内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

出エジプト記 37:1-29

37  ベザレル+は次に,アカシアの木で+を造った。その長さは二キュビト半,その幅は一キュビト半,その高さは一キュビト半であった+  次いでそれに,内側にも外側にも純金をかぶせ,またそれのため周囲に金の縁飾りを造った+  その後,それのため,その四つの足の上方のために金の輪四つを鋳造し,二つの輪をその一方の側,二つの輪を他方の側に付けた+  次にアカシアの木でさおを造り,それに金をかぶせた+  次いで,そのさおをの両側の輪に通して,そのを運ぶためのものとした+  次いで彼は純金の覆い*+を造った。その長さは二キュビト半,その幅は一キュビト半であった+  さらに,金のケルブ二つを造った。打ち物細工でそれを覆いの両端に造った+  一方のケルブをそちらの端,他方のケルブをこちらの端にした。覆いの上,その両方の端にケルブを造った+  そして,それらは二つの翼を上方に広げて,覆いの上方をその翼で仕切るケルブとなり+,その顔は互いのほうに向かっていた。ケルブの顔は覆いのほうに向いていた+ 10  それから彼はアカシアの木で食卓を造った+。その長さは二キュビト,その幅は一キュビト,その高さは一キュビト半であった+ 11  次いでそれに純金をかぶせ,それのため周囲に金の縁飾りを造った+ 12  次に,それのため周囲に一手幅のへりを造り,そのへりのため周囲に金の縁飾りを造った+ 13  さらに,それのために金の輪四つを鋳造し,その輪を四つの足のための四つの隅に付けた+ 14  その輪はへりの近くにあり,食卓を運ぶためのさおの支えとなった+ 15  次いで,アカシアの木でさおを造り,それに金をかぶせて食卓を運ぶためのものとした+ 16  その後,食卓の上に置く器具,すなわちその皿と杯および[献酒を]注ぐ*ための鉢と水差しとを純金で造った+ 17  次いで彼は純金の燭台+を造った。打ち物細工でその燭台を造った。そのわきと枝,そのがく,その節と花がそれから生じていた+ 18  そして,六つの枝がその両側から出ていた。すなわち燭台の三つの枝は一方の側から,燭台の三つの枝は他方の側から出ていた+ 19  アーモンドの花の形をした三つのがくが一方の組の枝にあって,節と花とが交互になり,アーモンドの花の形をした三つのがくがもう一方の組の枝にもあって,節と花とが交互になっていた。燭台から出る六つの枝はこのようになっていた+ 20  そして,燭台にはアーモンドの花の形をした四つのがくがあって,その節と花とが交互になっていた+ 21  また,二つの枝の下の節がそれから出,別の二つの枝の下の節がそれから出,あと二つの枝の下の節がそれから出ていた。六つの枝がその燭台から出ていたのである+ 22  その節と枝とがそれから生じていた。そのすべては一つの打ち物細工で,純金であった+ 23  次いでその七つのともしび皿,および心切りばさみと火取り皿を純金で造った+ 24  一タラントの純金で,それとそのすべての器具とを造った。 25  彼は次に,アカシアの木で香+の祭壇を造った+。その長さは一キュビト*,その幅は一キュビトで,真四角であり,その高さは二キュビトであった。その角がそれから出ていた+ 26  次いでそれに,すなわちその上面と周囲の側面と角に純金をかぶせ,またそれのため周囲に金の縁飾りを造った+ 27  また,それのため,その縁飾りの下方,その二つの側面,二つの向き合う側に,それを運ぶさおの支えとして金の輪二つを造った+ 28  その後アカシアの木でさおを造り,それに金をかぶせた+ 29  加えて,聖なるそそぎ油+と純良の薫香+を作った。塗り油を作る者の仕事であった。

脚注

「覆い」。または,「憐れみ座; なだめ」,七十訳,ウル訳(ラ語,プロピティアートーリウム); ヘ語,カッポーレト。25:17脚注参照。
字義,「およびそれもっそれ注がれる」。
44.5㌢。