内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

出エジプト記 33:1‐23

33  そしてエホバモーセさらにこうた。「さあ,ここから上っ行きなさい。あなたも,あなたエジプトから導き上っ+,わたしアブラハム,イサク,ヤコブ誓っ*,『あなた与える』と言っその土地+  そしてわたしあなた立っ使い送り+,カナン人,アモリ人,ヒッタイトペリジ人,ヒビエブス追い立てる+  乳流れると[向かいなさい*+]。わたしあなたうちあっ上っ行くことないあろう。あなたうなじこわい+からあり,わたし途中あなた滅ぼし絶やすことないためある+」。  このしい言葉聞いて,民嘆き悲しむようなっ+。そして,だれひとり飾り着けなかった。  するとエホバさらにモーセた,「イスラエルこう言いなさい。『あなた方うなじこわいある+。わたし一瞬+あなたただ中上り行き,あなたまさに滅ぼし絶やすことできるあろう。それ今,あなた飾りから外しなさい。わたしは,自分あなた行なうことなる知りたいからある+』」。  こうイスラエルは,ホレブ+とき以後飾りから取り去るようなった。  モーセほうは,自*天幕移して,それ宿営外,宿営から遠く離れ張るようなった。彼それ会見天幕呼んだ。そして,エホバ問い尋ねる+皆,宿営あっその会見天幕行くあった。  また,モーセその行くと,民みな立ち上がり+,それぞれ自分天幕入口立って,モーセ天幕入るまでその後ろ見つめた。  さらにまた,モーセ入ると,雲+下っその天幕入口とどまり,[]はモーセ話されるあっ+ 10  そして皆,雲+その天幕入口とどまっいるた。民みな立ち上がり,それぞれ自分天幕入口かがめ+ 11  そしてエホバは,人その仲間話しかけるように,顔向かい合わ+モーセ話さた。彼宿営戻るは,その奉仕+ある,ヌンヨシュア+が,従者*その天幕から去らなかった。 12  さて,モーセエホバた,「ご覧ください,あなたは,『この導き上れ』とわたし言っおらますが,ご自分は,だれわたし遣わしくださる知らせくださっません。それでもあなたは,『わたし確かあなたもっ知り+,あなたわたし恵みた』と言っくださいました。 13  ですから,どうか,もしわたしあなた恵みいるでしたら+,あなたどうかわたし分からください+。わたしあなた知り,こうあなた恵み得るためです。そして,この国民あなたあることご考慮ください*+」。 14  すると,こうた。「このわたし自身*行き*+,必ずあなた休みさせる*+」。 15  これ言った,「あなたご自身*行っくださるなければ,わたしたちここから導き上ることなどなさらないください。 16  そして,わたしが,そうですわたしあなたあなた恵みいるいうことよっ分かるでしょか。それただ,あなたわたしたち行っくださることよるないでしょ+。わたしあなたは,地いるすべて異なるものされいるですから+」。 17  エホバさらにモーセた,「あなた話しこのことまたわたし行なうあろ+。あなたわたし恵み得,わたしあなたもっ知っからある」。 18  それ言った,「どうか,あなた栄光+させください」。 19  しかしこうた。「わたしは,わたしすべて善良あなた通るよう+,あなたエホバ宣明する*+。わたしは,自分恵む*恵み,自分憐れむ憐れみ示す+」。 20  また,加こう言わた。「あなたわたし見ることできない。人*わたしなお生きいることできないからある+」。 21  そしてエホバさらにた,「さあ,わたしところひとつ場所ある。あなたその立つように。 22  そして,わたし通り行く際,わたしあなた置き,わたし通り過ぎるまで,わたし手のひら仕切りあなた当てなけれならない。 23  そのわたし自分手のひらのけ,あなたまさにわたし後ろ*見るあろう。しかし,わたし見ることできない+」。

脚注

または,「誓いもっ約束て」。
「地と[向かいなさい]」,マソ本; 七十訳,「地わたしあなた導き入れよう」。
「自分の」,七十訳,シリ訳; マソ本,ウル訳,「その」。
または,「若者」。
「そして……をご考慮ください」,マソ本,シリ訳; 七十訳,「また……をわたし知るためです」。
「このわたし自身」。字義,「わたし」,マソ本(ヘ語,パーナイ),ウル訳。
「わたし自身あなた行き」,七十訳; シリ訳,「わたし歩きなさい」。
この重文を,「このわたし自身行き,必ずあなた休みさせるあろか」という疑問読むたちいる。
字義,「あなた顔」,マソ本; 七十訳,ウル訳,「あなた自ら」。
または,「宣べ伝える」。字義,「呼びかける」。
「者」,七十訳,ウル訳。または,「者たち」。
または,「」。ヘ語,ハーアーダーム
または,「後部」。