内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

出エジプト記 39:1-43

39  また,青糸と赤紫に染めた羊毛とえんじむし緋色の物+で,彼らは,聖なる場所+での奉仕のための編み物細工の衣*+を作った。こうして彼らはアロンのための聖なる衣+を作って,エホバがモーセに命じたとおりにした。  そこで彼は,金,青糸,赤紫に染めた羊毛,えんじむし緋色の物,上等のより亜麻でエフォド+を作った。  それで彼らは金の平板を打ち伸ばして薄板にし,彼は[それを]切って縫い糸とした。刺しゅう師の仕事として,青糸,赤紫に染めた羊毛,えんじむし緋色の物,上等のより亜麻の中に縫い込むためであった+  彼らはそれのために,互いに合わさる肩ひもを作った。それはその二つの先端で合わさった。  また腰帯,すなわち[エフォド]の上にあってそれをしっかり結ぶものも,それの作り方に倣い,同じ素材で,つまり金,青糸,また赤紫に染めた羊毛とえんじむし緋色の物と上等のより亜麻でつくられ+,エホバがモーセに命じたとおりになった。  次いで彼らは,金のはめ込み台にはめ込まれたしまめのう+を作った。それには印章の彫り込みをもってイスラエルの子らの名のとおりの彫り込みがなされていた+  それで彼はイスラエルの子らのための記念+の石としてそれらをエフォドの肩ひもの上に置き,エホバがモーセに命じたとおりにした。  次いで彼は刺しゅう師の技法によって胸掛け+を作った。エフォドと同様の作り方で,金,青糸,赤紫に染めた羊毛,えんじむし緋色の物,上等のより亜麻でつくられた+  それは二つにたたむと真四角になった。彼らはその胸掛けを,二つにたたむとその長さが一手尺,その幅も一手尺となるように作った+ 10  次いで彼らはそれに四列の石を詰めた。ルビー,トパーズ,エメラルドの列が第一列+ 11  そして第二列+は,トルコ玉,サファイア+,碧玉+ 12  また第三列+は,レシェム石*,めのう*,紫水晶。 13  そして第四列+は,貴かんらん石*と,しまめのう+,ひすいであった。これらは金のはめ込み台をもってその詰め物の中にはめ込まれた。 14  そして,これらの石はイスラエルの子らの名に対応した。それらは彼らの名に対応して十二個であり,印章の彫り込みが施され,十二の部族のためそれぞれがその名に対応した+ 15  それから彼らは,その胸掛けの上に,より合わせた鎖を縄の作り方によって純金で造った+ 16  次いで,金のはめ込み台二つと金の輪二つを造り,その二つの輪を胸掛けの二つの突端に付けた+ 17  その後,二本の金の縄を胸掛けの突端に付けた二つの輪に通した+ 18  そして,二本の縄の二つの端を二つのはめ込み台に通した。次いでそれらを,エフォドの肩ひもの上,その前面に付けた+ 19  次に,金の輪二つを造り,それを胸掛けの二つの突端,内側のエフォドのほうの側のへりにはめた+ 20  次いで金の輪二つを造り,エフォドの二つの肩ひもに下のほうから,その前面,合わせ目の近く,エフォドの腰帯より上のところにそれを付けた+ 21  最後に,胸掛けをそれの輪によってエフォドの輪に青ひもで縛り,それがエフォドの腰帯より上にとどまり,胸掛けがエフォドの上からずれないようにして,エホバがモーセに命じたとおりにした+ 22  次いで彼はエフォドのそでなしの上着+を作った。機織り人の製作で,すべて青糸であった。 23  そして,そでなしの上着の開き口はその真ん中にあり,小札かたびらの開き口のようであった。その開き口には,それが裂けることのないように,周囲に縁飾りがしてあった+ 24  次いで彼らは,そでなしの上着のすそべりに,青糸,赤紫に染めた羊毛,えんじむし緋色の物をより合わせたざくろを作った+ 25  さらに,純金の鈴を造り,その鈴をざくろ+の間に配してそでなしの上着のすそべりにぐるりと付けた。ざくろの間にである。 26  鈴とざくろ,鈴とざくろがそでなしの上着のすそべりにぐるりと付いた+。奉仕の用のためであり,エホバがモーセに命じたとおりになった。 27  次に彼らは上等の亜麻で長い衣を作った+。機織り人の製作で,アロンとその子らのためであった。 28  また,上等の亜麻でターバン+を,上等の亜麻で飾りの頭包み+を,上等のより亜麻で亜麻の股引き+を[作り], 29  さらに,上等のより亜麻,青糸,赤紫に染めた羊毛,えんじむし緋色の物で飾り帯+を[作った]。織物師の仕事であり,エホバがモーセに命じたとおりになった。 30  最後に彼らは輝く平板,献納の聖なるしるし*を純金で造り,その上に,印章の彫り込みをもって,「神聖さはエホバのもの*」という銘の書き込みを行なった+ 31  次いで,青糸のひもをそれに付けて,それをターバンの上,上方に付くようにし+,エホバがモーセに命じたとおりにした。 32  こうして,会見の天幕の幕屋のための仕事*はすべて完了した。イスラエルの子らはすべてエホバがモーセに命じたとおりにしていった+。彼らはまさにそのとおりに行なった。 33  それから彼らはその幕屋+をモーセのところに携えて来た。すなわち,天幕+とそのすべての器具+,留め金+,区切り枠+,横木+と柱と受け台+ 34  赤く染めた雄羊の皮の覆い+と,あざらしの皮の覆い+と,仕切りの垂れ幕+ 35  証の箱+とそのさお+と覆い*+ 36  食卓+,そのすべての器具+と供えのパン* 37  純金の燭台+,そのともしび皿,すなわち一列のともしび皿+,そのすべての器具+と明かりの油+ 38  金の祭壇+とそそぎ油+と薫香+,および天幕の入口のための仕切り幕+ 39  銅の祭壇+とそれに付属する銅の格子+,そのさお+とすべての器具+,水盤+とその台+ 40  中庭の掛け布+,その柱+と受け台+,および中庭の門のための仕切り幕+,その天幕綱+と天幕用留め杭+,および幕屋での奉仕のため,すなわち会見の天幕のためのすべての器具+ 41  聖なる所での奉仕のための編み物細工の衣+,祭司アロンのための聖なる衣+と,祭司の務めを行なうためのその子らの衣+である。 42  すべてエホバがモーセに命じた事柄にしたがい,イスラエルの子らはそのとおりにすべての奉仕を行なった+ 43  そしてモーセがすべての仕事を見ると,見よ,彼らはそれをエホバの命じたとおりに行なったのであった。そのとおりに彼らは行なったのである。そのためモーセは彼らを祝福した+

脚注

「編み物細工衣」。または,「公服衣」。
「レシェム石」,マソ本; ウル訳,「リギュール」。
「めのう」,ウル訳; ヘ語,シェヴォー。宝石種。
「貴かんらん石」,ウル訳; ヘ語,タルシーシュ。
「献納なるしるし(聖なる冠; 神聖冠)」。ヘ語,ネーゼルハッコーデシュ。
神聖エホバもの」。ヘ語,コーデシュ イフワー
または,「奉仕」。
「覆い」。または,「憐れみ座」。ウル訳,「なだめ」。25:17脚注参照。
「供えパン」。または,「み前パン」。ウル訳,「供え物パン」。25:30脚注参照。