内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

出エジプト記 32:1‐35

32  ところほうは,モーセから下り来る長くかかっいる+。それアロン周り集合て,こう言った。「立って,わたしたち行く*作っください+。わたしたちエジプトから導き上っあるこのモーセつい+,彼どうなっ全く分からないからです」。  するとアロン彼ら言った,「あなた方妻,息子ある耳輪+外し取って,わたしところ持っなさい」。  それみなそのあっ耳輪外し取って,それ次々アロンところ持った。  そこで人々から[その金]*受け取り,それ彫り道具形造っ+子牛鋳物仕上げ+。すると彼ら*言いだした,「イスラエルよ,これあなたエジプトから導き上っあなた*+」。  アロンこれて,その祭壇築きはじめた。最後アロン呼ばわっ言った,「明日,エホバ祭りある」。  それ日,人々早くから起き,焼燔捧げ物ささげ,また共与犠牲供えはじめた。そののち下ろし食べたり飲んだりし,また立ち上がっ打ち興じ+  そのエホバモーセ言わた,「さあ,下っ行きなさい。あなたエジプトから導き上っあなた滅びなること行なっからある+  彼ら早くも,わたし命じからそれ+。自分たちため子牛鋳物作り,それかがめ,犠牲ささげは,『イスラエルよ,これあなたエジプトから導き上っあなた*だ』と言っいる+」。  エホバなおもモーセ言わた,「わたしこのが,見よ,これうなじこわいある+ 10  ゆえに今,わたしなすままし,わたし怒り彼ら対し燃え,わたし彼ら滅ぼし絶やすまかせよ+。そして,あなた大いなる国民なさせよ+」。 11  それモーセ自分エホバ和めよう+こう言った。「エホバよ,なぜあなた怒り+は,大いなる強いみ手もっエジプトから携え出さご自分対し燃えなけれならないでしょか。 12  どうしてエジプト+が,『あれ悪意もっ彼ら連れ出し,山殺しから滅ぼし絶やそだ』など言っよいでしょ+。燃えるみ怒りから離れ+,あなた臨む災い思い返し+くださいますように。 13  あなたアブラハム,イサク,イスラエル思い出しください。あなたご自身かけ彼ら誓わ+,『わたしあなた方*殖やしよう+,わたし指定このすべて土地あなた方+与え,定めない至るまで彼ら確かそれ所有するようする』と言わです+」。 14  するとエホバご自分下す言わ災いつい悔やまれるようなっ+ 15  そのモーセ翻し,書き板+下っ+。それは,その両面書き記し書き板あった。こちら向こう書き記しあった。 16  そして,その書き板作らもの,その書かもので,その書き板刻み込ま+ 17  そのヨシュア*は,叫びまわるざわめき聞き,モーセ向かっこう言った。「宿営戦闘ざわめき+あります」。 18  しかし言った, 「力あるつい歌う+ない。敗北つい歌うない。わたし聞こえくるほか歌声だ」。 19  そして宿営近づいて,子牛+踊り見るや,モーセ怒り燃え立ち,彼直ちに書き板自分から投げ,それふもとみじん砕い+ 20  そして彼ら作っ子牛取り,それ焼き,粉々なるまで砕き+,次いまき散らし+,それイスラエル飲ませ+ 21  そのモーセアロン言った,「このあなたいうで,あなたこれ大きなもたらしたりですか」。 22  それ対しアロン言った,「我怒り燃え立つことないようください。あなた自身このよく知っいるはずです。彼らよこしま傾向あること+ 23  それ彼らわたし言いました,『わたしたち行く*作っほしい+。わたしたちエジプトから導き上っあるこのモーセついは,彼どうなっ全く分からないから』。 24  そこでわたし彼ら言いました,『だれ持ついるか。そのたちそれ自分から外し取って,わたし渡すように』。そうわたしそれ投げ入れると,この子牛です」。 25  そしてモーセは,民気まま振る舞っいるた。それは,アロン彼ら気まま振る舞わ+,敵対するたちあっ恥辱なること行なわからあっ+ 26  そこでモーセ宿営ところ立って,こう言った。「エホバいるだれ*。わたしもと+!」 すると,レビみなもと集まった。 27  そこで彼ら言った,「これイスラエルエホバ言わことです。『あなた方各々帯びよ。宿営通り,門から戻って,各々自分兄弟を,各々自分仲間を,各々自分近しい殺せ+』」。 28  それレビ+モーセ言っとおりはじめた。そのため,そのうちおよそ三千*倒れた。 29  モーセ続い言った,「エホバため今日あなた方満たしなさい*+。あなた方それぞれ自分兄弟さえ立ち向かっからです+。こうて[]が今日あなた方祝福授けくださるようするです+」。 30  次いその翌日こと,モーセ向かっこう言った。「あなた方は,大きなおかしまし+。今わたしエホバもと上っ行きます。あなた方ため償いすることできるしれませ+」。 31  それモーセエホバもと戻って,こう言った。「ああ,この大きなおかしました。自分たちため*作っです+ 32  です今,もし彼ら容赦くださるでしたら+ ― しかし,もしそうないでしたら,どうかわたしを,あなたお書きなっ+からぬぐ去っください+」。 33  しかしエホバモーセ言わた,「だれわたしおかし者,そのわたし自分からぬぐい去る+ 34  それ今,さあ,わたしあなた導い行きなさい。見よ,わたし使いあなた先立っ行く+。そしてわたし処罰下すべき彼ら対し必ず処罰下す+」。 35  そしてエホバは,子牛作っことゆえに災厄下しゆかた。アロンそれ作っある+

脚注

「神」。ヘ語,エローヒーム,(複)。卓越表わす複数あろう; 七十訳,ウル訳,「神々」; 使徒 7:40でも複数なっいるが,七十訳から引用ため思われる。4,「神」の脚注; 31脚注参照。
かっこあるもの理解おり,同じの「それ」と対応いる。
「彼ら」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「彼」。
字義,「これらが……あなた神々」。ヘ語,エーッレ エローヘイカー。しかし,ネヘ 9:18この部分を,「これが……あなた」(ヘ語,ゼ エローヘイカー)という意味説明いる。そのヘブライ代名詞それ伴う動詞単数あるが,エローヒーム卓越表わす複数なっいる。詩 106:19‐21比較。
4,「神」の脚注参照。
または,「子孫; 後裔」。
17:9脚注参照。
「神」。ヘ語,エローヒーム; ギ語,テウース,「神々」; ラ語,デオース,「神々」。1脚注参照。
または,「エホバ支持するだれか; エホバ属するだれか」。
「三千」,マソ本,七十訳,シリ訳; ウル訳,「二万三千」。
または,「今日あなた方自身権能付与なさい」。
「神」。ヘ語,エローヘー。卓越表わす複数で,一つ黄金子牛指しいる; 七十訳,ウル訳,「神々」。