内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

出エジプト記 38:1‐31

38  さらに焼燔捧げ物祭壇アカシア造った。その長さキュビト,そのキュビトで,真四角あり,その高さキュビトあっ+  次で,その+その四隅造った。そのそれからた。次に,それかぶせ+  その,祭壇すべて器具,すなわちシャベル鉢,肉刺し火取り造った。そのすべて器具造っ+  さらに,祭ために,格子つまり細工を,そのへりより下,下方,その中央ほう造っ+  次で,銅格子近く,四つ突端に,さお支え四つ鋳造た。  その,アカシアさお造り,それかぶせ+  次で,そのさお祭壇両側差し込み,それで[祭壇]を運ぶよう+。それ厚板空洞大箱造っ+  次水盤*+そのため造っが,それは,会見天幕入口組織奉仕携わっ婦人たち*+*用いて[造らた]。  それから中庭+造った。ネゲブすなわち向かうために,中庭掛け布上等より亜麻つくられ,百キュビトあっ+ 10  そのそのため二十受け台あった。柱付ける掛けかぎその継ぎ手*あっ+ 11  また,北ためキュビトあった。その二十そのため二十受け台あった。柱付ける掛けかぎその継ぎ手あっ+ 12  しかし,西ために,その掛け布五十キュビトあった。その本,そのため受け台あっ+。柱付ける掛けかぎその継ぎ手あった。 13  そして,日方向東側ため五十キュビトあっ+ 14  そのけ布は,一方そで*十五キュビトあった。その本,そのため受け台三つあっ+ 15  そして,中他方そでは,こちら向こう同じで,その掛け布十五キュビトあった。その本,その受け台三つあっ+ 16  中周囲掛け布すべて上等より亜麻できた。 17  そして,柱受け台銅,柱付ける掛けかぎその継ぎ手銀,またそのかぶせるもので,中庭すべてためつなぎあっ+ 18  また,中仕切り幕織物仕事で,青糸,赤紫染め羊毛,えんじむし緋色物,上等より亜麻できおり+,二十キュビトその長さで,高さいっぱいわたっ中庭掛け布等しくキュビトあっ+ 19  また,そのそのため四つ受け台あった。それ付ける掛けかぎ銀,そのかぶせるものその継ぎ手あった。 20  そして,幕および周囲中庭ため天幕留め杭すべてあっ+ 21  幕すなわち+幕屋関し数量調べられもの以下とおりある。それは,モーセ命令より,祭司アロンイタマル+指導に,レビ+奉仕数量調べられある。 22  そして,ユダフルあるウリベザレル+は,エホバモーセ命じすべて事柄行なった。 23  そして,彼は,ダンアヒサマクオホリアブ+で,青糸,赤紫染め羊毛,えんじむし緋色物,上等亜麻など扱う職人,刺しゅう師,また織物あった。 24  聖なる場所すべて仕事おいその仕事ため用いられ*総量振揺捧げ物同じあり+,聖なる場所+シェケル+二十九タラント七百三十シェケルあった。 25  また,集登録たちからは,聖なる場所シェケルタラント一千七百七十五シェケルあった。 26  一人*当たりシェケル*なる場所シェケルシェケル半分あり,二十歳およびそれより登録人々移るすべて課さ+。それ全部六十万三千五百五十あっ+ 27  そして,百タラントなる場所受け台垂れ幕受け台鋳造当てられた。百受け台タラントなり,一つ受け台つきタラントあっ+ 28  そしてあと千七百七十五シェケル*付ける掛けかぎ造り,そのかぶせ,またそれらつなぎ留めた。 29  また,振捧げ物七十タラント二千四百シェケルあった。 30  そしてこれもって,会見天幕入口受け台,銅祭壇,それ付属する格子,また祭壇すべて器具, 31  周中庭受け台,中庭受け台,幕屋すべて天幕留め杭,および周囲中庭すべて天幕留め杭+造った。

脚注

または,「洗盤」。
字義,「入口[で]奉仕奉仕する婦人たち」。ここ用いられいる二つヘブライ動詞ツァーヴァーいう同じ語根持っおり,これら婦人たちなって,軍役よう組織奉仕従事こと示唆いる。
姿映すようよく磨か金属鏡。
「継ぎ手」。または,「環; 輪; 帯; 条片」,取り付けるためもの。
「そで」。字義,「肩」。
1トロイオンス350(米)㌦て,幕屋ため使用だけ1,126万9,000相当あろう。一 29:7,「タラント」の脚注比較。
字義,「頭蓋骨」。人頭ため数えられ頭。
「半シェケル」。字義,「[1]ベカ」,銀。七十訳,「1ドラクマ」。
「シェケル」,七十訳。