内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 11:1‐43

11  ときに,ソロモンは,ファラオ+多く異国たち+,すなわちモアブ+,アンモン+,エドム+,シドン+,[および]ヒッタイト+愛した。  この[女]たちは,エホバかつてイスラエルに,「あなた方彼ら入っなら+,彼らあなた方入っならない。確か彼らあなた方傾けさせて,彼ら神々従わせるあろ+」と言わその国々あった。ソロモン彼女たち固く付い+,[これを]愛しある。  それで,彼七百妻,すなわち王妃たちと,三百そばめ持った。そのたちしだい+傾けさせた。  そして,ソロモン年老い+,そのたち傾けさせ+,ほか神々従わせ+で,そのダビデように,そのエホバ全く一致なかっ+  そして,ソロモンシドン女神*アシュトレテ+と,アンモン嫌悪べきものミルコム+従っ行くようなった。  また,ソロモンエホバ悪いこと行ないはじめ+,そのダビデようエホバ全く従わなかっ+  ソロモンエルサレム+ある+モアブ嫌悪べき+ものケモシュ+ため,またアンモン嫌悪べきものモレクため高き所+築きだしは,そのころあった。  そして,自分たち神々ため犠牲立ち上らせ,犠牲ささげ+,その異国すべてたち+ためも,彼そのようた。  それで,エホバソロモン対しいきり立た+。彼が,イスラエルエホバ,二現われくださっ+から傾いそれからある+ 10  そして,この関し,ほか神々従っ行っならない命じおら+,彼エホバ命じられこと守らなかった。 11  そこでエホバソロモン言わた,「このことあなた起こり,あなたわたし命じ課しわたし契約法令守らなかっで,わたし必ず王国あなたから裂き取り,それ必ずあなた与える+ 12  といえ,あなたダビデため+,あなた時代そうない+。あなたから,わたしそれ裂き取る+ 13  ただし,わたし裂き取る王国全部ない+。わたしダビデため,またわたし選んエルサレムため+,一つ部族を,わたしあなた与えるあろ+」。 14  そこで,エホバソロモン反抗する*+,すなわち子孫エドムハダド起こすようなっ+。彼エドム+た。 15  そして,ダビデエドム討ち倒し*+,軍ヨアブ打ち殺さ葬ろ上っとき,エドム男子みな討ち倒そある+ 16  (ヨアブイスラエルそことどまっか月で,ついにエドム男子みな断ち滅ぼした。) 17  ときに,ハダドは,そのエドム逃げ去って,エジプト行こた。そのとき,ハダド幼い*少年あった。 18  それ彼ら立っミディアン+出,パラン行き,パラン+から人々引き連れて,エジプトへ,エジプトファラオところ行った。すると,[ファラオ]は与えた。また,パンあてい,土地与えた。 19  そして,ハダドファラオ引き続き大いに恵み+,[ファラオ]は自分妹,すなわち婦人タフペネス与え+ 20  やがて,タフペネスゲヌバト産み,タフペネスそのファラオただ中乳離れ+。ゲヌバト引き続きファラオで,ファラオただ中た。 21  ときに,ハダドは,ダビデその父祖横たわっこと+,またヨアブ死んこと+を,エジプト聞いた。それハダドは,「わたし去ら+,わたし土地行かください」とファラオ言った。 22  しかしファラオ言った,「あなたわたして,何なく困っいるいうで,自分土地行こするか」。これ対し言った,「何ありません。ただ,どうしてわたし去ら頂きたいです」。 23  それからは[ソロモン]に対しもう反抗+,すなわちエルヤダレゾン起こさた。彼その*,ツォバ+ハダドエゼル+もとから逃げ去っあった。 24  そしては,ダビデ彼ら*殺しとき+,人々自分集めて,略奪なった。そこで,彼らダマスカス+行って,そこ住むようなり,ダマスカス治めはじめた。 25  こうて,彼ソロモン時代ずっ+イスラエル反抗するなり,それハダドもたらし危害加えことあった。彼シリア治め間,イスラエル憎悪+ 26  また,ツェレダ出身エフライムネバトで,ソロモン+,ヤラベアム+た。そのツェルアいい,やもめあった。彼対しその上げるようなっ+ 27  そして,これ対しその上げ理由ある。ソロモンは,*築い+。彼その父“ダビデ都市+”の破れ目ふさいだ。 28  ところで,ヤラベアムいう勇敢で,力あるあっ+。ソロモンこの若者勤勉働き者見る+,彼ヨセフ+すべて強制奉仕+監督+* 29  そして,丁度そのころ,ヤラベアムエルサレムから行くと,シロ+預言アヒヤ+見つけある。[アヒヤ]*新しい包んた。彼ら自分たちだけた。 30  そこでアヒヤ着け新しいつかみ,それ十二切れ+引き裂い+ 31  次いヤラベアム言った, 「自分ため切れ取りなさい。イスラエルエホバこのよう言わからです。『見よ,わたしソロモンから王国引き裂くことよう。わたし必ず部族あなた与える+ 32  ただし,一つ部族+は,わたしダビデため+,またわたしイスラエルすべて部族から選ん都市,エルサレムため+,引き続きものなる。 33  というのは,彼らわたし捨て+,シドン女神*アシュトレテ+や,モアブ*ケモシュ+や,アンモンミルコム+かがめるようなり,彼ダビデように,わたし正しいことと,わたし法令司法定め行なって,わたし歩まなかっからある。 34  しかし,わたしから王国全部取らない。わたしその一生間,長*おくからある。それは,わたし選んわたしダビデためあり+,彼わたしおきて法令守っからある。 35  それでも,わたしそのから王権必ず取り,それを,十部族も,あなた与える+ 36  そして,彼一つ部族与える。それわたしそこ置くため,わたしため選ん都市+,エルサレムで,わたしダビデわたしいつも一つともしび保つためある+ 37  また,あなたわたし選ぶあり,あなた自分渇望するものみな確か治め+,必ずイスラエルなるあろう。 38  そして,もし,わたしあなた命じるすべてこと従い,わたしダビデ行なっよう+,わたし法令おきて守って,確かわたし歩み,わたし正しいこと実際行なうなら,わたしまた必ずあなたおり+,わたしダビデため建てように,永続するあなた建て+,イスラエルあなた与えよう。 39  そして,わたしこのためダビデ子孫辱める+。ただし,いつまでない+』」。 40  ときに,ソロモンヤラベアム殺そするようなっ+。それヤラベアム立って,エジプトへ,エジプトシシャク+もと逃げ去っ行き+,ソロモン死ぬまでエジプトた。 41  ソロモンその他事績,彼行なっすべてこと,および知恵は,ソロモン事績記さいるないか。 42  そして,ソロモンエルサレムイスラエル治め期間四十あっ+ 43  それからソロモンその父祖たち横たわり+,彼父“ダビデ都市”に葬ら+。そのレハベアム+代わっ治めはじめた。

脚注

「の女神」。ヘ語,エローヘー。エローアハ複数で,卓越表わす。男性が,ここ女神用いられいる。
反抗する」。ヘ語,サーターン; ギ語,サタン; シ語,サーターナー; ウル訳,「敵対者」。
「ダビデエドム討ち倒し」,七十訳,シリ訳一致わずか修正することよる; マソ本,「ダビデエドムおり」。
字義,「小さな」。
「その」。ヘ語,アドーナーウ。アードーン複数で,卓越表わす。
「彼ら」,マソ本; ヘブライ子音一つ訂正することより,「シリア」。
」。ヘ語,ハンミッロー9:15脚注参照。
「彼を……監督」。ヘ語,ワイヤフケード オートー。
「アヒヤ」,七十訳,シリ訳; マソ本,ウル訳,「彼」。
5脚注参照。
「の神」。ヘ語,エローヘー。エローアハ複数で,異教用いられいる。裁 16:23脚注比較。
または,「ナーシー」。