内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 10:1‐29

10  さて,シェバ+女王エホバみ名関連ソロモンうわさ聞い+。それ彼女難問*試そやっ+  ついに彼女非常見事随行+と,バルサム+非常多くおよび宝石運ぶらくだ+伴って,エルサレム到着た。彼女ソロモンところて,その掛かっすべてこと話しだし+  一方,ソロモン彼女そのすべて事柄語り続け+。王隠さて,彼女語らなかっ事柄ひとつなかっ+  シェバ女王ソロモンすべて知恵+と,彼建て+と,  その食卓食物*+,そのたち座っいる様,給仕たち食卓奉仕*,彼ら衣装,[王]の飲み物+,[王]がエホバいつもささげるその焼燔犠牲見る及んで,彼女もはやなかっ+  それ彼女言った,「私自分土地あなた事柄あなた知恵ついお聞き言葉真実でし+  それに,私て,この見るまでは,その言葉信じませでした。ご覧ください,私その半分告げられませでし+。あなた知恵繁栄で,私お聴きた,聞かさことしのいおらます+  何幸いでしょう。あなた部下たち*+。何幸い+でしょう。いつもあなた立って,あなた知恵聴いいる,これらあなたたち+  あなたエホバほめたたえられますよう+。[]はあなたイスラエル王座就か+,あなたこと喜ばまし+。エホバ定めないまでイスラエル愛しおらます+,司法裁き++行なうよう,あなた任じられです+」。 10  それから,彼女百二十タラント+と,非常沢山バルサム+宝石贈っ+。シェバ女王ソロモン贈っほど大量バルサム匹敵するものは,もはや入っなかった。 11  それに,オフィル+から載せヒラム船団+また,非常大量アルグム*材木+宝石+運んた。 12  そこで,王このアルグム材木エホバ+ため支えを,また歌うたいたちためたて琴+弦楽器+造った。今日至るまで,このようアルグム材木入っことなく,見ことなかった。 13  そしてソロモンは,ソロモン気前良さ+したがって与えものほかに,シェバ女王求めその喜ぶものすべて彼女贈った。その後,彼女巡らし,自分土地へ,そのたち一緒帰っ行っ+ 14  ときに,一ソロモンところ入っ+重さは,金六百六十六タラント*なっ+ 15  このほかに,旅するたちから[のもの],貿易商,アラブ+すべてたち+,およびその総督たちから収益あった。 16  そしてソロモンさらに,合金大盾+二百(各々大盾六百[シェケル*]を着せ+), 17  また,合金丸盾三百造った。(各々丸盾*ミナ*着せ+。)それから,王それらを“レバノン+”に置いた。 18  さらに,王大きな象牙+王座+造り,精錬これかぶせ+ 19  その王座六つあり,王座その後ろ丸い天蓋あり,座る場所そばこちら向こうひじ掛けあり,そのひじ掛け傍らライオン+立っ+ 20  また,六つは,そこ十二ライオンこちら向こう立った。このようもの造ら王国ほかなかっ+ 21  そして,ソロモン飲む用いみなあり,“レバノン+”のみな純金+あった。銀ものなかった。[銀]はソロモン時代は,全く取る足りないものみなさた。 22  王に,ヒラム船団に,タルシシュ+船団持っからある。三一度,タルシシュ船団+,銀,象牙+,それさるや,くじゃく載せ来るあった。 23  それで,ソロモン+知恵+おいて,地ほかどんなより偉大あった。 24  そして,地すべて人々*は,*授けられ知恵聞こて,ソロモン求めるあっ+ 25  そして,彼ら各々贈り物+を,すなわち+品,金品,衣,武具+,バルサム油,馬らば+など毎年決まっ持っ来るあっ+ 26  そして,ソロモン兵車乗用*さらに集めた。彼兵車千四百乗用一万二千持ち+,それら兵車都市と,エルサレムすぐそば配置おい+ 27  また,王エルサレムよう+,杉材シェフェラ*沢山あるエジプトいちじくよう+ 28  そして,ソロモン持っ輸出エジプトからなさおり,王商人一団代価払っ群れ得るあっ+ 29  また,いつもエジプトから兵車上っは,銀六百で,馬百五十輸出た。ヒッタイト+すべてたち,およびシリアたちためそのようなされるあった。彼ら通し*,それら[王]たち輸出行なった。

脚注

または,「なぞで」。
または,「食卓料理」。
「食卓奉仕」。字義,「立っいること」。
「部下たち」,マソ本,ウル訳; 七十訳,シリ訳,古ラ訳,「妻たち」。
ヘ語,アルムッギーム。二 2:8,「アルグム」の脚注比較。
1トロイオンス350(米)㌦2億5,664万3,000相当。
「六百シェケル」,ウル訳; マソ本,「六百」; シリ訳,「六百ミナ」。付録8イ参照。
丸盾は」。ヘ語,アルハンマーゲーン16言及いるツィンナー(「大盾」)より小さい盾。
付録8イ参照。
字義,「そして,全地」。しかし,「求める」という意味分詞複数伴っいる。七十訳,シリ訳,「そして,地すべて王」。
「神」,マソ本(ヘ語,エローヒーム),ウル訳; 七十訳,「エホバ」。
または,「騎手」。
または,「低地」。
「彼ら通して」,マソ本; 七十訳,「海路で」。