アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

出エジプト記 32:1-35

32  ところで民のほうは,モーセが山から下りて来るのに長くかかっているのを見た+。それで民はアロンの周りに集合して,こう言った。「立って,わたしたちの前を行く神*を作ってください+。わたしたちをエジプトの地から導き上った人であるこのモーセについては+,彼がどうなったのか全く分からないからです」。  するとアロンは彼らに言った,「あなた方の妻,息子や娘の耳にある金の耳輪+を外し取って,わたしのところに持って来なさい」。  それで民はみなその耳にあった金の耳輪を外し取って,それを次々にアロンのところに持って来た。  そこで彼は人々の手から[その金]*を受け取り,それを彫り道具で形造って+子牛の鋳物の像に仕上げた+。すると彼ら*は言いだした,「イスラエルよ,これがあなたをエジプトの地から導き上ったあなたの*+」。  アロンはこれを見て,その前に祭壇を築きはじめた。最後にアロンは呼ばわって言った,「明日,エホバへの祭りがある」。  それで次の日,人々は早くから起き,焼燔の捧げ物をささげ,また共与の犠牲を供えはじめた。そののち民は腰を下ろして食べたり飲んだりし,また立ち上がって打ち興じた+  その時エホバはモーセに言われた,「さあ,下って行きなさい。あなたがエジプトの地から導き上ったあなたの民は滅びとなることを行なったからである+  彼らは早くも,わたしが命じた道からそれた+。自分たちのために子牛の鋳物の像を作り,それに身をかがめ,犠牲をささげては,『イスラエルよ,これがあなたをエジプトの地から導き上ったあなたの*だ』と言っている+」。  エホバはなおもモーセに言われた,「わたしはこの民を見たが,見よ,これはうなじのこわい民である+ 10  ゆえに今,わたしのなすままにし,わたしの怒りが彼らに対して燃え,わたしが彼らを滅ぼし絶やすにまかせよ+。そして,あなたを大いなる国民となさせよ+」。 11  それでモーセは自分のエホバの顔を和めようとして+こう言った。「エホバよ,なぜあなたの怒り+は,大いなる力と強いみ手とをもってエジプトの地から携え出されたご自分の民に対して燃えなければならないのでしょうか。 12  どうしてエジプト人+が,『あれは悪意をもって彼らを連れ出し,山の中で殺して地の表から滅ぼし絶やそうとしたのだ』などと言ってよいでしょうか+。燃えるみ怒りから離れ+,あなたの民に臨む災いを思い返して+くださいますように。 13  あなたの僕アブラハム,イサク,イスラエルを思い出してください。あなたはご自身にかけて彼らに誓われ+,『わたしはあなた方の胤*を殖やして天の星のようにし+,わたしが指定したこのすべての土地をあなた方の胤+に与え,定めのない時に至るまで彼らが確かにそれを所有するようにする』と言われたのです+」。 14  するとエホバはご自分の民に下すと言われた災いについて悔やまれるようになった+ 15  その後モーセは身を翻し,の書き板二枚+を手にして山を下った+。それは,その両面に書き記した書き板であった。こちら側にも向こう側にも書き記してあった。 16  そして,その書き板はの作られたもの,その書はの書かれたもので,その書き板の上に刻み込まれていた+ 17  その後ヨシュア*は,叫びまわる民のざわめきを聞き,モーセに向かってこう言った。「宿営には戦闘のざわめき+があります」。 18  しかし彼は言った, 「力ある業について歌う声+ではない。 敗北について歌う声でもない。 わたしに聞こえてくるのはほかの歌声だ」。 19  そして宿営に近づいて,子牛+と踊りとを見るや,モーセの怒りは燃え立ち,彼は直ちに書き板を自分の手から投げ,それを山のふもとでみじんに砕いた+ 20  そして彼らの作った子牛を取り,それを火で焼き,粉々になるまで砕き+,次いで水の表にまき散らして+,それをイスラエルの子らに飲ませた+ 21  その後モーセはアロンに言った,「この民があなたに何をしたというので,あなたはこれに大きな罪をもたらしたりしたのですか」。 22  それに対してアロンは言った,「我が主の怒りが燃え立つことのないようにしてください。あなた自身この民をよく知っているはずです。彼らによこしまな傾向のあることを+ 23  それで彼らはわたしに言いました,『わたしたちの前を行く神*を作ってほしい+。わたしたちをエジプトの地から導き上った人であるこのモーセについては,彼がどうなったのか全く分からないから』。 24  そこでわたしは彼らに言いました,『だれか金を持つ者がいるか。その者たちはそれを自分の身から外し取って,わたしに渡すように』。そうしてわたしがそれを火の中に投げ入れると,この子牛が出て来たのです」。 25  そしてモーセは,民が気ままに振る舞っているのを見た。それは,アロンが彼らを気ままに振る舞わせ+,敵対する者たちの中にあって恥辱となることを行なわせたからであった+ 26  そこでモーセは宿営の門のところに立って,こう言った。「エホバの側にいる者はだれか*。わたしのもとへ+!」 すると,レビの子らがみな彼のもとに集まって来た。 27  そこで彼らに言った,「これはイスラエルのエホバが言われたことです。『あなた方は各々剣を帯びよ。宿営の中を通り,門から門に戻って,各々自分の兄弟を,各々自分の仲間を,各々自分の近しい者を殺せ+』」。 28  それでレビの子ら+はモーセの言ったとおりにしはじめた。そのため,その日に民のうちおよそ三千*人が倒れた。 29  モーセは続いて言った,「エホバのため今日あなた方の手に力を満たしなさい*+。あなた方はそれぞれ自分の子や兄弟にさえ立ち向かったからです+。こうして[]が今日あなた方に祝福を授けてくださるようにするのです+」。 30  次いでその翌日のこと,モーセは民に向かってこう言った。「あなた方は,大きな罪をおかしました+。今わたしはエホバのもとに上って行きます。あなた方の罪のための償いをすることができるかもしれません+」。 31  それでモーセはエホバのもとに戻って,こう言った。「ああ,この民は大きな罪をおかしました。自分たちのために金の神*を作ったのです+ 32  ですが今,もし彼らの罪を容赦してくださるのでしたら+―しかし,もしそうでないのでしたら,どうかわたしを,あなたのお書きになった書+の中からぬぐい去ってください+」。 33  しかしエホバはモーセに言われた,「だれでもわたしに罪をおかした者,その者をわたしは自分の書の中からぬぐい去る+ 34  それで今,さあ,わたしがあなたに話した所に民を導いて行きなさい。見よ,わたしの使いはあなたに先立って行く+。そしてわたしは処罰を下すべき日に彼らの罪に対して必ず処罰を下す+」。 35  そしてエホバは,子牛を作ったことのゆえに民に災厄を下してゆかれた。アロンがそれを作ったのである+

脚注

「神」。ヘ語,エローヒーム,(複)。卓越を表わす複数形であろう; 七十訳,ウル訳,「神々」; 使徒 7:40でも複数形になっているが,七十訳から引用したためと思われる。32章4節,「神」の脚注; 32章31節の脚注参照。
角かっこ内の語があるものと理解されており,同じ節の「それ」と対応している。
「彼ら」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「彼」。
字義,「これらが……あなたの神々」。ヘ語,エーッレ エローヘイカー。しかし,ネヘ 9:18はこの部分を,「これが……あなたの」(ヘ語,ゼ エローヘイカー)という意味に説明している。そのヘブライ語の代名詞とそれに伴う動詞は単数形であるが,エローヒームは卓越を表わす複数形になっている。詩 106:19‐21と比較。
32章4節,「神」の脚注参照。
または,「子孫; 後裔」。
17:9の脚注参照。
「神」。ヘ語,エローヒーム; ギ語,テウース,「神々」; ラ語,デオース,「神々」。32章1節の脚注参照。
または,「エホバを支持する者はだれか; エホバに属する者はだれか」。
「三千」,マソ本,七十訳,シリ訳; ウル訳,「二万三千」。
または,「今日あなた方自身に権能を付与しなさい」。
「神」。ヘ語,エローヘー。卓越を表わす複数形で,一つの黄金の子牛を指している; 七十訳,ウル訳,「神々」。