内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

出エジプト記 36:1‐38

36  「それベザレル仕事行なうように。そしてオホリアブ+および賢いすべて者,すなわちエホバこれら関し知恵+理解+与えて,すべてエホバ命じとおりなる奉仕すべて仕事行なうその仕方知るようされたちです+」。  それからモーセは,ベザレルオホリアブ,またエホバその知恵置か賢いすべて呼ん+。すべて促さその仕事近づき,それ行なおするたちあっ+  次い彼らは,モーセから,聖なる奉仕仕事ため,それ行なうようイスラエル携えすべて寄進受け取っ+。一方人々は,自発捧げ物なおもごともと携え来るあった。  それで,あらゆるなる仕事行なっすべて賢いたちが,一またその仕事離れやって,  モーセこう言うようなった。「民は,エホバ行なうよう命じ仕事ため奉仕必要よりはるか多く携えます」。  それモーセ宿営じゅう発表伝えるよう命じこう言った。「男も,聖なる寄進ためものもう出さなくよい」。これよっそれ携え来ることとどめられた。  それでも,その資材なすべきすべて仕事ため十分もの,いや十分以上ものあった。  そして,その仕事携わる人々うち賢いすべて+幕屋+を,すなわち天幕を,上等より亜麻,青糸,赤紫染め羊毛,えんじむし緋色造っいった。刺しゅう仕事あるケルブ付け*それ造った。  各天幕長さ二十八キュビト,各天幕キュビトあった。すべて天幕寸法同一あった。 10  次い天幕それぞれつなぎ合わせ+,他天幕それぞれつなぎ合わせた。 11  その後,終わりつなぎ目ある天幕青糸造った。他方つなぎ目ある一番外側天幕同じよう+ 12  一方天幕五十造り,他方つなぎ目ある天幕末端五十造り,環互い向き合うよう+ 13  最後に,金留め金五十造り,その留め金天幕互いつなぎ,それ一つ幕屋なるよう+ 14  さらに幕屋天幕やぎ天幕造った。十一天幕造っ+ 15  各天幕長さ三十キュビト,各天幕キュビトあった。十一天幕寸法同一あっ+ 16  次い天幕だけ一緒つなぎ合わせ,また天幕て[つなぎ合わせ+]。 17  次に,つなぎ目ある一番外側天幕五十造り,それつなぎ合わさる他方天幕五十造っ+ 18  その後,天幕つなぎ合わせ一つするため留め金五十造っ+ 19  それからは,その天幕ために,赤く染め雄羊覆い造り,さらにあざらし+覆いそのに[造っ+]。 20  次いは,幕屋ために,まっすぐ立つ区切りアカシア+造った。 21  十キュビト区切り長さあり,一キュビトそれぞれ区切りあっ+ 22  それぞれ区切り二つほぞあって,互い合わさった。幕屋すべて区切りそのよう+ 23  こう幕屋ため区切り造り,ネゲブすなわち向かうため二十区切りを[造っ+]。 24  また,その二十区切り置くため受け台四十造った。二つほぞある一つ区切り二つ受け台,二つほぞある一つ区切り二つ受け台ある+ 25  そして,幕屋他方側,北側ためも,二十区切り+と, 26  そのため受け台四十造り,一つ区切り二つ受け台,他一つ区切り二つ受け台+ 27  また,西*側,すなわち幕屋後ろ部分ため六つ区切り造っ+ 28  そして,幕屋隅柱て,後ろ部分二つ区切り造っ+ 29  そして,それら底部おいなし,合わせると,第あるそれぞれところまで対称なった。それら二つ,その隅柱そのよう+ 30  それで,合わせ八つ区切り枠,その受け台十六なり,二つ受け台また二つ受け台が[並んで],それぞれ区切り置か+ 31  さらにアカシア横木造った。幕屋一方区切りため+ 32  幕屋他方区切りため横木,そして西側,幕屋後ろ部分あるほう区切りため横木ある+ 33  そして,真ん中横木を,区切り真ん中ところ一方から他方渡るよう造っ+ 34  そして,区切りかぶせ,それら付く横木支え造り,さらに横木かぶせ+ 35  それからは,青糸,赤紫染め羊毛,えんじむし緋色物,上等より亜麻垂れ幕+造った。刺しゅう仕事よっそれケルブ+付けた。 36  次いで,そのためアカシア造り,それかぶせた。それら付ける掛けかぎあり,またそのため受け台四つ鋳造+ 37  さらに,天幕入口ために,青糸,赤紫染め羊毛,えんじむし緋色物,上等より亜麻仕切り幕造った。織物仕事ある+ 38  またそのそれら付ける掛けかぎを[造った]。そして,それら継ぎ手かぶせが,その五つ受け台あっ+

脚注

「彼」。ベザレル指しいるもの思われる。
字義,「海」,すなわち,地中海。