内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 12:1‐33

12  ところで,レハベアム+シェケムた。全イスラエルようて,シェケム+からある。  そして,ネバトヤラベアム+そのこと聞くと,彼なおエジプトが(ヤラベアムソロモンゆえに逃げ去っからある。それエジプト住むためあっ+),  人やって,彼呼び寄せた。その後,ヤラベアムイスラエル会衆て,レハベアム話し言いだし+  「あなたわたしたちくびき厳しくされましが,あなた今,父上厳しい奉仕と,[父上]がわたしたち負わ重いくびき+軽くください+。そうすれば,わたしたちあなた仕えます+」。  そこでその人々言った,「三去って,わたしところ戻っなさい+」。それ去っ行った。  それレハベアムは,そのソロモン生きとき[ソロモン]に仕え年長たち相談言いだし+,「あなた方このどう返答たらよい思う+」。  それゆえ,彼は[王]に話しこう言った。「もし,今日,あなたこのなり,実際彼ら仕えるでしたら+,あなた彼ら答えて,良い言葉もっ彼ら話さなけれなりませ+。そうすれば,彼らきっといつまであなたなるでしょ+」。  ところが,彼年長たち進言助言捨てて,彼成長+,彼仕えるあっ若者たち相談はじめ+  そう言った,「あなた方は,『あなた父上わたしたち負わくびき軽くください+』と,わたし話しこの我々返答できるよう,何進言するつもり+」。 10  すると,彼成長若者たち話し言った,「『あなた父上わたしたちくびき重くされましが,あなたそれわたしたちから軽くください』と言っあなたこのに,このよう言えよいでしょ+。あなた彼らこのよう話せよいでしょう。『わたし小指必ずより太くなる+ 11  それ,わたしあなた方重いくびき負わが,わたしあなた方くびき増やすあろ+。わたしあなた方むち打ち懲らしが,わたしあなた方とげむち*打ち懲らすあろ+』と」。 12  それから,ヤラベアムすべては,王が,「三わたしところ戻っなさい」と言っ通りに,三レハベアムところ+ 13  ときに,王厳しく答え+,彼進言年長たち助言捨てるようなっ+ 14  次で,若者たち助言したがってさらに彼ら話し言っ+,「わたしあなた方くびき重くが,わたしあなた方くびき増やすあろう。わたしあなた方むち打ち懲らしが,わたしあなた方とげむち打ち懲らすあろ+」。 15  こう民[の言うこと]を聴き入れなかっ+。それは,エホバシロアヒヤ+通しネバトヤラベアム話さご自分言葉本当果たすため+,エホバ求めよって,事態変転生じからある+ 16  全イスラエル彼ら[の言うこと]を聴き入れなかっ見ると,民返答こう言った。「我々ダビデどんな分け前持っいるだろ+。また,エッサイ相続ない。イスラエルよ,あなた神々もとに[帰れ*+]。ダビデ+よ,今,自分注意せよ!」 こうて,イスラエル自分たち天幕帰っ行った。 17  ユダ都市住んいるイスラエルついいえば,レハベアム引き続き彼ら治め+ 18  後に,レハベアムは,強制労働徴用たちつかさどっ+アドラム+遣わしが,全イスラエル石撃ち+,彼死んだ。それで,レハベアムは,やっとこと兵車乗り込み,エルサレム逃げた。 19  こうて,イスラエルダビデ反抗+,今日至っいる+ 20  そして,全イスラエルヤラベアム戻っこと聞くや,すぐやって,彼集まっ人々*ところ呼び寄せ,彼イスラエル+。ユダ部族以外は,だれダビデ従うならなかっ+ 21  レハベアムエルサレム+,直ちにユダ全家ベニヤミン部族,すなわち戦い行なえる強健*精鋭十八万召集+,王権ソロモンレハベアム戻すため,イスラエル戦おた。 22  すると,[まことの]*言葉が[まことの]+シェマヤ+臨ん言った, 23  「ソロモンあるユダレハベアム,ユダベニヤミン全家,およびその他言いなさい, 24  『エホバこのようた。「あなた方上っ行って,イスラエルあるあなた方兄弟たち戦っならない+。各々自分帰れ。このもたらさは,わたし求めよるからある+」』」。それ彼らエホバ言葉従い+,エホバ言葉したがって帰っ行っ+ 25  それから,ヤラベアムエフライムシェケム+建てて,そこ住んだ。次に,彼そこからて,ペヌエル+建てた。 26  そして,ヤラベアムそのこう言いだし+。「今や王国ダビデ戻るだろ+ 27  もしこのエルサレム+エホバ犠牲ささげるため引き続き上っ行くなら,このきっと彼ら*,ユダレハベアム戻るだろう。そして彼ら必ずわたし殺して,ユダレハベアムもと戻るだろ+」。 28  それゆえ,王相談+,二つ子牛造り+,民*言った,「あなた方エルサレム上る大変だ。イスラエルよ,ここに,あなたエジプトから連れ上っ+,あなた*おられる+」。 29  それ一つベテル+据え,もう一つダン+置いた。 30  そして,このなり+,民ダンに,その一つまで行くようなった。 31  また,彼高き所+造り,レビない一般から祭司たち任じるようなっ+ 32  さらにヤラベアムユダなわいる祭りよう+,祭り月,その十五設けた。それは,ベテル造っ祭壇捧げ物供え,彼造っ子牛犠牲ささげるためあった。また,彼造っ高き所祭司たちベテル+勤め就かた。 33  そして月,すなわち自分*考え出しその十五+,ベテル造っ祭壇捧げ物供えはじめた。それから,イスラエルため祭り設け,犠牲立ち上らせるため,祭壇捧げ物供え+

脚注

「とげむち」。このヘブライまた,申 8:15場合ように「さそり」を意味する。
「あなた神々もとに[帰れ]」。字義,「あなた天幕に」。ヘ語,レオーハーレイカー。ソフェリムよる18修正箇所一つ。元ヘブライ本文エローヒーム(ʼelo·him',「神々」; または「神」)が用いられされおり,ユダヤソフェリムこの言葉23子音字,lh入れ替えて,マソ本を「天幕」と読むようた。サム二 20:1,「帰れ」の脚注; 二 10:16脚注; 付録2ロ参照。
「集まっ人々」。ギ語,シュナゴーゲーン。
「戦い行なえる強健な」。字義,「戦い行なっいる」。
「[まことの]」。ヘ語,ハーエローヒーム; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「エホバ」。
「彼ら」。ヘ語,アドーネーヘム。アードーン複数で,卓越表わす。
「民に」,七十訳,古ラ訳; シリ訳,「全イスラエルに」; マソ本,ウル訳,「彼らに」。
字義,「あなた神々」。ヘ語,エローヘイカー。「連れ上った」という複数動詞伴っいる。出 32:1,4,「神」の脚注比較。
「自分で」。マソ本欄外,「そので」。