アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

列王第一 10:1-29

10  さて,シェバ+の女王はエホバのみ名に関連してソロモンのうわさを聞いていた+。それで彼女は難問で*彼を試そうとしてやって来た+  ついに彼女は非常に見事な随行員+と,バルサム油+や非常に多くの金および宝石を運ぶらくだ+を伴って,エルサレムに到着した。彼女はソロモンのところに来て,その心に掛かっていたすべてのことを彼に話しだした+  一方,ソロモンは彼女にそのすべての事柄を語り続けた+。王に隠されていて,彼女に語らなかった事柄はひとつもなかった+  シェバの女王はソロモンのすべての知恵+と,彼の建てた家+と,  その食卓の食物*+,その僕たちの座っている様,給仕人たちの食卓での奉仕*,彼らの衣装,[王]の飲み物+,[王]がエホバの家でいつもささげるその焼燔の犠牲を見るに及んで,彼女の内にはもはや霊がなかった+  それで彼女は王に言った,「私が自分の土地であなたの事柄とあなたの知恵とについてお聞きした言葉は真実でした+  それに,私は来て,この目が見るまでは,その言葉を信じませんでした。ご覧ください,私はその半分も告げられていませんでした+。あなたは知恵と繁栄の点で,私のお聴きした,聞かされたことをしのいでおられます+  何と幸いなのでしょう。あなたの部下たち*+。何と幸い+なのでしょう。いつもあなたの前に立って,あなたの知恵を聴いている,これらあなたの僕たちは+  あなたのエホバがほめたたえられますように+。[]はあなたをイスラエルの王座に就かせて+,あなたのことを喜ばれました+。エホバは定めのない時までもイスラエルを愛しておられますので+,司法上の裁き+と義+を行なうよう,あなたを王として任じられたのです+」。 10  それから,彼女は金百二十タラント+と,非常に沢山のバルサム油+と宝石を王に贈った+。シェバの女王がソロモンに贈ったほどの大量のバルサム油に匹敵するものは,もはや二度と入って来なかった。 11  それに,オフィル+から金を載せて来たヒラムの船団+もまた,非常に大量のアルグム*の材木+と宝石+を運んで来た。 12  そこで,王はこのアルグムの材木でエホバの家+と王の家のための支えを,また歌うたいたちのためにたて琴+と弦楽器+を造った。今日に至るまで,このようなアルグムの材木は入って来たこともなく,見たこともなかった。 13  そしてソロモンは,ソロモンの気前の良さ+にしたがって与えたもののほかに,シェバの女王が求めたその喜ぶものすべてを彼女に贈った。その後,彼女は身を巡らし,自分の土地へ,その僕たちと一緒に帰って行った+ 14  ときに,一年間にソロモンのところに入って来た金+の重さは,金六百六十六タラント*にもなった+ 15  このほかに,旅をする者たちから[のもの],貿易商,アラブ+のすべての王たち+,およびその地の総督たちから得た収益があった。 16  そしてソロモンはさらに,合金にした金で大盾+二百(各々の大盾には金六百[シェケル*]を着せた+), 17  また,合金にした金で丸盾三百を造った。(各々の丸盾には*金三ミナ*を着せた+。)それから,王はそれらを“レバノンの森の家+”に置いた。 18  さらに,王は大きな象牙+の王座+を造り,精錬された金をこれにかぶせた+ 19  その王座には六つの段があり,王座にはその後ろに丸い天蓋があり,座る場所のそばのこちら側と向こう側にはひじ掛けがあり,そのひじ掛けの傍らには二頭のライオン+が立っていた+ 20  また,六つの段の上には,そこに十二頭のライオンがこちら側と向こう側に立っていた。このようなものが造られた王国はほかになかった+ 21  そして,ソロモンが飲むのに用いた器はみな金であり,“レバノンの森の家+”の器もみな純金+であった。銀のものは何もなかった。[銀]はソロモンの時代には,全く取るに足りないものとみなされていた。 22  王は海に,ヒラムの船団と共に,タルシシュ+の船団を持っていたからである。三年に一度,タルシシュの船団が金+,銀,象牙+,それにさるや,くじゃくを載せて来るのであった。 23  それで,ソロモンは富+と知恵+とにおいて,地のほかのどんな王よりも偉大であった。 24  そして,地のすべての人々*は,*が彼の心に授けられた知恵を聞こうとして,ソロモンの顔を求めるのであった+ 25  そして,彼らは各々贈り物+を,すなわち銀+の品,金の品,衣,武具+,バルサム油,馬やらば+などを毎年の決まった事として持って来るのであった+ 26  そして,ソロモンは兵車と乗用馬*をさらに集めた。彼は兵車千四百台と乗用馬一万二千頭を持ち+,それらを兵車の都市と,エルサレムの王のすぐそばに配置させておいた+ 27  また,王はエルサレムで銀を石のようにし+,杉材をシェフェラ*に沢山あるエジプトいちじくの木のようにした+ 28  そして,ソロモンが持っていた馬の輸出はエジプトからなされており,王の商人の一団が代価を払って馬の群れを得るのであった+ 29  また,いつもエジプトから兵車が上って来ては,銀六百枚で,馬は百五十枚で輸出された。ヒッタイト+のすべての王たち,およびシリアの王たちのためにもそのようになされるのであった。彼らを通して*,それら[王]たちは輸出を行なった。

脚注

または,「なぞで」。
または,「食卓の料理」。
「食卓での奉仕」。字義,「立っていること」。
「部下たち」,マソ本,ウル訳; 七十訳,シリ訳,古ラ訳,「妻たち」。
ヘ語,アルムッギーム。代二 2:8,「アルグム」の脚注と比較。
金1トロイオンス350(米)㌦として約2億5,664万3,000㌦に相当。
「六百シェケル」,ウル訳; マソ本,「六百」; シリ訳,「六百ミナ」。付録8イ参照。
丸盾には」。ヘ語,アル・ハンマーゲーン10章16節で言及されているツィンナー(「大盾」)よりは小さい盾。
付録8イ参照。
字義,「そして,全地」。しかし,「求める」という意味の分詞の複数形を伴っている。七十訳,シリ訳,「そして,地のすべての王」。
「神」,マソ本(ヘ語,エローヒーム),ウル訳; 七十訳,「エホバ」。
または,「騎手」。
または,「低地」。
「彼らを通して」,マソ本; 七十訳,「海路で」。