬らいる埋葬わたし葬るだ。あの傍らわたし納めくれ*+ 32  彼エホバ言葉よって,ベテルある祭壇+と,サマリア+都市あるすべて高き所+向かっ呼ばわっ言葉は,必ずそうなるから+」。 33  このも,ヤラベアムその悪いから立ち返らず,再び一般から高き所祭司任じるようなっ+。だれそれ喜ぶついは,彼その権能満たし*+,「それは,高き所祭司[の*]になれ」[と言うあった]。 34  そして,こので,ヤラベアムもたらさ+,彼らからぬぐい去り,根絶やしするときが[来る]ことなっ+

脚注

人」。ヘ語,イーシュ エローヒーム。定冠詞「ハー」は付いない。4脚注比較。
「彼を」,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「彼らを」。
「[まことの]」。ヘ語,イーシュハーエローヒーム
「息子たち」,七十訳,シリ訳,古ラ訳,ウル訳; マソ本,ウル訳,「息子」。
「傍らわたし納めくれ。わたしあの救われるためだ」,七十訳。
または,「彼その任じ」。
「祭司(複)[の人]」,マソ本; 七十訳,シリ訳,古ラ訳,ウル訳,「祭司」(単)。