内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

列王第一 1:1‐53

1  さて,ダビデ*年老い+,高齢達した。それで,いくら覆っも,暖まらなかった。  そこで,僕たち言った,「王なるために,ひとり娘,処女+捜さましょう。その仕えるです+。[王の]侍女+なるためです。そのあなた+寝るです。そうすれば,王なるきっと暖まるでしょ+」。  こうて,彼ら*イスラエル領地至る所美しい捜し求め,ついにシュネム+アビシャグ+見つけて,王もと連れた。  そして,その極めて美しかっ+。彼女侍女なって,これ仕えが,王彼女交わり持たなかった。  そのずっと,ハギト+アドニヤ+自ら高め+,「わたし支配よう+!」と言った。こう自分ために,騎手たちと,自分走る五十伴う兵車造ら+  けれども,彼は,「どうしてお前このようことか」と言って,彼気持ち一度*傷つけことなかっ+。それに,彼また,姿非常良かっ+。[そのは]*アブサロム産んある。  ときに,彼ツェルヤヨアブ祭司アビヤタル+交渉持つようなっで,彼らアドニヤ追随助力するようなっ+  しかし祭司ザドク+エホヤダベナヤ*+預言ナタン+,それシムイ+レイ,およびダビデ属しあるたち+は,アドニヤ*かかわらなかっ+  ついに,アドニヤは,エンロゲル+傍らある,ゾヘレト*すぐそばで,羊肥え家畜犠牲を[ささげることを]行なっ+,王ある自分兄弟たちすべて+と,王たちあるユダすべて人々招いた。 10  けれども,預言ナタンや,ベナヤ,それあるたちや,彼兄弟ソロモン招かなかった。 11  さて,ナタン+ソロモン+バテシバ+言った,「ハギトアドニヤ+なっいうことお聞きなりませでしか。わたしたち*ダビデそのこと少しご存じないです。 12  それゆえ,さあ,どうか,あなた真剣助言させ頂きたい+。そして,あなた自身あなたソロモン逃れさせなさい+ 13  行って,ダビデところ入り,あなたこう言うように。『王なるよ,あなたこの奴隷誓って,「お前ソロモンわたし次いなり,彼わたし王座座るあろう」と言わませでし+。それは,どうしてアドニヤなっでしょか』。 14  ご覧なさい,あなたなおそこで話しいるうちに,わたしあなたから入っ行って,必ずあなた言葉確証ましょ+」。 15  こうて,バテシバ部屋+ところ行った。王非常年老い+,シュネムアビシャグ+仕えた。 16  そこでバテシバ低くかがめ平伏する+,すぐは,「何か[頼みたい]ことある+」と言った。 17  そこで彼女言った,「我+,あなたあなたエホバかけこの奴隷に,『お前ソロモンわたし次いなり,彼わたし王座座るあろう』と誓わまし+ 18  ところ今,ご覧ください,アドニヤ+なりました。それなのに,今,王なるそのこと少しご存じないです+ 19  それで,彼雄牛肥え家畜おびしく犠牲ささげ,王すべてたち+と,祭司アビヤタル+と,軍ヨアブ+招きましが,あなたソロモン招きませでし+ 20  ですから,王なる主,あなたに ― 王なる次いだれその王座座ることなる告げ頂きたい+と,全イスラエル+が,あなたそそがおります。 21  それに,王なるその父祖たち横たわられる+すぐ,このも,私ソロモンきっと違反なることでしょう」。 22  すると,見よ,彼女なお話しいるうちに,預言ナタン入っ+ 23  すぐ人々告げて,「ご覧ください,預言ナタンです!」と言った。その後,彼入り,地伏せ平伏+ 24  それからナタン言った,「王なるよ,『アドニヤわたし次いなり,彼わたし王座座るあろう』と,あなた言わまし+ 25  と申しますは,彼今日,雄牛肥え家畜おびしく犠牲ささげ+,王すべてご子息たちと,軍たちと,祭司アビヤタル+招こと,下っ行っからです。そこで彼らは[アドニヤ]の食べたり飲んだりて,『アドニヤ生き長らえますよう+!』と言っおります。 26  しかし,あなたあるわたしは,わたし祭司ザドク+エホヤダベナヤ+,それあなたソロモン招きませでし+ 27  もし,この起こっは,王なるからことでしたら,あなたは,王なる次いだれその王座座るこの知らせくださいませでし+」。 28  そこでダビデ答え言った,「お前たちは,わたしためバテシバ+呼びなさい」。すると,彼女入って,王立った。 29  次い誓っ+言った,「わたし+すべて苦難+から請け戻しくださっ+エホバ生きおられる+ 30  わたしイスラエルエホバかけお前誓って,『お前ソロモンわたし次いなり,彼わたし代わりわたし王座座るあろう!』と言っ通り,今日,わたしそのようよう+」。 31  そこでバテシバ伏せ低くかがめ,王平伏+言った,「我主,ダビデ定めないまで生き長らえますよう+!」 32  直ちにダビデ言った,「あなた方は,わたしため祭司ザドク+預言ナタン,それエホヤダベナヤ+呼びなさい」。それで,彼ら入った。 33  次い彼ら言った,「あなた方*たち+連れ行き,我ソロモンわたしものあるらば乗せ+,彼連れギホン+下るように。 34  そして,祭司ザドク預言ナタンは,そこでそそい+イスラエルするように。あなた方角笛吹き鳴らし+,『ソロモン生き長らえますよう+!』と言いなさい。 35  それから,あなた方従っ上っなさい。彼入って,わたし王座座るだ。彼わたし代わりなり,わたし任命イスラエルユダ指導ならせるだ」。 36  エホヤダベナヤすぐ答え言った,「アーメン+*なるエホバも,そのよう言わます*よう+ 37  エホバなるおらましよう+,ソロモンおら+,その王座を,我主,ダビデ王座より大いなるものされますよう+」。 38  それから,祭司ザドク+預言ナタン+エホヤダベナヤ+,それケレト+ペレト+下っ行き,ソロモンダビデらば乗せ+,彼ギホン+連れ行った。 39  そこで,祭司ザドク天幕+から取っ+,ソロモンそそい+。そして,彼ら角笛吹き鳴らすと,民みな一斉に,「ソロモン生き長らえますよう+!」と言った。 40  その後,民みな従っ上って,民フルート吹きながら+,大いなる喜び抱い歓ん+,地+その物音裂けた。 41  ときに,アドニヤと,彼招かたち皆,食べ終え+,これ聞いた。ヨアブ角笛聞くと,すぐ言った,「大騒ぎ+いる物音どういうことだ」。 42  彼なお話しいるうちに,何と,祭司アビヤタルヨナタン+やった。そこでアドニヤ言った,「入りなさい。あなた勇敢で,良い知らせもたらすだろから+」。 43  ところが,ヨナタンアドニヤ答え言った,「そうありません! わたしたち*,ダビデソロモンまし+ 44  それで,王祭司ザドク預言ナタンエホヤダベナヤ,それケレトペレト遣わし,彼らは[ソロモン]をらば乗せまし+ 45  それから,祭司ザドク預言ナタンギホンそそいまし+。その後,彼らそこから歓びながら上っで,町大騒ぎいるです。それあなた方聞い物音だっです+ 46  しかも,その上,ソロモン王権座りまし+ 47  それに,もうひとつことですが,王たち入って,わたしたち主,ダビデ幸せ祈り,『あなた*ソロモンあなたより輝かしいものし,その王座あなた王座より大いなるものされますよう+!』と言いました。すると寝床かがめまし+ 48  それまた,王このよう言わました。『今日,わたし王座座る与えて,わたしそれさせくださっ+,イスラエルエホバほめたたえられますよう+!』」 49  そこで,アドニヤ招かたち皆,おののい立ち上がり,各々去っ行きはじめ+ 50  そして,アドニヤソロモンため恐れた。それ立ち上がり,去っ行って,祭壇つかん+ 51  そのうちに,こういう報告ソロモンもたらさた。「ご覧なさい,アドニヤソロモン恐れます。ご覧なさい,祭壇つかんで,『ソロモンまず最初に,この殺さない誓っくださるように』と言っます」。 52  それて,ソロモン言った,「もし勇敢なるなら,彼ただ+落ちることない。しかし,もし悪いことうち見いだされるなら+,彼やはり死ななけれならない+」。 53  そこで,ソロモンやり,それら祭壇から降ろした。それから,彼入って,ソロモンかがめた。その後,ソロモンに,「自分行きなさい+」と言った。

脚注

「さて……は」。ヘ語,ウェハンメレク,単数形。
2の「僕たち」でなく,捜すため遣わさたち指しいる。
「一度も」。または,「その生涯中」。字義,「その日々(年々)以来」。
字義,「彼女は」。
「と……ベナヤ」。ヘ語,ウーヴェナーヤーフー
「アドニヤ」。ヘ語,アドーニーヤーフー。
「ゾヘレト石」。または,「滑る石」。
「わたしたち」。ヘ語,ワアドーネーヌー。アードーン複数で,卓越表わす。創 39:2脚注参照。
11脚注参照。
または,「そうなりますように!」 ヘ語,アーメーン。
「言わます」,マソ本,ウル訳; シリ訳および二つヘブライ写本,「行なわます」。
11脚注参照。
「あなた神」,マソ本; マソ本欄外,七十訳,ウル訳,「神」; シリ訳,「あなたエホバ」。